쥐포(チィポ:カワハギの干物)は韓国でイチオシのおつまみ!


쥐포

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国旅行などで、「なんかいいおつまみはないかなあ」とか「小腹が空いたときのおやつはないかなあ」という時ってありますよね。

そんな時に個人的にすごくお勧めしているものがあります。

それが、쥐포(チィポ)です。

쥐포(チィポ)は、露店やスーパーで時々、見かけることもあるかと思いますが、今回は、쥐포(チィポ)の魅力について、お伝えしていきます。

쥐포(チィポ)の魅力

쥐포(チィポ)の意味は、カワハギの干物です。

(쥐포は正式名称は、쥐치포というそうですが、一般的には쥐포と呼ばれています)

薄くて丸い形をしており、直径10cmほどの大きさです。

韓国では、お酒を飲む時のおつまみとしてはもちろん、映画館や、帰省する時の車の中でも、よく쥐포(チィポ)を食べます。

韓国の干物では、오징어(オジンオ:イカの干物)も有名ですし、私の娘は、オジンオが大好きなのですが、私は、完全に쥐포(チィポ)派ですね^^

쥐포(チィポ)の値段とその魅力

쥐포(チィポ)は、露店だと、場所によっても差はありますが、5枚で10,000ウォンぐらいで販売されています。

1枚に換算したら200円ぐらいですね。

私自身、韓国に来て初めて、쥐포(チィポ)を食べた時は、かなりビックリしました。

「こんなにおいしいおつまみがあったなんて、今まで何で気が付かなかったのだろう!」

と感動したことを今でも覚えています。

その歯ごたえ、その甘味、その風味、その弾力性

私の好みと完全にバッチリ合いました!

쥐포(チィポ)の食べ方

チィポ(쥐포)は、スーパーでも売っています。

私の近所のスーパーでは、1枚1,300ウォン(約130円)でした。

スーパーで買ったものを食べる場合は、フライパンで火を通す必要があります。

そのまま焼いても大丈夫ですし、マーガリンを入れても良いでしょう。

しっかり火を通した後は、ハサミで食べやすい形に切って食べます。

チィポ(쥐포)はお土産にもオススメ

チィポ(カワハギの干物)はにビタミンB1やカルシウムなどが含まれていて、栄養もあるそうです。

もちろん中には、チィポ(쥐포)は、しょっぱいと感じる人もいるので、好みは分かれるかもしれません。

でもハマる人はハマると思います

カワハギの干物は、韓国の庶民の代表的な食べ物ですし、肉類と違って、税関に引っかかることはないので、お土産して買っていくのもいいかもしれませんね。

>>韓国の持ち込み禁止食品にカレーのルーがあるのはなぜ?

個人的には、バナナウユやトンカンジャに続いて、ハマった食べ物なので、韓国旅行で機会があれば、是非、楽しんでみて下さい





次の記事: »

前の記事:«

2 Responses to “쥐포(チィポ:カワハギの干物)は韓国でイチオシのおつまみ!”

  1. Meg より:

    私もはまった一人です(^-^)
    今まで職場の男性のバラマキ土産は海苔にしていましたが、今度からこれにしようかなって思っています(引かれるかな・・)
    男性向けバラマキ土産で他にお勧めあったら教えて下さい。
    確かもっと高級なカワハギもあるんですよね?
    一度食べてみたいです。

    • ケン より:

      Megさん

      コメントありがとうございます。
      すみません、高級なカワハギというのは私もよく分からないのですが^^;
      バラマキ土産だとちょっと微妙かもしれませんが、まずはお酒が好きそうな人に上げてみると喜ばれるかもしれませんね^^
      バラマキ土産だと、あと、韓国の人気お菓子とかでしょうか。
      そういったお菓子をピックアップ出来れば、「これっ、韓国ですごく人気なんです。」って上げればいいのかなって思います。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ