韓国語 ホル

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国に住んでいると辞書には出てこないけれども、ついつい使ってしまう韓国語があります。

それが헐(ホル)という言葉です。

(日本語で”ホール”と読まれることもあります)

今回は、この헐(ホル)の意味や使い方、そして헉(ホク)との違いなどについて解説をしていきます。

헐(ホル)の意味

日本語では、「ホル」とか「ホール」と呼ばれたりしていますが、韓国語では、“헐”と言います。

ハングル カタカナ 意味
ホル は?、はぁ?、え?、まじかよ、はぁ、えぇ

“헐(ホル)”の日本語訳は、その時の状況によって、微妙に違って来る時もありますが、簡単に説明すると、驚いた時や呆れた時に使う感嘆詞です。

ちなみに、“헐(ホル)”は、俗語ということもありますし、目上の人や初対面の人に使うと、失礼になってしまうので、絶対使わないで下さいね^^;

でも、家族やちょっと気心の知れた友達に対しては、私もしょっちゅう使っています。

헐(ホル)の発音方法

헐(ホル)の発音は、以下のような感じになります。

驚きや呆れた感じのニュアンスが伝わってくるのは、分かりますでしょうか^^

また、驚きが強い時は、

という感じで発音しますし、呆れた度合いが強い時は、

という感じで、伸ばして発音します。

このように状況に応じて使い分けてみてください!

헐(ホル)の使い方

“헐(ホル)”の日本語訳は、「はあ?」とか「え?」となりますが、完全に一致するような日本語は、なかなかないので、実際の意味が伝わりづらいところがあります。

そこで、헐(ホル)の使い方をいくつかご紹介していくので、感覚を掴んでください。

韓国語 ホル

これは60계(ユクシプケ)というチキンのお店の広告なのですが、

ハングル 親: 치킨 사왔다~
赤ちゃん: 헐… 요즘 인기있는 60계 치킨이 아니네?
カタカナ 親: チキン サワッタ~
赤ちゃん: ホル。。。 ヨジュム インキインヌン 60ケ(ユクシプケ) チキニ アニネ?
日本語訳 親: チキン買って来たよ~
赤ちゃん: え。。。? 最近、人気のユクシプケチキンじゃないんだね?

というやり取りになっています。

かなりおませな赤ちゃんですが、この赤ちゃんの表情を見れば、“헐(ホル)”のニュアンスが何となく分かって頂けるかと思います。

また、我が家でも、헐(ホル)は、しょっちゅう使っています。

ハングル A: 오늘 숙제 없어?
B: 없어요.
A: 헐
カタカナ A: オヌル スッチェ オプソ?
B: オプソヨ。
A: ホル
日本語訳 A: 今日、宿題ないの?
B: ないよ。
A: はぁ?
ハングル A: 휴지 사왔어?
B: 미안해 잊어버렸어.
A: 헐
カタカナ A: ヒュジ サワッソ?
B: ミアネ イジョボリョッソ。
A: ホル
日本語訳 A: トイレットペーパー買って来た?
B: ごめん。忘れた。
A: まじかよ。
ハングル A: 여기에 있던 과자 어디 갔어?
B: 애들이 다 먹었어요.
A: 헐
カタカナ A: ヨギエ イットン カジャ オディ ガッソ?
B: エドゥリ タ モゴッソヨ。
A: ホル
日本語訳 A: ここにあったお菓子はどこに行ったの?
B: 子供達が全部食べたわよ。
A: え?

このように、ちょっと呆れた時や、驚いた時に使うニュアンスを感じ取っていただけると嬉しいです^^

また、ここで誤解のないように言っておくと、“헐(ホル)を日本語に訳そうしたら、「はぁ?」とかちょっとキツめの表現に聞こえてしまう時があります

でも、実際の헐(ホル)はもうちょっと柔らかい表現になります

だから、私もバンバン使っているんですけどね^^

헉(ホク)の意味と헐(ホル)との違い

“헐(ホル)”と似た表現として、“헉”があります。

ハングル カタカナ 意味
ホク え~?、はぁ?、まじかよ~?

“헉(ホク)”は、“헐(ホル)”と同じようなシーンで使える時もあります。

ただ、“헐(ホル)”に比べると、驚いたり、呆れたりする度合いが強いという点で違いがあります。

ハングル A: 두사람이 벌써 헤어졌대.
B: 헉, 진짜? 정말 사이가 좋았는데 믿을 수가 없어.
カタカナ A: トゥサラミ ポルソ ヘオジョッテ。
B: ホク、チンチャ? チョンマル サイガ チョアヌンデ ミドゥルスガ オプソ。
日本語訳 A: 二人は、もう別れたんだって。
B: えっ、本当に? 本当に仲が良かったのに信じられない。
ハングル 헉, 이 집이 그렇게 비싸다고?
カタカナ ホク、イ チビ クロッケ ピッサダゴ?
日本語訳 えっ、この家は、そんなに高いの?

このように衝撃的な事実を聞かれた時や、自分の想定をはるかに超えていたような時に、“헉(ホク)”をよく使います。

헐(ホル)や헉(ホク)をSNSで使う場合

헐(ホル)や헉(ホク)は、短い表現なので、SNSなどでは、そのまま書いて使うことも多いです。

ただ、もっと、略して使いたい場合は、

  • 헐(ホル):ㅎㄹ
  • 헉(ホク):ㅎㄱ

と表記することができます。

その他の略語などは、以下の記事で詳しく解説をしているので、チェックしてみてください。

まとめ

誰かと、会話をしていて、驚いたり、呆れたりした時、“헐(ホル)”という表現をよく使います。

また、驚きの度合いが強い時は、“헉(ホク)”を使ったりします。

ちなみに“헉(ホク)”は辞書に載っていますが、“헐(ホル)”は辞書には載っていません

使用頻度という観点から見たら、헐(ホル)の方が辞書に載った方がいいんじゃないんかと思うんですけどね^-^

多分、“헐(ホル)”は韓国語の教科書や学校でも絶対出てこない言葉だと思いますが、仲の良い友達同士なら、結構使える韓国語なので、機会があれば、是非、使ってみてください。

↓いつも応援して頂き、本当にありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

合わせて読みたい記事