こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

会話をしている時に「なるほど」と相槌を打ちたい時ってありませんか?

ちなみに、私は、「なるほど」と上手に相槌を打ってもらうと、調子に乗ってペラペラ喋ってしまうタイプです(笑)

そこで、今回は、「なるほど」の韓国語での言い方をシチュエーション別に解説をしていきます。

クロックナ(タメ口)

「なるほど」で一番よく使うのは、그렇구나(クロックナ)です。

これは、いわゆるタメ口なので、目下の人に対して使う時もありますが、親しい関係であれば、使っても問題ありません。

그렇구나. 그럴수도 있겠네.(クロックナ. クロスルド イッケンネ)
(なるほど。そうだとも言えるよね。)

「그럴수도 있겠네.(クロルスド イッケンネ)」は、日本語には、ちょっと訳しづらいのですが、「クロックナ」とセットで使うことが多いです。

クロックニョ(丁寧に言いたい時)

「なるほど」をもっと丁寧に言いたい時は、 그렇군요(クロックニョ)です。

親しい関係で、クロックニョを使うと、ちょっと堅苦しい感じがします

ただ、少し関係が遠い人や年上の人と話している時は、クロックニョが適切です。

그렇군요. 저는 거기까지 생각 못했습니다.(クロックナ チョヌン コギッカジ センガク モッテスムニダ)
なるほど。私はそこまで考えられませんでした。

ハギン(確かにねというニュアンス)

友達と話す時に、クロックナと同じぐらいよく使うのが、하긴(ハギン)です。

ハギンは「確かにね」というニュアンスで使います。

クロックナよりも、もう少し軽めのニュアンスがあるので、気軽に使いやすいです。

例えば、以下のような感じで使います。

하긴 그럴수도 있겠다. (ハギン クロルスド イッケッタ)
なるほど、そういうこともあり得る。

ちょっと、クールな雰囲気で話したい時は、「하긴(ハギン)」がオススメです^^

ただ、ハギンは、ちょっと鼻に掛かったような感じで発音してしまうと、生意気に聞こえるので、年上の人に対して使う場合はご注意下さい。

ネー(目上の人に同意する時)

今回、「なるほど」の韓国語表現をまとめるにあたって、敬語表現もいろいろ考えてみたのですが、日本語の「なるほど」自体も、目上の人に対して使うと、少し失礼になってしまいますよね

もし、社長とか偉い人と話をしていて、「なるほど」みたいな相槌を打ちたい時は、「네~(ネ~)」というのが無難です

実際、訳す時も、「なるほど」というよりは、「そうですね」という感じで訳すのが良いかもしれませんね。

네~ 역시 사장님은 대단하세요. (ネ~ ヨクシ サジャンニムン テダナセヨ)
なるほど(そうですね)~ やっぱり社長は、すごいです。

補足:クァヨンはほとんど使わない

「なるほど」を韓国語の辞書で出て来ると、과연(クァヨン)という表現を見る方も多いかと思います。

ただ、実際の会話では、「なるほど」という意味で、クァヨンは、ほとんど使いません

一説には、おじさん「なるほど」という時が使う言葉だという人もいますが、我が家では、そういった使い方はしません。

逆に、クァヨンは、「果たして」という感じで、否定する時によく使います

과연 그럴까? 나는 다른 사람이라고 생각해요.(クァヨン クロルカ? ナヌン タルン サラミラゴ センガッケヨ)
果たしてそうなのかな。僕は違う人だと思うよ。

また、韓国でドキュメンタリーを観ていると、「果たして、その結果・・・」という意味で、과연(クァヨン)という表現をよく見かけます。

まとめ

韓国語で「なるほど」と表現する場合、

  • 그렇구나(クロックナ):親しい人と話す時
  • 그렇군요(クロックニョ):丁寧に言いたい時
  • 하긴(ハギン):もっと気軽に使う時

という3つの表現を覚えておけば、問題ないかと思います。

あと、目上の人に対しては、日本語でも「なるほど」と言ったら、失礼になる場合がありますから、韓国語でも、「네~(ネ~)」と無難に相槌を打つのが良いでしょう。

相槌をうまく使うと、会話も弾みますから、是非、使ってみて下さいね!

相槌の表現としては、チンチャやチョンマルもよく使います。

>>韓国語のチンチャはチョンマルより圧倒的に使用頻度が高い理由

合わせて読みたい記事