韓国語ホル(헐)の意味~辞書にないけどバンバン使ってます!

スポンサードリンク

韓国に住んでいると辞書には出てこないけれども、ついつい使ってしまう韓国語があります。

それが헐(ホル)という言葉です。

(日本語で”ホール”と読まれることもあります)

今回は、この헐(ホル)の意味や、この言葉を使うシチュエーションについてお伝えしていきます!

헐(ホル)の意味

헐(ホル)とは、驚いた時や呆れた時に使う感情表現の言葉です。

日本語だと「は?」とか「はぁ?」とか「え?」とか「まじかよ」みたいな意味になります。

だから目上の人や初対面の人には絶対使わないで下さいね^^;

でも、家族やちょっと気心の知れた友達に対しては、私もしょっちゅう使っています。

スポンサード リンク

헐(ホル)の使用例

では、헐(ホル)はどんな時に使うのか、一例をご紹介いたしますと・・・

これは60계(ユクシプケ)というチキンのお店の広告なのですが、

お父さんかお母さん:”チキンを買って来たよ~”

赤ちゃん:ホル。。。 最近、人気のユクシプケチキンじゃないね?

というやり取りになっています。

かなりおませな赤ちゃんですが、この赤ちゃんの表情を見れば、헐(ホル)のニュアンスが何となく分かって頂けるかと思います。

こんな感じで、私も妻や子供達と話している時に헐(ホル)をしょっちゅう使っています。

——

私「ねえ、学校の宿題はないの?」

娘「ないよ~」

「헐(ホル)」

——

私「ねえ、あれ、買って来てくれた?」

妻「あっ、忘れちゃった~」

「헐(ホル)」

——

ここで誤解のないように言っておくと、헐(ホル)を日本語に訳そうしたら、「はぁ?」とかちょっとキツめの表現に聞こえてしまう時があります。

でも、実際の헐(ホル)はもうちょっと柔らかい表現になります。

だから、私もバンバン使っているんですけどね^^

あと、もっと驚いたり、呆れたりした時は헐(ホル)の代わりに헉(ホク)という言葉を使います。

ちなみに헉(ホク)は辞書に載っていますが、헐(ホル)は辞書には載っていません

使用頻度という観点から見たら、헐(ホル)の方が辞書に載った方がいいんじゃないんかと思うんですけどね^-^

多分、헐(ホル)は韓国語の教科書や学校でも絶対出てこない言葉だと思いますが、仲の良い友達同士なら、結構使える韓国語なので、ご参考にして下さい!


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

2 Responses to “韓国語ホル(헐)の意味~辞書にないけどバンバン使ってます!”

  1. たく より:

    헐はドラマでも出てきましたよ。
    韓国語学習参考書HANAでも取り上げられていたような。
    日本語だと「マジっ」というようなニュアンスに近いのかと。
    あと日本語の「ヤバッ」は대박ですよね。
    スラグも使い方ですね。
    最近、「シカト」するの語源を知り、日本人でも
    母国語の起源を気にせず、使っている言葉って
    結構ありますね。

    • ケン より:

      たくさん

      コメントありがとうございます。
      昔は「ヤバッ」も悪い意味で使われて来ましたが、言葉ってやっぱり生き物というか、時代の流れの中で、徐々に変化しているところってありますよね^^
      シカトも気になってちょっと知らべてみましたが、そんな語源があったとは。
      言葉って奥が深いですよね~

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

このページの先頭へ