こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国に住んでいるとダンボールに対する考え方が日本とは大分違う時があります。

例えば、韓国の普通の小さなお店で「ダンボールありますか?」と答えても、ほぼ100%の確率で「ありません」と言われるのがオチです。

なぜ、そうなってしまうのかという点も含めて、今回は、韓国のダンボール事情についてお伝えしていきます。

韓国でダンボールを入手する方法

韓国で、ダンボールを入手する方法は、簡単に言ってしまうと2つしかありません。

郵便局でEMS用のダンボールを買う


もし、丈夫なダンボールを入手しようと思ったら、郵便局へ行ってEMSのダンボールを買うのが一番手っ取り早いです。

私の近所の郵便局の場合、全部で6種類のダンボールがあり、そのサイズと値段は以下のようになっています。

  • 1号:400ウォン(22cm x 19cm x 9cm)
  • 2号:500ウォン(27cm x 18cm x 15cm)
  • 2-1号:600ウォン(35cm x 25cm x 10cm)
  • 3号:800ウォン(34cm x 25cm x 21cm)
  • 4号:1,100ウォン(41cm x 31cm x 26cm)
  • 5号:1,700ウォン(48cm x 38cm x 34cm)
韓国から日本へEMSを送る時の料金は以下の記事でまとめています。

>>韓国から日本へEMSを送る時の料金&日数が意外!

実は、私自身、郵便局以外で、ダンボールを売っていないか、いろいろなところを探し回った時があります。

100円ショップ、文房具屋、生活用品店などなど

しかし、ダンボールを売っているところは郵便局以外、全然見つからなかったんですね^^;

大型のマートで入手する

もし、無料でダンボールを入手したい場合は、Eマートやロッテマートなど、大型のマートへ行くしかありません。

レジを出たところに、購入した商品を詰めて持って行けるように、たくさんのダンボールが集められています。

我が家も、マートで買い物をした時、ダンボールに詰め込んで、あとはタクシーを利用して持って帰る時がよくあります。

買い物をした際、もし、レジでビニール袋を買うと有料なのですが、ダンボールは無料なので、だったらダンボールを使った方が得じゃんという話になります^^

ちなみに、昔は韓国のダンボールは臭いというイメージがありましたが、最近は、大分、改善されているんじゃないかと思います。

また、eマートであれば、EMSに限って荷物を送れるので、eマートでダンボールをもらって箱詰めして、送るのも一つの方法です。

ダンボール集めってそんなに儲かるの?

しかし、大型のマート以外でダンボールを無料で入手するのは、ほぼ不可能です。

なぜなら、韓国ではダンボール収集が一つのビジネスとして成立しているからです。

韓国に住んでいると、段ボールなどの廃品をリアカーいっぱいにかき集めているおじいさんやおばあさんをよく見かけます。

だから、普通のダンボールは、こういったおじいちゃん、おばあちゃんが全部、持って行ってしまうという訳なんですね。

実は、私達が以前、住んでいた家でも、今、住んでいる家でも、どちらでも、大家さんが段ボール集めをしています。

なので、私が住んでいるアパートの階段下は、いつもダンボールでいっぱいです^^;

最初は、大家さんなのに何でそんな仕事をするのか、不思議に思っていました。

しかし、最近は、「そこまで儲かるのか?」といろいろ考えています。

ちなみに私の妻の親戚は、20年ほど前に段ボールなどの廃品回収ビジネスを始めたそうです。

その時は周りの人達から、バカにされたそうですが、今、資産が100億ウォン(10億円)ほどある大金持ちになったとのこと。

ただ、その時は、他の人はほとんど事業という形でやっていなかったらしく、先行者利益を獲得して儲かったみたいです。

だから、今から同じビジネスを始めても、そこまでは、儲からないとのこと。

それでも、お年寄りの方々は、熱心に廃品を集めているので、今でも、それなりのビジネススタイルが確立されているのかもしれません。

まとめ

韓国でダンボールを入手しようと思った時、

  • 郵便局でのEMS用ダンボールを購入する
  • 大型マートのレジを出たところで入手する

というのが、一般的な方法です。

その他の方法だと有料、無料に関係なく入手は困難です。

普通のスーパーなどでダンボールをもらおうとしたら、ダンボール集めをするおじいちゃん、おばあちゃんのビジネスを邪魔することになってしまうので、ご注意下さい!

↓いつも応援して頂き、本当にありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

(この記事は2015年に書いた記事に、新しい観点を加えて編集していますが、コメントガンガン頂けるとうれしいです^^)

合わせて読みたい記事