韓国からEMSを送る時の日数&料金がかなり意外だった!

スポンサードリンク

今年の3月にアメリカの高校に留学をした息子から、夏物の衣類を送って欲しいという連絡がありました。

「韓国から送るよりも、現地で買った方が安いんじゃないかなあ。。。」

と思いつつも、

「韓国からEMSを送る料金は安いから!」

と妻から言われ、今回、試しに送ってみることにしたのです。

あと、以前から「韓国からEMSを送る料金は安いですよ~!」と言われていたので、今回、試しに調べてみたところ・・・

かなり意外な事実が発覚したので、それも合わせてレポートさせて頂きます。

韓国からのEMSの送り方

荷物を送る場合は、箱も購入する必要がありますが、郵便局へ行くと、EMS用の箱のサンプルが積み上げられています。

そこから、好きなサイズの箱を選んで自分で組み立てていくようになります。

あとは、書状に必要情報を書いていくだけです。

ここら辺は、世界共通の流れですよね^^;

ちなみに韓国からEMSを送る場合は、保険の有無を確認されますが、今回送った荷物の保険料は3,000ウォン(約300円)ぐらいでした。

スポンサード リンク

気になるEMSの料金は?

さて、やっぱり気になるのがEMSを送る場合の料金です。

実は、今回、郵便局の人にお願いをしてEMSの送料一覧表をコピーしてもらいました。

それを日本からEMSを送る料金表と比較してみた結果がこちらです。

※今は1円=10ウォンぐらいになっているので、ウォンの金額を10で割ると日本の金額という計算になります。

重量 日本から韓国(円) 韓国から日本(ウォン) 日本からアメリカ(円) 韓国からアメリカ(ウォン)
500gまで 1,400 17,900 2,000 27,600
1.0kgまで 2,100 19,800 2,900 37,700
1.5kgまで 2,700 22,100 3,700 48,300
2.0kgまで 3,300 25,200 4,500 60,200
2.5kgまで 3,800 26,600 5,200 64,600
3.0kgまで 4,300 27,900 5,900 68,900
3.5kgまで 4,800 29,300 6,600 73,300
4.0kgまで 5,300 30,600 7,300 77,800
4.5kgまで 5,800 31,900 8,000 82,200
5.0kgまで 6,300 33,200 8,700 86,500
5.5kgまで 6,800 34,600 9,400 90,900
6.0kgまで 7,300 35,900 10,100 95,400
7.0kgまで 8,100 38,400 11,200 104,400
8.0kgまで 8,900 41,000 12,300 113,000
9.0kgまで 9,700 43,700 13,400 121,700
10.0kgまで 10,500 47,600 14,500 130,600
15,0kgまで 14,500 59,500 20,000 174,600
20,0kgまで 18,500 72,700 25,500 218,700
25,0kgまで 22,500 85,600 31,000 263,300
30,0kgまで 26,500 97,600 36,500 313,700

実際に、EMSの料金を比較すると、以下のような傾向が浮かび上がって来ました。

  • 重量が軽い場合は、韓国からEMS送る方が若干高い
  • 重量が重たくなってくると韓国から送るEMS料金は、日本のEMS料金に比べてどんどん安くなっていく

特に、韓国から日本へEMSへ送る場合、重量が5kgを超えるあたりから、料金は日本の半額ぐらいになります。

ムチャクチャ安いじゃないですかあ(*´▽`*)

実際、私も先日、日本から韓国へ荷物を送ってもらった際、重量が重たかったので船便にしてもらったのですが、その場合は到着までに2~3週間掛かります

でも、韓国から日本へ重たい荷物を送る場合は、そんな面倒くさいことはせず、EMSで送った方が良いということになりますね。

ただ、今回、私が息子に荷物を送ったのは衣類などが中心で、重さは2.3kgだったので、むしろ日本からEMSを送る料金よりも、高い金額で送る結果になってしまいました。

まあ、荷物が軽いと韓国のEMSのメリットを享受できないということで・・・

それでも、いろいろ勉強になったので、良かったと思います^^

韓国からEMSを送る場合の日数は?

郵便局員の人に、どれくらいで荷物が届くのかを聞いたら、アメリカの場合、EMSは3~5日で届くって言われました。

ちなみに、韓国からEMSを送ると、カカオトーク(日本のLINEみたいなスマホアプリ)で、荷物の状況がメッセージで勝手に送られて来ます。

その結果を見てみると、今回は3日で無事に届きました!

(メッセージの日付を見ると2日で届いているように見えますが、アメリカとは時差が13時間あるので、それを差し引くと3日になります)

ちなみに以前、韓国から日本へEMSを送った時は2日で届いていたので、やっぱりEMSは優秀です(^O^)

アメリカ生活を満喫している息子

今年の3月に息子は、アメリカへ留学して、今はホームステイも体験しているのですが、お陰様でアメリカ生活を満喫しています

勉強もがんばっていますが、毎日、スポーツをしたり、いろいろな国から来た学生と交流をしたりして、とにかく充実しているとのこと。

韓国にいた頃は、全然英語が出来なかったのですが、留学をして3ヶ月ぐらい経ったら、簡単な会話であれば英語で出来るようになったそうです。

毎週、カカオトークで通話していますが、息子は、ホームシックになるとか、家が恋しくなるとか、母親が作ったあの料理が食べたいという気持ちはまったく湧いて来ないそうで・・・

うれしいやら、淋しいやら、何となく複雑な気持ちでもあるんですけどね^^;

とにかく、親としては、韓国のEMSを時々活用しながら、後方支援に徹するのみです!


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

12 Responses to “韓国からEMSを送る時の日数&料金がかなり意外だった!”

  1. ひょの より:

    私も日本によく送っていました。日本向けの料金は日本のみの料金なのでかなりやすいですよね。ソウル近郊では午前中に大きい郵便局で出すと東京、神奈川、埼玉、千葉には翌日に届いていました。日本郵便の品質は世界一だとか…

    帰国時は船便で送りましたけど、集荷してくれず、持ち込みのみでした。受け入れ重量は20キロまでです。EMSは集荷手数料が必要だそうです。

    • ケン より:

      ひょのさん

      コメントありがとうございます。
      やはり韓国から日本へのEMSの料金は特別料金みたいな感じになっているんですね!
      翌日に届いてしまうなんて、やっぱり日本と韓国は近いんだなあ~と感じます^^

  2. マザー より:

    やむを得ず急遽行くことになった留学でしたが(たしかそうでしたよね?)英語も身に付いたし、のびのびと楽しく過ごしているようだし、結果オーライでしたね!
    親としては子供が生き生きとしている姿を見られるのは何ものにも代えがたいですね。

    • ケン より:

      マザーさん

      コメントありがとうございます。
      そうですね。留学は元々考えていたのですが、予定が急遽早まったという感じでした^^;
      韓国にいた頃は、思春期の時に韓国へ来たこともあり、いろいろ悩むことも多かったのですが、アメリカへ行った後は、ガラリと雰囲気が変わって本当に楽しくやっています。
      親としては取り敢えずホッとしているところです^^

  3. タケ より:

    荷を日本から送る場合はEMSだと高いので船便にして送ってもらいます。15日で釜山まで届きます。日本からは一旦川崎の集荷場に集めてコンテナがある程度一杯になったら船に積み込むのだそうで、船では一日程度でソウルに着くので検疫とかを経て各地に配達するのだそうです。(郵便局長曰く)船便は追跡がネットで確認できます。

    韓国の郵便局も誠実な人が多いです。今まで郵便物が紛失したことや破損したことは無いです。

    夢に向かっていくのは青春期の子供には不安がいっぱいだと思います。後方支援頑張ってください。自由は自分で掴むものだとアメリカは教えてくれると思います。

    • ケン より:

      タケさん

      コメントありがとうございます。
      やっぱり日本から荷物をたくさん送ってもらう時は特に船便になってしまいますよね~
      以前、日本から船便で瓶を送ってもらった時も割れなかったので、多分、大切に扱ってくれているのだと思います^^
      息子にはアメリカで是非、自立心をしっかり養ってもらいたいと思っています!

  4. 在韓10年以上 より:

    多文化家族(韓国内国民の配偶者である外国人。韓国に帰化した者含む)が、母国にEMSを送るときは10%割引があります。
    数年前に利用しましたが、外国人の場合は外国人登録証と証明書類が必要だった記憶があります。
    (詳細は郵便局で確認が必要)

  5. 在韓10年以上 より:

    前述の「証明書類」は、洞住民センターだと有料で発行ですが、オンラインでも受け取ることができます。
    こちらの方は無料です。
    (韓国内国民側の名義で発行可能)

    ただ、数年前の韓国の婚姻関係証明書や家族関係証明書には最初に届けを出した時点では外国人側の外国人登録番号が入っていないようです。
    記載がないと確実な本人確認ができないこともあるのでいろいろ不都合なこともあります。
    まだの場合は、区役所で旅券と外国人登録証持参で記載手続きをしてから書類を発行してもらう方がいいです。

  6. 在韓10年以上 より:

    言葉が抜けていたので補足です。

    「ただ、数年前の韓国の婚姻関係証明書や…」
    →「ただ、数年前の情報ですが、韓国の婚姻関係証明書や…」

    • ケン より:

      在韓10年以上さん

      貴重な情報ありがとうございました!
      そういったサービスがあるとは知りませんでした。
      先日、別件でたまたま家族関係証明書を発行してもらったのですが、
      そこには、外国人登録番号も入っていたので問題なさそうです。
      次回、日本へEMSへ荷物を送る際は、是非、利用してみたいと思います^^

  7. たく より:

    息子さん、アメリカに留学なんですね。
    バイリンガルどころか、トリプルリンガルですね。
    韓国の人は、やはりアメリカに憧れを抱く人が多いような気がします。
    韓国内での、就職とか、未来とかあまりよい話も聞きませんし。

    • ケン より:

      たくさん

      コメントありがとうございます。
      確かに息子は韓国の元クラスメートからすごく羨ましがられていました^^;
      先日、たまたまニュースで大卒者の就職率を日本と韓国で比較していたのですが、日本は96%ぐらいだったのに、韓国は67%ぐらいだったので、ちょっとびっくりしました。
      韓国の学生たちの悩みはなかなか尽きないみたいです・・・

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

このページの先頭へ