韓国に移住して、私が不便に感じていることが一つあります。

それは社会的信用がほとんどなくなってしまうということです。

もちろん、私が韓国の会社で働いていたり、永住権を取っていたりすれば、事情は変わってきたのかもしれませんが・・・

ただ、私の仕事は日本を拠点としていたので、韓国ではクレジットカード(信用カード)を作れず、ちょっと不便だなあと思っていました。

ところが、先日、突然、韓国のロッテのクレジットカードを扱っている会社から電話が来たのです。

韓国移住者のクレジットカードの作り方

話を聞いてみると、私が妻が家族カードという形で私のクレジットカードの申請をしたとのこと。

もー、妻も私に事前に言ってくれればあ^^;

ただ、家族カードであれば、韓国人の妻の信用で私名義のクレジットカードが作れるので、そういった作り方のルートがあったことがそこで分かり感心しました。

(逆に、その方法に今まで気が付かなかった自分の鈍感さを反省・・・)

そこで、クレジットカード会社の人は、本人確認などをしたのですが、実は、これが結構大変で・・・

住民登録番号を伝えた後、カード名義のスペルを伝えるのですが、相手の日本人であれば、名前から推測して、「あー、KENですね」という話になります。

でも、相手の電話の人は、日本人の名前に慣れていないですし、私は韓国語の発音になれていないので、何度も何度も確認することに^^;

そして、最後にカード会社の人が「これから規約の説明をしますので、ただ聞いておいてください。」と言いながら、怒涛の韓国語マシンガントーク!

そんな感じで、何とか本人確認の電話を終えることが出来ました~(* ̄∇ ̄*)~

そして、それから数日後、遂に私名義のクレジットカードが到着!

そこでいざ受け取りのサインということになったのですが・・・

「ここにもサインして下さい。ここにもサインして下さい。あっ、ここにもサインして下さい。」という感じで延々と続き、多分、10回ぐらいサインをしたと思います

何だか芸能人になったような気分でした*(^^)*

こうやって手に入れた韓国のクレジットカードがこちらです!

名前は隠していますが、無事にスペルは正しく伝わっていたので安心しました^^

日本人でも韓国でも作れるクレジットカードはある?

私は今回、妻の信用を使って、家族カードを作りましたが、駐在員の方など、韓国人の家族がいない日本人でも作れるクレジットカードはあるのでしょうか?

一応、他のブログを見ていると、新韓銀行でクレジットカードを作っていた方がいらっしゃったので、調べてみると、やはり新韓銀行では、外国人専用のクレジットカードを作ることが出来るようです。

(ただ、実際に、私が新韓銀行でクレジットカードを作った訳ではないので、詳細は、リンク先をクリックして、問い合わせをしてみて下さいm(__)m)

韓国のクレジットカードがあれば電車に乗るのが楽!

韓国はクレジットカード社会なので持っているとやっぱり便利です。

ちなみに、韓国のクレジットカードを入手出来て、個人的に一番うれしかったのはT-Moneyの機能を埋め込むことも出来るようになったということです。

この機能が付いていると、T-Moneyカードが不要となり、いちいちチャージする手間も省けます。

T-Money付きのクレジットカードがあると、韓国で電車やバスに乗る時、本当に楽なのです^^

ソウルの地下鉄の乗り方(T-moneyの使い方)を解説!

韓国のクレジットカードはサイン不要でも大丈夫!?

一応、今までは妻のクレジットカードを借りて、使うこともよくありましたが、やっぱりそれはちょっと恥ずかしい気持ちがありました。

最近、韓国でも他人名義のカードは使えなくなってきたという話もあるそうですが、私が住んでいるヨンシンネは田舎なのか、今のところ全然大丈夫です。

それどころか、今までまともなサインを求められたことは一度もなく・・・

先日も、妻がロッテスーパーで買い物をした際、クレジットカードを使っていたのを横で見ていたら、レジの店員さんが、自分で妻のクレジットカードの端を使ってタッチパネルにサインしていました

そんな、韓国のアバウトな文化に最近、妙な居心地の良さを感じつつある今日この頃です^^;

韓国のクレジットカードはサインがここまでいい加減

合わせて読みたい記事