ちょっと待って下さい チャッカンマンニョ

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国語で「ちょっと待って下さい」と言いたい時は、「チャムカンマンニョ(チャッカンマンニョ)」とか「チャムシマンニョ」という表現を使います。

この表現は、普段の生活でよく使うので、知っておくと便利です。

ここでは、チャムカンマンニョとチャムシマンニョの意味の違いも含めて、詳しく解説していきます。

「ちょっと待って下さい」の韓国語表現

「ちょっと待って下さい」を韓国語で言う時の表現は、いくつかのパターンがありますが、短くて覚えやすい表現から伝えると以下の2つのいずれかでOKです。

  • 잠깐만요(チャムカンマンニョ)
  • 잠시만요(チャムシマンニョ)

のいずれかでOKです。

チャムカンマンニョ(チャッカンマンニョ)

まず、“잠깐만요”からお伝えしていきます。

ハングル カタカナ 意味
잠깐만요 チャムカンマンニョ ちょっと待って下さい

カタカナで書くと、「チャムカンマンニョ」と書くことも出来ますが、日本人の方には「チャッカンマンニョ」と聞こえる方も多いですね。

そう聞こえる理由は、最初の“잠”の、“ㅁ”は、パッチムと呼ばれる半音で、カタカナでは表現できないためです。

ここの発音をする際は、口を軽く閉じるような感じになるのですが、音声を聞きながら、確認をしてみて下さい。

잠깐만요(チャムカンマンニョ)の잠깐(チャムカン)は、「ちょっと」、「しばらく」という意味です

そして、만(マン)は「だけ」、요(ヨ)は「~です」という意味なので、直訳したら、「ちょっとだけですよ」となりなますね。

チャムシマンニョ

次に“잠시만요”についてです。

ハングル カタカナ 意味
잠시만요 チャムシマンニョ ちょっと待って下さい

잠시만요(チャムシマンニョ)は、最初の部分だけが、잠시(チャムシ)と違いますが、こちらも「ちょっと」、「しばらく」という意味です。

また、잠시(チャムシ)は、元々「暫時」という漢字から来ています

チャムカンマンニョとチャムシマンニョの違い

チャムカンマンニョとチャムシマンニョは、基本的な意味は同じです。

ただ、厳密な違いをお伝えすると、잠시(チャムシ)の方が、よりオフィシャルな表現になるので、職場で電話受けをしている時などは、“잠시만요(チャムシマンニョ)”を使った方が良いです。

実際、“잠깐만요(チャムカンマンニョ)”は、“깐(カン)”の部分が強く聞こえるため、少し強めの表現になります。

ですから、そういった意味でも、丁寧に伝えたい時は、“잠시만요(チャムシマンニョ)”を使う方が無難でしょう。

ただ、普段の生活では、“잠시만요(チャムシマンニョ)”を使うことも多いので、あまり気にしなくても良いと思います。

また、“잠시만요(チャムシマンニョ)”は、もっと短く表現したい時、잠깐(チャムカン)とだけ言っても大丈夫です。

例えば、私が韓国でYouTubeを見ている時は、韓国語の広告が流れるのですが、日本と同じように5秒ぐらい流れると、スキップ出来るので、スキップボタンを押そうとすると、広告の中の人が、“잠깐(チャムカン)”と言ったりします^^

「待つ」を付けてもOK

ただ、ここまでの話を読んで、「あれっ、『待つ』という韓国語表現はどこにいった?」と引っかかる方もいらっしゃるかと思います。

「잠깐만요(チャムカンマンニョ)」でも「ちょっと待って下さい」という意味になるのですが、もっと丁寧に言いたい時は、

  • 잠깐만 기다리세요(チャムカンマン キダリセヨ)
  • 잠시만 기다리세요(チャムシマン キダリセヨ)

と表現してもOKです。

ただ、「ちょっと待って」と言う時は、長く丁寧に言っている間に、タイミングを逃してしまうことってありますよね(笑)

ですから、基本的には、잠깐만요(チャムカンマンニョ)や잠시만요(チャムシマンニョ)でも大丈夫です!

「ちょっと待って下さい」は知っていると便利

韓国語の「ちょっと待って下さい」という表現を知っていると、いろいろなシーンで使えるので便利です。

満員電車を降りる時


韓国で満員電車に乗っていて、降りたいけれども、人が多くて、なかなか降りれない時は、

ハングル 잠깐만요. 내릴게요.
カタカナ チャムカンマンニョ。ネリルケヨ。
日本語訳 ちょっと待って下さい。降ります。

と言えばOKです。

人ごみをかき分けて進む時

人通りが多い街の中をかき分け行きたい時は、

ハングル 잠깐만요~ 지나갈게요
カタカナ チャムカンマンニョ~ チナガルケヨ~
日本語訳 すみません。通りま~す

と言いながら、進んでもOKです。

韓国語で「どいてください」は?

人ごみの中にいる時は、「どいてください」と伝えたい時もあるかと思います。

そんな時は、비켜 주세요(ピキョジュセヨ)と言います。

비켜(ピキョ)の原形は、비키다(ピキダ)で、「避ける」とか、「よける」という意味で、주세요(ジュセヨ)は、お願いをする時の表現で「~して下さい」という意味です。

韓国人からの電話を受けた時


もし、韓国の人から電話を受けた、誰か他の人に変わる時は、

ハングル 잠시만요.
カタカナ チャムシマンニョ。
日本語訳 少々お待ち下さい。

と言って上げると良いでしょう。

相手からせかされた時


韓国人は、基本的にせっかちなので、いろいろせかされる時ってありますよね。

そういった時は、잠깐만요(チャムカンマンニョ)といって、ひと呼吸置いてもらいましょう。

ただ、我が家では、私がせっかちな人になっています・・・

息子や娘に「早く、布団片付けて」、「早く、歯磨きして」、「早く、寝て」と言っても、

子供たちは、スマホを見ながら、

「잠깐만요~(チャムカンマンニョ~)」

と言ったりします。

でも、この잠깐(チャムカン)がエライ長いんですよね~(笑)

まとめ

韓国へ旅行に来たり、住んでみたりしていると分かるのですが、韓国では、黙っていると本当に放っておかれます

黙っていても、以心伝心で相手の心を汲み取って、何かをしてくれるのは、ある意味、日本特有の文化だと思うんですよね。

韓国では、言うべきことはしっかり言わないとダメというか、大きな声で言ったもん勝ちの社会なので、いざという時は、「잠깐만요(チャムカンマンニョ)」と言って、しっかりアピールしないと損をします。

ですから、いざという時は、是非、使ってみて下さい^^

合わせて読みたい記事