韓国語 シロ

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国の歌などを聴いたりしていると「シロ」というの聞いたことはありませんか?

韓国語では「嫌い」という意味なのですが、日本人の方の中には、命令の「しろ」とか、白色の「白」に聞こえる方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、今回は、「シロ」の意味や使い方にについて、詳しく解説をしていきます。

韓国語「シロ」の意味

「シロ」は韓国語で、“싫어”と言います。

ハングル カタカナ 意味
싫어 シロ 嫌い、イヤ

“싫어(シロ)”の原形は、“싫다”です。

ハングル カタカナ 意味
싫다 シルタ 嫌いだ、嫌だ、気にくわない

“싫다(シルタ)”の活用形

そして、“싫다(シルタ)”の活用形は以下のようになります。

形式 ハングル(カタカナ) 意味
かしこまった表現 싫습니다(シルスミニダ) 嫌いです、嫌です
丁寧な表現(ヘヨ体) 싫어요(シロヨ) 嫌いです、嫌です
ぞんざいな表現(パンマル) 싫어(シロ) 嫌い、イヤ

この中でお分かりのように、“싫어(シロ)”は、“싫다(シルタ)”のぞんないな表現(パンマル)です。

シロとシロヘの違い

“싫어(シロ)”と似た表現として、“싫어해(シロヘ)”があります。

“싫어(シロ)”と“싫어해(シロヘ)”の違いは、“좋아(チョア)”と“좋아해(チョアヘ)”の違いと似ていますよね。

具体的には、以下のような違いがあります。

項目 品詞 使い方
싫어(シロ) 形容詞 ~가/이 싫어という形で使うことが多い
싫어해(シロヘ) 動詞 ~를/을 싫어해という形で使うことが多い

“싫어(シロ)”は形容詞なので、文中で使う時は、“~가/이”を前に付けることが多いです。

ただ、この助詞は省略することも多いですし、「~は」という意味の~는/은を使ったりもします。

「シロ」を使った韓国語の表現

次に、「シロ」を使った韓国語の表現についてお伝えしていきます。

~したくない


「~したくない」という時は、動詞の語幹 + “싫어(シロ)” という形で使うことが多いです。

  • 하기 싫어 (ハギ シロ):やりたくない
  • 가기 싫어 (カギ シロ):行きたくない
  • 먹기 싫어 (モッキ シロ):食べたくない
  • 듣기 싫어 (トゥッキ シロ):聞きたくない
  • 보기 싫어 (ポギ シロ):見たくない

子供が親にダダをこねたり、反発したりする時に、使ったりしますよね^^;

大嫌い

ものすごく嫌いだと伝えたい時は、強調表現と一緒に使います。

強調する韓国語表現はいろいろありますが、その代表的なものをご紹介しておくと以下のようになります。

ハングル カタカナ ニュアンス
너무 싫어 ノム シロ とても嫌い
엄청 싫어 オムチョン シロ めちゃくちゃ嫌い
진짜 싫어 チンチャ シロ マジで嫌い
정말 싫어 チョンマル シロ 本当に嫌い

本当に嫌いな人や物がある時は、使ってくださいm(__)m

あなたが嫌い


あなたが嫌いという時は、

ハングル 당신이 싫어.
カタカナ タンシニ シロ。
日本語訳 あなたが嫌い

となります。

先ほどもお伝えしたように、

嫌いにならないで“싫어(シロ)”は形容詞なので、文章を作る時は、前に~가/이を付けることが多いです。

或いは、動詞の“싫어해”を使う場合は、

ハングル 당신을 싫어해.
カタカナ タンシヌル シロヘ。
日本語訳 あなたが嫌い。

となり、助詞は、“~를/을”を使いますが、直訳したら「あなたを嫌う」となりますね。

嫌いにならないで

「あっ、このままじゃ、嫌われてしまうかも」と思って「嫌いにならないで」と言いたい時は、

ハングル 싫어하지 마.
カタカナ シロハジ マ。
日本語訳 嫌いにならないで。

と言ったら良いでしょう。

また、「私のことを嫌いにならないで」だったら

ハングル 나를 싫어하지 마.
カタカナ ナルル シロハジ マ。
日本語訳 私のことを嫌いにならないで。

と表現すれば良いです。

「嫌だ」と可愛く表現するには?

親しい人同士で、「嫌いだ」という時は、通常は、“싫어(シロ)”と表現しますが、SNSのやり取りをしている時は、可愛く表現したい時もありますよね。

そういった時は、“시러”と書きます。

厳密に言えば、“시러”は、文法的に間違った表現です。

ただ、親しい人同士で、かつ、可愛く見せたい時は“시러”という表現を使ったりします。

例えば、韓国の“이모티콘(イモティコン:顔文字)”では、こういった“시러”を使ったものがあります。

こんな感じで、ちょっと冗談っぽく表現したい時に“시러”は使えます

シロと関わりがありそうな表現

今回は、嫌いという意味での「シロ」について、解説をしてきましたが、「シロ」と聞いて、いろいろな単語を思い浮かべる方もいらっしゃるので、最後に簡単にお伝えしていきます。

白は?

「シロ」と聞いたら、「白」を思い浮かべる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

韓国語で「白」は、“흰색”と言います。

ハングル カタカナ 意味
흰색 ヒンセク 白、白色

흰(ヒン)は「白い」で、색(セク)は「色」という意味です。

ですから、直訳したら「白い色」となる訳ですね。

クレヨンしんちゃんのシロは韓国語で?

韓国でもクレヨンしんちゃんは放送されて、人気がありますが、しんちゃんのペットは「シロ」と言いますよね。

その犬のシロは、“흰둥이(ヒンドゥンイ)”と呼ばれています。

“흰(ヒン)”は、「白い」という意味です。

そこに「~者」とか「~人」という接尾辞である“둥이(ドゥンイ)”を付けた表現となります。

直訳したら「白い者」という感じですね。

このような感じでクレヨンしんちゃんは、登場人物が見事に韓国語になっているので、以下の記事もご参考になさって下さい。

命令の「しろ」は?

日本語では、命令をす時に「しろ」と言ったりしますよね。

韓国語では、そういった時、“해라”と言います。

ハングル カタカナ 意味
해라 ヘラ しろ、やれ

“라(ラ)”は、命令の表現に付ける語尾ですが、“라(ラ)”を取って、

ハングル カタカナ 意味
しろ、やれ

としても大丈夫です。

城は?

最後にお城の「しろ」は、“성”と言います。

ハングル カタカナ 意味
ソン


例えば、日本の有名なアニメである「カリオストロの城」は韓国語では、

ハングル カタカナ 意味
루팡 3세 칼리오스트로의 성 ルパンサムセ カルリオストゥロエ ソン ルパン三世 カリオストロの城

となります。

まとめ

“싫어(シロ)”は、“싫다(シルタ)”のぞんざいな表現(パンマル)で、「嫌い」とか「イヤ」という意味があります。

“싫어(シロ)”は形容詞なので、文章の中で使う時は、~가/이を使います。

「シロ」と聞くと、いろいろな「シロ」を想像してしまうかもしれませんが、変に誤解をしないよう意味を覚えておいて下さいね。

↓いつも応援して頂き、本当にありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

合わせて読みたい記事