また会いましょう 韓国語

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

別れ際の挨拶ってすごく大切ですよね。

再び、どこかで会えることを願う時は、「また会いましょう」と言ったりしますが、相手や、会いたい気持ちの度合いによって表現はいろいろ変わって来ます。

そこで、今回は、韓国語でスムーズに別れの挨拶をするために役立つフレーズをご紹介していきます。

「また会いましょう」の韓国語での表現

韓国語で「また会いましょう」は、相手などによって、以下のように使い分けると良いでしょう。

또 만나요(ト マンナヨ)

ハングル カタカナ 意味
또 만나요 ト マンナヨ また会いましょう

또 만나요(ト マンナヨ)は、「また会いましょう」と言う時、一般的によく使う表現です

또(ト)は、韓国語で「また」という意味で、“만나요(マンナヨ)”の原形は、“만나다(マンナダ)”で「会う」という意味です。

また、日本語でもそうだと思いますが、韓国語でも、“또 만나요~(ト マンナヨ~)”と語尾を伸ばして使うことが多いですね^^

또 봐요(トパヨ)

ハングル カタカナ 意味
또 봐요 ト パヨ また会いましょう

또 봐요(トパヨ)も「また会いましょう」という意味になります。

봐요(パヨ)の原形は、보다(ポダ)です。

보다(ポダ)は「見る」という意味で使うことが多いですが、「会う」と使う時もよくあります。

そして、“보다(ポダ)”の方が、“만나다(マンナダ)”よりも感情的には強い表現になります

例えば、恋人同士で「会いたい」という時は、絶対、“보고 싶다(ポゴシプッタ)”です。

“만나고 싶다(マンナゴシプタ)”と言ったら、ちょっと気持ち的に遠く感じます^^;

또 만납시다(トマンナプシダ)/또 봅사다(トポプシダ)

ハングル カタカナ 意味
또 만납시다/또 봅사다 トマンナプシダ/トポプシダ また会いましょう

“또 만납시다(マンナプシダ)”も韓国語で「また会いましょう」という意味です。

“ㅂ시다(プシダ)”も、「~しよう」という意味ですが、“또 만나요(ト マンナヨ)”と比べたら、少し関係が遠い人に対して使う言葉になります。

「また会おう」/「また会おうね」を韓国語で

より親しい人や目下の人に対しては「また会いましょう」というよりは「また会おう」とか「また会おうね」いう感じで表現したいですよね。

そういった時は、以下のような表現を使います。

또 만나(トマンナ)/또 봐(トパ)

ハングル カタカナ 意味
또 만나/또 봐 トマンナ/トパ また会おう/また会おうね

基本的には、“또 만나(トマンナ)”とか“또 봐(トパ)”と、最後の요(ヨ)を取ってしまえば大丈夫です。

パンマル(ぞんざいな言葉)の表現になるので、日本語に訳すと「また会おう」という意味になります。

또 만나자(トマンナジャ)/또 보자(トポジャ)

ハングル カタカナ 意味
또 만나자/또 보자 トマンナジャ/トポジャ また会おう/また会おうね

親しい人や目下の人に対しては、“또 만나자(トマンナジャ)”とか、“또 보자(トポジャ)”というように最後が자(ジャ)で終わる言い方をしても良いでしょう。

자(ジャ)は、「~しよう」と、仲の良い友達や目下の人に対して言う時に使う表現です。

例えば、

  • 가자(カジャ):行こう
  • 먹자(モクチャ):食べよう
  • 해보자(ヘボジャ):やってみよう

という感じで자(ジャ)を使ったりします。

ただし、자(ジャ)は、目上の人には使わないのでご注意下さい

私も、韓国語を習い始めの頃、目上の人に、“가자(カジャ)”と言って怒られた時がありましたm(__)m

「またお目にかかります」を韓国語で

逆に目上の人に対して「またお目にかかります」という感じで表現したいところですよね。

そういった場合は、次のような表現を使います。

또 뵙겠습니다(ト ペッケスムニダ)

ハングル カタカナ 意味
또 뵙겠습니다 ト ペッケスムニダ またお目にかかります

目上の人に対しては、このように“또 뵙겠습니다(ト ペッケスムニダ)”という謙譲表現を使うと良いでしょう。

“뵈다 (ペダ)”は、目上の人にお目にかかるという意味です。

ケン

“또 뵙니다(ト ペムニダ)”という表現はないのので、“또 뵙겠습니다(ト ペッケスムニダ)”とセットで覚えたら良いでしょう。

「また会いましょう」の更なるバリエーション

「また会いましょう」には、さらに、いろいろなバリエーションがあるので、ご紹介していきますね。

꼭 만나요(コ マンナヨ)

ハングル カタカナ 意味
꼭 만나요 コ マンナヨ 必ず会いましょう

꼭(コ)というのは、「必ず」とか「きっと」という意味です。

社交辞令ではなく、本気で会いたいと強調したい時は、“꼭 만나요(コ マンナヨ)”とアピールしたら良いと思います^^

또 만나고 싶네요(ト マンナゴ シンネヨ)

ハングル カタカナ 意味
또 만나고 싶네요 ト マンナゴ シンネヨ また会いたいですね

“또 만나고 싶네요(ト マンナゴ シンネヨ)”は、“또 만나고 싶다(ト マンナゴシプタ・また会いたい)”の語尾に、“네요(ネヨ)”を付けた表現です。

意味は、「また会いたいですね~」となりますが、会いたい気持ちをさりげなく伝えたい時に使ってみて下さい。

다시 만나요(タシ マンナヨ)

ハングル カタカナ 意味
다시 만나요 タシ マンナヨ また会いましょう

“다시(タシ)”は、「再び」とか「もう一度」という意味です。

“또(ト)”にも「また」という意味がありますが、“만나요(マンナヨ)”の場合は、どちらを使っても、ニュアンスは変わりません

또 “다시 만나요(ト タシ マンナヨ)”と“또(ト)”と“다시(タシ)”を両方使う時もあります。

ただ、他のシーンでは、“또(ト)”と“다시(タシ)”では、意味が異なることがあります。

例えば、食事が出された時、

  • 또 만들어요(ト マンドゥロヨ):(おいしかったから)また作ってね~
  • 다시 만들어요(タシ マンドゥロヨ):(まずいから)また作り直してよ~

という感じで、全然違った意味になってしまうので注意が必要です

韓国語って難しいですよね^^;

우리 다시 만나요(ウリタシマンナヨ)

ハングル カタカナ 意味
우리 다시 만나요 ウリ タシ マンナヨ 私たち、また会いましょう

“우리(ウリ)”は、韓国語で「私たち」という意味です。

ですから“우리 다시 만나요(ウリタシマンナヨ)”は、「私たち、また会いましょう」という意味になります。

우리(ウリ)は「私達」という意味ですが、韓国の人は、우리(ウリ)という表現をよく使いますよね

自分の国のことは、“우리나라(ウリ) ”とか、“우리나라 대한민국(ウリナラ テハンミングク)”とよく言っていますし、

自分の子供達のことも、“우리 아들(ウリ アドゥル/ウチの息子)” “우리 딸(ウリ タル/ウチの娘)”と우리(ウリ)をよくつけます。

ちなみに、妻が「私の夫」という時も、“네 남편(ネ ナムピョン)(私の夫)”とは言わず、“우리 남편(ウリ ナムピョン)”と呼んだりします^^;

とにかく・・・

우리(ウリ)を付けることによって、より親近感が増すんですよね~

まとめ

「また会いましょう」を韓国語で表現する場合、「また」の部分を、또(ト)と言う時もあれば、“다시(タシ)”という時もありますが、どちらを使っても大きな違いはありません。

また、「会いましょう」の部分で、“만나요(マンナヨ)”と봐요(パヨ)を使い分ける時がありますが、봐요(パヨ)は恋人とか深い関係の人に対していうことが多いので、一般的には、“만나요(マンナヨ)”を使えば良いでしょう。

あとは、目上に人に対しては、“또 뵙겠습니다(ト ペッケスムニダ)” というなど、失礼な言い方にならないよう気を付ければ問題ないかと思います!

合わせて読みたい記事