韓国語で「また会いましょう」相手によって表現はいろいろ変わる



こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

別れ際の挨拶ってすごく大切ですよね。

再び、どこかで会えることを願う時は、「また会いましょう」と言ったりしますが、相手や、会いたい気持ちの度合いによって表現はいろいろ変わって来ます。

そこで、今回は、韓国語でスムーズに別れの挨拶をするために役立つフレーズをご紹介していきます。

「また会いましょう」の使い分け方

韓国語で「また会いましょう」は、相手などによって、以下のように使い分けると良いでしょう。

또 만나요(トマンナヨ)

또 만나요(トマンナヨ)は、「また会いましょう」と言う時、一般的によく使う表現です

또(ト)は、韓国語で「また」という意味で、만나요(マンナヨ)の原形は、만나다(マンナダ)で「会う」という意味です。

また、日本語でもそうだと思いますが、韓国語でも、또 만나요~(トマンナヨ~)と語尾を伸ばして使うことが多いですね^^

또 봐요(トパヨ)

또 봐요(トパヨ)も「また会いましょう」という意味になります。

봐요(パヨ)の原形は、보다(ポダ)です。

보다(ポダ)は「見る」という意味で使うことが多いですが、「会う」と使う時もよくあります。

そして、보다(ポダ)の方が、만나다(マンナダ)よりも感情的には強い表現になります

例えば、恋人同士で「会いたい」という時は、絶対、보고 싶다(ポゴシプッタ)です。

만나고 싶다(マンナゴシプタ)と言ったら、ちょっと気持ち的に遠く感じます^^;

또 만나(トマンナ)/또 봐(トパ)

より親しい人に対しては、또 만나(トマンナ)とか또 봐(トパ)と、最後の요(ヨ)を取ってしまっても大丈夫です。

いわゆるパンマル(ぞんざいな言葉)ってやつですね。

또 만나자(トマンナジャ)/또 보자(トポジャ)

親しい人や目下の人に対しては、또 만나자(トマンナジャ)とか、또 보자(トポジャ)というように最後が자(ジャ)で終わる言い方をしても良いでしょう。

자(ジャ)は、「~しよう」と、仲の良い友達や目下の人に対して言う時に使う表現です。

例えば、

  • 가자(カジャ):行こう
  • 먹자(モクチャ):食べよう
  • 해보자(ヘボジャ):やってみよう

という感じで자(ジャ)を使ったりします。

ただし、자(ジャ)は、目上の人には使わないのでご注意下さい

私も、韓国語を習い始めの頃、目上の人に、가자(カジャ)と言って怒られた時がありましたm(__)m

또 만납시다(マンナプシダ)/또 봅사다

또 만납시다(マンナプシダ)も韓国語で「また会いましょう」という意味です。

ㅂ시다(プシダ)も、「~しよう」という意味ですが、또 만나요(トマンナヨ)や또 만나자(トマンナジャ)と比べたら、少し関係が遠い人に対して使う言葉になります。

또 뵙겠습니다(ト ペッケスムニダ)

目上の人に対しては、또 뵙겠습니다(ト ペッケスムニダ)という謙譲表現を使うと良いでしょう。

뵈다 (ペダ)は、目上の人にお目にかかるという意味です。

ちなみに、또 뵙니다(ト ペムニダ)という表現はなく、또 뵙겠습니다(ト ペッケスムニダ)とセットで覚えたら良いでしょう!

「また会いましょう」の更なるバリエーション

「また会いましょう」には、さらに、いろいろなバリエーションがあるので、ご紹介していきますね。

꼭 만나요(コ マンナヨ)

꼭(コ)というのは、「必ず」とか「きっと」という意味です。

社交辞令ではなく、本気で会いたいと強調したい時は、꼭 만나요(コ マンナヨ)とアピールしたら良いと思います^^

또 만나고 싶네요(ト マンナゴ シンネヨ)

또 만나고 싶네요(ト マンナゴ シンネヨ)は、또 만나고 싶다(ト マンナゴシプタ・また会いたい)の語尾に、네요(ネヨ)を付けた表現です。

意味は、「またお会いしたいですね~」となりますが、会いたい気持ちをさりげなく伝えたい時に使ってみて下さい。

다시 만나요(タシ マンナヨ)

다시(タシ)は、「再び」とか「もう一度」という意味です。

또(ト)にも「また」という意味がありますが、만나요(マンナヨ)の場合は、どちらを使っても、ニュアンスは変わりません

또 다시 만나요(ト タシ マンナヨ)と또(ト)と다시(タシ)を両方使う時もあります。

ただ、他のシーンでは、또(ト)と다시(タシ)では、意味が異なることがあります。

例えば、食事が出された時、

  • 또 만들어요(ト マンドゥロヨ):(おいしかったから)また作ってね~
  • 다시 만들어요(タシ マンドゥロヨ):(まずいから)また作り直してよ~

という感じで、全然違った意味になってしまうので注意が必要です

韓国語って難しいですよね^^;

우리 다시 만나요(ウリタシマンナヨ)

우리(ウリ)は、韓国語で「私たち」という意味です。

ですから우리 다시 만나요(ウリタシマンナヨ)は、「私たち、また会いましょう」という意味になります。

우리(ウリ)は「私達」という意味ですが、韓国の人は、우리(ウリ)という表現をよく使いますよね

自分の国のことは、우리나라(ウリ) とか、우리나라 대한민국(ウリナラ テハンミングク)とよく言っていますし、

自分の子供達のことも、우리 아들(ウリ アドゥル/息子) 우리 딸(ウリ タル/娘)と우리(ウリ)をよくつけます。

ちなみに、妻が「私の夫」という時も、네 남편(ネ ナムピョン)(私の夫)とは言わず、우리 남편(ウリ ナムピョン)と呼んだりします^^;

とにかく・・・

우리(ウリ)を付けることによって、より親近感が増すんですよね~

まとめ

「また会いましょう」を韓国語で表現する場合、「また」の部分を、또(ト)と言う時もあれば、다시(タシ)という時もありますが、どちらを使っても大きな違いはありません。

また、「会いましょう」の部分で、만나요(マンナヨ)と봐요(パヨ)を使い分ける時がありますが、봐요(パヨ)は恋人とか深い関係の人に対していうことが多いので、一般的には、만나요(マンナヨ)を使えば良いでしょう。

あとは、目上に人に対しては、또 뵙겠습니다(ト ペッケスムニダ) というなど、失礼な言い方にならないよう気を付ければ問題ないかと思います!





次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

4 Responses to “韓国語で「また会いましょう」相手によって表現はいろいろ変わる”

  1. Ami より:

    先日の韓国語のレッスンで、보고 싶어요 と、만나고 싶어요 を習いました。만나다 と言うと、仕事の話があるのかな? と思われるから、恋人には보다 と言いなさい。と習いました。私も、ハートの瞳で보고 싶어요 と言えるように頑張ります( ^ω^ )
    NHKラジオのハングル講座も聴いているのですが、その中に드디어 만났네요 が出てきました。訳が、「ついに会えましたね」となっていて、辻仁成×中山美穂 の迷言みたいになっているのですが、만나다 なのでそんなニュアンスではないのかな? とも思ったり。辻仁成的「やっと逢えたね」を韓国語で表現したらどうなるのでしょう。

    • ケン より:

      Amiさん

      コメントありがとうございます。
      こういった時は、
      드디어 만날 수 있었네요(トゥディオ マンナルスイソンネヨ)
      が良いと思います。
      「~できた」という表現を入れることによって会いたかった気持ちを強調することが出来るからです。
      また、一応、드디어 볼 수 있었네요 という表現もあるのですが、韓国人の妻にも確認をしたら、これは刑事がやっと犯人を見つけて「やっと見つけたぞ~」というようなニュアンスになってしまうそうです。
      韓国語ってやっぱり難しいですね^^;

  2. Ami より:

    お返事ありがとうございます。韓国語難しいですね。『会いたい』ユチョン×ユン・ウネ というドラマがあるのですが、ふと考えると原題は보고싶다 ですね。濃厚な感じ。보다の雰囲気を掴みつ、頑張ります。

    お嬢さんの手書きの字ですが、ㄸの所が、⊄みたいに見えます。私は、ㄸを書くときにそのまま 匸←かくしがまえ を2個書くみたいに書いているのですが、お嬢さんはどう書いていますか?
    日本語の「さ」を書いたら分かるのですが、日本の小学校に通った人は、たいてい「さ」の2画目と3画目を離して書くのですが、日本語学校とか日本語学科で日本語を習得した人は、「さ」の2画目と3画目を続けて書くことが多いように思います。日本語フォントが、教科書体以外は、続いているからだと思いますが……。
    そんな風に、ネイティブと外国人との違いってなにげないところにあるので、お嬢さんがㄸをどうやって書いているのか気になりました。

    • ケン より:

      Amiさん

      コメントありがとうございます。
      ㄸの書き順を娘に確認したのですが、思いっ切り間違った書き方をしていて、妻に怒られていました^^;
      書き順はAmiさんが合っていますし、韓国の人達もみんなそういう風に書いています。
      混乱させてすみません>_<

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ