先日、妻がカッピングの治療を受けて来ました。

カッピングは韓国の韓医院などで行っている東洋医学の治療法で、韓国語で부황(プファン)と言います

カッピングの跡を見た人は、最初、ビックリして、「なんでそこまでやるの!?」と思うかもしれません。

今回は、カッピングの効果や跡がどれくらいで消えていくのかという点についてお伝えしていきます。

カッピングの効果は?

カッピングは、皮膚に付着した悪い血を抜く(瀉血する/しゃけつする)ことによって、血流を良くするという原理になっています。

ですから、血の流れをすることによって、疲労回復や冷え性の解消などの効果があるとのことです。

また、カッピングをした際に、どんな血が出て来るかによって、その人の健康状態を知ることが出来るのだそうです。

健康な人は、比較的サラッとした血が出てくるそうですが、肉をたくさん食べているような人は黒い血が出て来たり、泡が出てくることもあるそうです。

また、血の流れが悪い人は、血が出なかったり、石灰化した白いものが出て来たりするのだとか。

(お食事中の人がいたらすみませんm(__)m)

効果があり過ぎて・・・

妻の話によると、韓国の韓医院で、カッピングをやってくれるところは、非常に良心的なんだそうです。

その理由は、速攻性があるだけでなく、効果があり過ぎて、患者が通院してくれなくなるからとのこと。

韓医院は、本当は鍼治療をチマチマと続けながら、患者さんに何度も通院して欲しいので、よっぽど症状がひどくないとやってくれないのだそうです。

かくいう妻も、その日は本当に体調が悪かったので、韓医院のお医者さんに強くお願いしてやってもらったそうです。

お陰様で、次の日から、随分、体が軽くなったと喜んでいました^^

カッピングの跡はどれくらいで消える?

ただ、カッピングは効果が抜群である反面、かなり大きな跡が残るというデメリットがあります。

カッピング 韓国

今回、妻がカッピングした跡がどれくらいで消えるか毎日チェックしてみたのですが、完全に消えるまで一週間掛かりました

また、カッピングをした場所は肩や首の周辺だったので、人がたくさんいるところにいると恥ずかしくないのか妻に聞いてみたのですが、

韓国では、みんな、「あ~、プファン(カッピング)をやったのね~」と素直に理解してくれるので、全然、問題ないのだそうです。

日本だったら、「そのあざどうしたの? もしかして旦那さんから・・・」という話になるかもしれませんが^^;

ちなみに、カッピングの跡は、熱いお湯に浸かると、もっと早く消えるんだそうです

カッピングは痛い!?

実際、これぐらいの跡が出来ると、「カッピングは痛いのかな?」と心配になる人も出て来るかと思います。

実は、かくいう私も2~3年前に、カッピングをしてもらったことがあります

その時は、たまたま一人で韓医院に行っていたのですが、カッピングの存在も知らず、言葉の意味も良く分かっていませんでした。

そして、先生の言うがままにうつ伏せになっていたら、背中に吸盤なものを設置された後、しばらくしたら、変な感覚が・・・

「うん、なんか、激しく吸引されているぞ・・・」

と結構焦っていましたが、後から見たら、すごい跡が背中にたくさん出来ていました(汗)

まあ、痛いと言えば痛いのですが、我慢できるぐらいの痛さという感じではあります

もちろん、鍼治療も大の苦手な私としては、あまりやりたくはないですが・・・

それにしても、韓国には、不思議な治療法がいっぱいありますよね~(笑)

合わせて読みたい記事