韓国語 チンチャ
こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国語で「本当に」とか「本当?」という表現をする時、“진짜(チンチャ)”という表現を使います。

ただ、「本当」という言葉の意味は、“정말(チョンマル)”であると韓国語教室で習った人も多いのではないでしょうか?

もちろん、“정말(チョンマル)”も正しい表現です。

そこで、ここでは“진짜(チンチャ)”の意味や使い方、そして“정말(チョンマル)”との違いについて徹底的に解説をしていきます。

チンチャの意味

チンチャは韓国語で“진짜”と書きます。

ハングル カタカナ 意味
진짜 チンチャ 本当に、本物、真実

“진짜(チンチャ)”は、名詞で使う時は、「偽造したものではなく、本当のもの」という意味で使わます。

その一方で、副詞として使う場合は、「本当に偽りがない」というニュアンスで、「本当に」とか「確かに」という意味になります。

チンチャとチョンマルの違い

“진짜(チンチャ)”と似た表現として、“정말(チョンマル)”があります。

ハングル カタカナ 意味
정말 チョンマル 本当に、本当

“진짜(チンチャ)”も“정말(チョンマル)”も基本的には同じ表現だと思っていただいて大丈夫です。

ただ、細かい部分で違いを説明すると以下のようになります。

チンチャの方がよりカジュアルな表現

若干の違いではありますが、

  • 진짜(チンチャ):一般的な表現
  • 진짜(チンチャ):カジュアルな表現

という感じで使い分けることが多いです。

ですから、目上の人に対しては、“정말(チョンマル)”を使い、友達や目下の人に対しては、“진짜(チンチャ)”を使うことが多いです。

また、日本語で「マジ」という表現を使うことがありますが、韓国語に訳す時は、“진짜(チンチャ)”の方がより近いと感じます。

チンチャとチョンマルは反対語が違う

“진짜(チンチャ)”と“정말(チョンマル)”では、反対語が違います。

  • 진짜(チンチャ)の反対語:가짜(カッチャ)で偽物という意味
  • 정말(チョンマル)の反対語:거짓말(コジンマル)で嘘という意味

つまり、“진짜(チンチャ)”は、本物か偽物かという意味での本物で、“정말(チョンマル)”は本当か嘘かという意味での本当という意味になります。

チョンマルよりチンチャをよく使う理由

ただ、韓国で実際に生活をしていると、“정말(チョンマル)”より“진짜(チンチャ)”を使う時の方が圧倒的に多いです

その理由の一つに、疑問形にすると、“정말?(チョンマル?)”は、「本当にそうなの?」という疑いのニュアンスが含まれてしまうからというのがあります。

もちろん、目上の人や、仕事上の上司に対しては、“정말이에요(チョンマリエヨ)”を使いますが、あまり連発し過ぎると、目上の人から、

「お前、俺のことを疑っているのか」

と変な誤解を生むことがあります。

ですから、目上の人に対して、相槌を打つ時は、

  • 「그래요?(クレヨ?・そうなんですか?)」
  • 「네 그렇구나! (ネ~ クロックナ・あ~そうなんですね。)
  • 「그렇군요.(クロックニョ・そうなんですね)」

と言う方が無難かもしれません。

その一方で、“진짜(チンチャ)”の方は、疑いのニュアンスが含まれないので、普段の生活では圧倒的に使いやすいです。

それに、“진짜(チンチャ)”の方が“정말(チョンマル)”より発音しやすいですし^^

私も家族との会話では、基本的に“진짜(チンチャ)”を使っています。

「本当に?」と反応する時のチンチャの使い方

“진짜(チンチャ)”は、誰かの話に対して「本当に?」と聞く時によく使います。

ハングル A: 그 사람 형제가 7명이래요.
B: 진짜?
カタカナ A: クサラム ヒョジェガ イルゴンミョンイレヨ.
B: チンチャ?
日本語訳 A: その人は兄弟が7人いるんだって
B: 本当に?
ハングル A: 오늘 피자를 5천원에 팔고 있어요.
B: 진짜?
カタカナ A: オヌル ピザルル オチョノネ パルゴ イッソヨ.
B: チンチャ
日本語訳 A: 今日は、ビザが5,000ウォンで売っているよ。
B: 本当に?
ハングル A: 오늘 비가 온데요.
B: 진짜?
カタカナ A: オヌル ピガ オンデヨ
B: チンチャ?
日本語訳 A: 今日は雨が降るんだって。
B: 本当に?
ハングル A: ○○가 삼겹살 먹고 싶데요.
B: 진짜?
カタカナ A: ○○ガ サムギョプサル モッコシップテヨ。
B: チンチャ
日本語訳 A: ○○(名前)がサムギョプサルを食べたいんだって。
B: 本当に?

こんな感じで、“진짜(チンチャ)”は、日本語で「マジかよ~」と本当にビックリした時でも、「へえ~ そうなんだ~」という軽い相槌の時でも使える便利な言葉なんです。

ケン

あとは、語尾を上げると、びっくり度が上がりますし、語尾を下げると、びっくり度も下がるという感じで使い分けます。

肯定分でも“진짜(チンチャ)”は便利

もちろん、“진짜(チンチャ)”は、肯定文でも気軽に使えます。

ハングル 진짜 귀여워.
カタカナ チンチャ キヨウォ。
日本語訳 本当に可愛い
ハングル 진짜 고마워.
カタカナ チンチャ コマウォ。
日本語訳 本当にありがとう。
ハングル 진짜 맛있어요.
カタカナ チンチャ モシッソヨ。
日本語訳 本当にかっこいいです。
ハングル 진짜 피곤해.
カタカナ チンチャ ピゴネ。
日本語訳 本当に疲れた
ハングル 진짜 잘했어.
カタカナ チンチャ チャレッソ。
日本語訳 本当によくやった。

このように、“진짜(チンチャ)”は、진짜(チンチャ)よく使います(笑)

まとめ

“진짜(チンチャ)”は、韓国語の教科書では、扱いが小さいけれども、実際には頻繁に使われている代表的な言葉かもしれません。

ですから、韓国人の友達や同僚と話をする時に“진짜(チンチャ)”を使うと

「おっ、韓国語上手ですね~」

と褒められるかもしれません。

はい、そんな時にも、“진짜?(チンチャ?)”と返して頂けるとありがたいです^^

合わせて読みたい記事