韓国語のチンチャはチョンマルより圧倒的に使用頻度が高い理由


韓国語 チンチャ
韓国語 チンチャ
こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国語で「本当に」とか「本当?」という表現をする時、“チンチャ(진짜)”という表現を使います。

ただ、「本当」という言葉の意味は、“チョンマル(정말)”であると韓国語教室で習った人も多いのではないでしょうか?

もちろん、“チョンマル(정말)”も正しい表現です。

ただ、韓国で生活していると、“チョンマル(정말)”よりも、“チンチャ(진짜)”を使う時の方が圧倒的に多いですよね^^

ここでは、その理由や“チンチャ(진짜)”の使い方についてお伝えしていきます。

チンチャとチョンマルの違い

まずは、チンチャとチョンマルの違いについて一般的な説明からお伝えしていくと、

  • “チョンマル(정말)”:一般的な表現、反対語はコジンマル(거짓말)で嘘という意味
  • “チンチャ(진짜)”:カジュアルな表現、反対語はカッチャ(가짜)で偽物という意味

という違いがあります。

ですから、目上の人に対しては、“チョンマル(정말)”を使い、友達や目下の人に対しては、“チンチャ(진짜)”というように使い分けていくようになります。

“チョンマル”より“チンチャ”をよく使う理由

ただ、韓国で実際に生活をしていると、“チョンマル(정말)”より“チンチャ(진짜)”を使う時の方が圧倒的に多いです。

その理由の一つに、疑問形にすると、“チョンマル?(정말?)”は、「本当にそうなの?」という疑いのニュアンスが含まれてしまうからというのがあります。

もちろん、目上の人や、仕事上の上司に対しては、“チョンマリエヨ(정말이에요)”を使いますが、あまり連発し過ぎると、目上の人から、

「お前、俺のことを疑っているのか」

と変な誤解を生むことがあります。

ですから、目上の人に対して、相槌を打つ時は、

  • 「그래요?(クレヨ?・そうなんですか?)」
  • 「네 그렇구나! (ネ~ クロックナ・あ~そうなんですね。)
  • 「그렇군요.(クロックニョ・そうなんですね)」

と言う方が無難かもしれません。

その一方で、“チンチャ(진짜)”の方は、疑いのニュアンスが含まれないので、普段の生活では圧倒的に使いやすいです。

それに、“チンチャ(진짜)”の方が“チョンマル(정말)”より発音しやすいですし^^

私も家族との会話で、以下のようなシーンで、“チンチャ(진짜)”を使っています。

「その人は兄弟が7人いるんだって」「本当に?」

「그 사람 형제가 7명이래요.(クサラム ヒョジェガ イルゴンミョンイレヨ)」
「진짜?(チンチャ)」

「今日は、ビザが5,000ウォンで売っているよ。」「本当に?」

「오늘 피자를 5천원에 팔고 있어요.(オヌル ピザルル オチョノネ パルゴ イッソヨ)」
「진짜?(チンチャ)」

「今日は雨が降るんだって」「本当に?」

「오늘 비가 온데요?(オヌル ピガ オンデヨ)」
「진짜?(チンチャ)」

「○○(名前)がサムギョプサルを食べたいんだって」「本当に?」

「○○가 삼겹살 먹고 싶데요.(○○ガ サムギョプサル モッコシップテヨ)」
「진짜?(チンチャ)」

つまり“チンチャ(진짜)”は、日本語で「マジかよ~」と本当にビックリした時でも、「へえ~ そうなんだ~」という軽い相槌の時でも使える便利な言葉なんです。

あとは、語尾を上げると、びっくり度が上がりますし、語尾を下げると、びっくり度も下がるという感じで使い分けます^^

肯定分でも“チンチャ(진짜)”は便利

もちろん、“チンチャ(진짜)”は、肯定文でも気軽に使えます。

「本当に可愛い」

진짜 귀여워.(チンチャ キヨウォ)

「本当にありがとう」

진짜 고마워.(チンチャ コマウォ)

「本当にかっこいいです」

진짜 맛있어요.(チンチャ モシッソヨ)

「本当に疲れた」

진짜 피곤해. (チンチャ ピゴネ)

「本当によくやった」

진짜 잘했어. (チンチャ チャレッソ)

このように、“チンチャ(진짜)”は、チンチャ(진짜)よく使います(笑)

まとめ

“チンチャ(진짜)”は、韓国語の教科書では、扱いが小さいけれども、実際には頻繁に使われている代表的な言葉かもしれません。

ですから、韓国人の友達や同僚と話をする時に“チンチャ(진짜)”を使うと

「おっ、韓国語上手ですね~」

と褒められるかもしれません。

はい、そんな時にも、“チンチャ?(진짜?)”と返して頂けるとありがたいです^^


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

4 Responses to “韓国語のチンチャはチョンマルより圧倒的に使用頻度が高い理由”

  1. たく より:

    解説いただいた会話は、すべて理解できます。
    ただ話す相手がいない^^
    韓国語の先生に習っていますが、
    ため口では話さないですから、
    진짜を使い機会が本当にないです^^
    ケンチャナ、チンチャは便利ですよね。
    日本語の「どうも」「ども」も便利ですが。

    • ケン より:

      たくさん

      コメントありがとうございます。
      たくさん、韓国語すごく勉強されているんですね!
      やっぱり韓国語教室だと、チンチャは使いづらいかなって思います^^
      韓国へ旅行に来られた際は、是非、バンバン使って下さい!

  2. まさ より:

    こんにちわ。f6のVISAを取って今週から韓国に住み始めました。馴れないことばかりでこのサイトはすごく参考になるのでよく読んでいます。
    チンチャはよく使います。何でもチンチャと言えば会話が成立するので便利です笑

    • ケン より:

      まささん

      コメントありがとうございます。
      韓国生活の参考にして頂いて本当にうれしいです!
      確かに、チンチャだけでもかなり会話できますよね~^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ