チャル 韓国語

こんにちは。海外在住のケンです。

韓国語では「チャル」という表現をよく使います。

私自身も、何かあったら、ついつい「チャル」を使うのですが、この表現は、実は、日本語に訳す時、とても困るんですよね。

そのせいで私の日本語にも深刻な影響が・・・

ということで、今回は、「チャル」の意味や使い方について、徹底的に解説をしていきます。

チャルの意味

「チャル」は韓国語で“잘”と書きます。

ハングル カタカナ 意味
チャル よく、正しく、うまく、上手に、立派に

“잘(チャル)”の意味は、ここでご紹介したような感じになります。

ただ、実際の文章の中で、“잘(チャル)”を訳そうとすると、かなりの確率で、おかしな日本語になってしまうので、訳し方には要注意です。

チャルの使い方

では、「チャル」は、どういった使い方をするか解説をしていきます。

チャルを単独で使う場合

“잘(チャル)”は基本的に、動詞とセットで使われることが多いですが、“잘(チャル)”を単独で使う時もあります。

例えば、仕事や勉強をしている人に対して、“잘(チャル)”と言ったりしますが、ここでは「がんばれよ」みたいなニュアンスで使います。

チャル ジャ

ハングル カタカナ 意味
잘 자 チャル ジャ おやすみ

これは、目下の人に対して、「おやすみ」という時に使う表現です。

直訳したら「よく寝ろよ」となります。

確かに不自然な日本語ですが、日本語の「おやすみ」も元々は、「休みなさい」という命令表現から来ているのかなあといろいろ考えちゃいました^^;

チャル モッケスムニダ

ハングル カタカナ 意味
잘 먹겠습니다 チャル モッケスムニダ いただきます

잘 먹겠습니다(チャル モッケスムニダ)は、直訳したら、「よく食べます」となります。

ただ、自然な日本語に訳すとすれば、「いただきます」です。

ちなみに、韓国語の「チャル モッケスムニダ」と日本語の「いただきます」は、文化的な背景から使い方がいろいろ異なります。

チャル モゴッスムニダ/チャル モゴッソヨ

ハングル カタカナ 意味
잘 먹었습니다 チャル モゴッスムニダ ごちそうさまでした
잘 먹었어요 チャル モゴッソヨ ごちそうさまでした

直訳したら「よく食べました」となりますが、韓国の食堂に行った時は、帰りがけに使ってみたい表現ですよね^^

チャル センギョッソヨ

ハングル カタカナ 意味
잘 생겼어요 チャル センギョッソヨ かっこいい

“잘 생겼어요(チャル センギョッソヨ)”は「かっこいい」という意味で使う表現ですよね。

“생겼어요(センギョッソヨ)”は、“생기다(センギダ)”の過去形ですが、元々は、「生じる」という意味です。

これに、“잘” を付けると、「うまく生じた」と直訳することが出来ますが、直訳した意味からも分かるように、“잘 생겼어요(チャル センギョッソヨ)”は顔の格好良さに限定される表現です。

男性の格好良さを褒める時は、他にも「モシッソヨ」という表現がありますが、「モシッソヨ」の方が、より幅広い観点で「かっこいい」という意味になります。

チャル モッテソヨ

ハングル カタカナ 意味
잘 못 했어요 チャル モッテソヨ 悪かったです、ダメだった

韓国語で書くと、“잘 못 했어요” となりますが、これは直訳したら「よく出来なかった」という意味です。

じゃあ、日本語らしく訳したらどうなるかというと、状況によって、変わってくるところがあります。

例えば、誰かに対して謝る時、

ハングル 내가 잘 못 했어요. 미안해요.
カタカナ ネガ チャル モッテッソヨ。ミアネヨ。
日本語訳 私が悪かったです。すみません。

と言ったりしますが、この場合、「チャル モッテソヨ」は、「悪かったです」と訳すことが出来ます。

その一方で、以下のようなケースで使う場合は、「ダメだった」というニュアンスで使います。

ハングル A: 시험 어땠어요?
B: 잘 못 했어요.
カタカナ A: シホム オッテッソヨ?
B: チャル モッテソヨ。
日本語訳 A: 試験どうだった?
B: ダメだった。

チャル チネヨ

ハングル カタカナ 意味
잘 지내요 チャル チネヨ 元気です

“지내요” の原形、“지내다” には「過ごす」、「暮らす」という意味があります。

ですから、直訳したら「よく過ごしています」となりますが、日本語っぽく訳すのであれば、「元気です」という感じです。

チャル チネヨは、相手が元気かどうか、質問をする時によく使われます。

ハングル A: 요즘은 잘 지내요?
B: 네 잘 지내요.
カタカナ A: ヨジュムン チャル チネヨ?
B: ネ チャル チネヨ
日本語訳 A: 最近、元気にしていますか?
B: はい、元気です。

逆に日本語の「元気ですか?」を韓国語に訳そうとした時、元気を韓国語読みして、“원기이에요?”とは言いません

「元気ですか?」を自然な日本語に訳そうとしたら、やっぱり“잘 지내요?(チャル チネヨ?)”になるんですよねえ^^

あと、「元気でしたか?」と過去形で聞きたい場合は、

ハングル 잘 지냈어요?
カタカナ チャル チネッソヨ?
日本語訳 元気でしたか?

という感じで過去形を使います。

チャル プッタカムニダ

ハングル 잘 부탁합니다
カタカナ チャル プッタカムニダ
日本語訳 よろしくお願いします

“부탁합니다”は、「お願いします」という意味なので、ここので「チャル」は「よろしく」と訳すことが出来ますね。

チャル テッタ

ハングル カタカナ 意味
잘 됐다 チャル テッタ 良かった、うまくいった

“됬다” は、“되다”の過去形ですが、「なった」と訳すことが出来ます。

「チャル テッタ」は、「よくなった」と直訳出来ますが、日本語風に訳すと「良かった」とか「うまくいった」となります。

ハングル A: 나 시험에서 100점 받았어요.
B: 진짜 잘 됐다.
カタカナ A: ナ シホメソ 100チョム パダッソヨ。
B: チンチャ チャルテッタ。
日本語訳 A: 僕、試験で100点取ったよ
B: 本当に良かった!

こういう会話を繰り返すことが出来れば、親としては、とてもハッピーな気持ちになれるのですが・・・^^;

チャル カセヨ

ハングル カタカナ 意味
잘 가세요 チャル カセヨ さようなら

お別れの挨拶である「さようなら」を韓国語で表現する際、相手が立ち去る時は、よく

ハングル カタカナ 意味
안녕히 가세요 アンニョヒ カセヨ さようなら

と言いますよね。

そこでの“안녕히” を“잘” に変えて、“잘 가세요(チャル カセヨ)”と言いながら、「さようなら」の表現をする時もあります。

“잘 가세요(チャル カセヨ)”の方が、少しフランクな表現だとも言えますが、一般的には、“안녕히 가세요(アンニョヒ カセヨ)”の方をよく使います。

チャル ケセヨは別の意味!?

“안녕히 가세요(アンニョヒ カセヨ)”」の代わりに“잘 가세요(チャル カセヨ)”が使えると聞くと、

相手ではなく、自分が立ち去る時には、“안녕히 계세요 (アンニョヒ ケセヨ)”の代わりに、“잘 계세요(チャル ケセヨ)”が使えると思う方がいらっしゃるかもしれません。

一応、その場合でも、意味は伝わりますが、実際の生活では、「さようなら」という意味で、「チャル ケセヨ」は、ほとんど、使いません

ですから、基本的には、“안녕히 계세요 (アンニョヒ ケセヨ)”を使った方が良いでしょう。

その一方で、「チャル ケセヨ」は、

ハングル 안녕하세요. 잘 계세요?
カタカナ アンニョンハセヨ チャル ケセヨ?
日本語訳 こんにちは。お元気ですか?

という感じで、相手の様子を伺うような時に使います

チャルのせいで日本語がおかしくなる・・・

ここでは、「チャル」の意味や使い方をいろいろ解説して来ましたが、「チャル」は日本語に訳すのが、本当に難しいです。

その一方で、韓国での日常生活では「チャル」を本当によく使うので、そういった生活に慣れると、日本語の方がおかしくなってくるのを感じます

我が家の子供達も、日本から韓国へ移住した際、それまで自然に話せていた日本語がおかしくなったのは、「チャル」がキッカケでした。

例えば、息子が「その友達は、勉強が上手なんだよね」と言ったりするのですが、恐らく、頭の中で、

ハングル 그 친구는 공부를 잘해요.
カタカナ ク チングヌン コンブルル チャレヨ。
日本語訳 その友達は、勉強ができるんだよね。

という韓国語を日本語に訳しているんですよね。

ただ、日本語では「その友達は、勉強が得意なんだよね」が正しいと思うのですが、最近は、韓国生活が長くなってきたせいか、「あれっ、勉強が上手って言うんだっけ」と頭が混乱しつつあります

ヤバイ・・・

ワタシノニホンゴ、ナンダカオカシクナリソウデス・・・

合わせて読みたい記事