韓国語「チェバル」の意味!お願いする表現をレベル別に解説


チェバル 韓国語

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国ドラマや韓国の歌で「チェバル」という韓国語を聞いたことはありませんか?

この表現を使う時は、かなり切実な気持ちが含まれていることが多いですよね。

そこで、今回は、「チェバル」の意味や使い方について、解説をしていきます。

「チェバル」の韓国語表記と意味

「チェバル」は韓国語では、“제발” と書きます。

日本語にすると、「なにとぞ」、「どうぞ」、「ぜひ」、「どうか」、「お願いだから」、「頼むから」という意味になります。

ただ、お願いというよりは、嘆願するような時に使うことが多いですね。

また、「チェバル」を強調する時は 「チェーバル」と「チェ」を伸ばしたり、「チェバル、チェバル、チェバル」と連呼したりします。

あと、単独で使う場合は、「제발요(チェバルリョ)」と語尾に“요(ヨ)”を付ける時もあります。

「チェバル」の使い方

では、「チェバル」は、どういったシーンで使われるか、ご紹介をしていきますね。

제발 가지마.(チェバル カジマ)
どうか、行かないで

誰かが去ろうとしている時に、「行かないで」という気持ちをより表現したい時に「チェバル」を付けます。

歌でも、「チェバル カジマ」という表現は、よく使われますが、個人的には、ちょっと古いですけど、2000年頃に大人気だったgod(지오디)の歌の中に、거짓말(コジンマル)という名曲がありまして。

歌詞の中では、いろいろ事情のある男性が、恋人に対して言葉では別れようと言っているのですが、心の中で、「제발 가지마~(チェバル カジマ~)」と歌うシーンが、とても印象に残っています。

ちなみに、この歌の中では、「チェバル」という表現が何度も使われているのですが、素敵な歌なので、よろしかったら、是非、聞いてみて下さい^^

이러지마 제발(イロジマ チェバル)
やめろよ。頼むから。

この表現は、韓国の歌のタイトルから取って来たのですが、“이러지마(イロジマ)”は、이렇게 하지마(イロッケ・ハジマ)の略で、直訳したら「このようにするな」となります。

ここでは、もっと自然な日本語になるよう「やめろよ」と訳してみました。

また、「チェバル」は、お願いしたいことの前に付ける時もあれば、このように、後に付ける場合もあります。

제발 좀 공부 해라. (チェバル チョム コンブ ヘジョ)
お願いだから、ちょっと勉強しないさいよ。

韓国のお母さん達の中には、こういった表現をしたい人達は多いと思います。

我が家でも、少し前までは、連発していましたが、実は、最近、アメリカから帰って来た長男に息子や娘が刺激されて、勉強に身を入れ始めて、奇跡が起こっております(*´▽`*)

제발 더 이상 말하지마. (チェバル ト イサン マラジマ)
お願いだから、これ以上、話さないで。

誰かが、グダグダ文句を言っていて、その人の話にうんざりしている時に、こういった表現を使います。

こんな感じで、「チェバル」は、誰かと喧嘩する時にも、よく使うことが多かったりします^^;

お願いする時の韓国語表現

誰かに何かをお願いする時は、いろいろな表現が出来ますが、今回、「チェバル」をご紹介したので、レベル別に整理していきたいと思います。

レベル1:簡単にお願いする場合


まず、一番、簡単にお願いする時の表現です。

  • 부탁합니다(プッタカムニダ)
  • 부탁해요(プッタッケヨ)
  • 부탁해(プッタッケ)

軽~いニュアンスでお願いをした時は、こういった表現がちょうど良いでしょう。

レベル2:丁寧にお願いする場合


より丁寧にお願いをしたい時は、頭に“잘(チャル)”を付けます。

  • 잘 부탁합니다(チャル プッタカムニダ)
  • 잘 부탁해요(チャル プッタッケヨ)
  • 잘 부탁해(チャル プッタッケ)

誰かに何かをお願いする時は、より丁寧になるのが一般的なので、こういった使い方が一番多いかもしれませんね。

レベル3:切実にお願いする場合


お願いレベルをマックスにしたい時は、今日、ご紹介した「チェバル」を使います。

  • 제발 부탁합니다(チェバル プッタカムニダ)
  • 제발 부탁해요(チェバル プッタッケヨ)
  • 제발 부탁해(チェバル プッタッケ)

また、「チェバル」は、後ろに付けても大丈夫です。

まとめ

「チェバル」は、誰かに切実にお願いをする時に使う表現です。

韓国語は、感情を伝える時に便利な表現がたくさんありますが、「チェバル」は、その代表的な表現だとも言えますよね。

韓国のドラマや歌なので、男女が別れる時、喧嘩をしている時、怒っている時、感情が高ぶっている時、「チェバル」は、結構、使われるので、機会があれば、是非、チェックしてみて下さい^^

↓いつも応援して頂き、本当にありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

合わせて読みたい記事





次の記事: »

前の記事:«

2 Responses to “韓国語「チェバル」の意味!お願いする表現をレベル別に解説”

  1. たく より:

    제발 살려주세요.
    韓国ドラマで、手をこすりながら、この言葉を連発する場面が多いので、覚えました。

    • ケン より:

      たくさん

      日本語だと「頼むから、助けてくれ~」という感じですよね。
      確かに、韓国ドラマあるあるのセリフなので、思わず笑ってしまいました^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ