韓国のインスタントコーヒーの裏ワザとKANUのご紹介!

スポンサードリンク

韓国のインスタントコーヒーと言えば、タバンコーヒーと呼ばれるタイプのものを想像する人が多いと思います。

いわゆる、スティック状の袋の中に、コーヒーと砂糖とクリープが、全部袋の中に混ざっているものです。

IMG_2844

私は、ブラックが苦手なので、こういった砂糖とクリープが最初から入っているタイプのインスタントコーヒーは結構好きです。

ただ、中には

「韓国のインスタントコーヒーは甘ったるくて飲んでいられない!」

という方もいらっしゃると思います。

そんな方に、とっておきの裏技とKANUというオススメのインスタントコーヒーををご紹介していきます。

甘いインスタントコーヒーが苦手な方への裏ワザ

実は、スティックには上下があるのですが(袋を開ける方が上)

上の方には:コーヒー豆がたくさん入っている
下の方には:砂糖やクリープがたくさん入っている

という構造になっているんです。

なので、インスタントコーヒーのスティックを開けて、コップに入れる時、

前半:コーヒー豆が出て来る
後半:砂糖やクリープがドバっと出てくる

というシステムになっています。

つまり、前半の部分でストップすれば、甘くないコーヒーが飲めるということになるのです。

機会があれば是非試してみてください。

スポンサード リンク

ブラック好きの方にはKANUがオススメ!

ただ、中には、

「やっぱりコーヒーはブラックじゃないと」

という方もいらっしゃると思います。

そんな方に私がオススメしたいのが、KANU(カヌ)というインスタントコーヒーです。

IMG_2845

スティックは、結構小さ目な感じになっています。
(下がKANU)

IMG_2851

実は、KANUは、砂糖やクリープが入っていないタイプのコーヒーなんです。

また、インスタントコーヒーなんですが、かなり本格的なコーヒーの風味とコクがあるので、「ブラックな苦手な私でも、結構、美味しく感じます。

(もちろん砂糖を入れてもおいしいですよ^^)

KANUは、韓国の人気俳優コン・ユが去年ぐらいCMでガンガン宣伝していました。

「世界で最も小さなカフェ」というキャンペーンで、KANUは韓国で爆発的にヒットしたんです。

KANUは、それまで甘いインスタントコーヒーがメジャーだった韓国の市場に新たなニーズを見い出して、見事に成功しました。

KANUの登場で、韓国のインスタントコーヒー業界も、新しいステージを迎えるようになったと言えます。

だから、韓国のお土産を買いたくても、相手の人が甘いコーヒーは苦手という方がいれば、是非、KANUを買っていかれることをお勧めいたします!

↓ただ、KANUは韓国まで行かなくても日本の通販で買えるみたいですけど^^;

KANU[カヌー]Mini/スティック×10本入り


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

2 Responses to “韓国のインスタントコーヒーの裏ワザとKANUのご紹介!”

  1. kazuumi_korea より:

    あはははは!ナイスな裏ワザですね。
    確かに最後にドバッと白い粉が出てきますよね。笑そんなシンプルかつ斬新な方法、思いつきませんでした!笑
    ところで、こういうの、
    私はもっぱら「コーヒーミックス」と呼んでましたが、タバンコーヒーとも言うんだ~と調べてみてなるほど。茶房でサーブされる珈琲って、こういうインスタントだったのですね。
    茶房のことは聞いたことがありましたが、どんなコーヒーを配達してるかまでは知らず。お店で淹れたものを保温ポットか何かで運んでるのかと思ってました。
    勉強になりました!^^

  2. ケン より:

    kazuumi_koreaさん
    コメントありがとうございます!
    タバンコーヒーは、昔、コーヒーの配達をしていた時代があったそうですが、その時のコーヒーが由来になっているみたいですね。
    またいろいろ分かったらお知らせいたします^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

このページの先頭へ