ロシアンルーレットならぬコリアンルーレット

スポンサードリンク

うわ、超カライ!!!

と苦悶の表情を浮かべながら、水を飲みまくる中二の長男

我が家の長男は、普段、辛い物も平気でパクパク食べているのですが、今回は、ある物を食べて、一気にノックアウトされてしまいました。

長男が食べていたものを見て、私がつぶやいた一言

「あっ、コリアンルーレットにやられたね・・・」

長男を悶絶させたのは・・・

コチュ(韓国の唐辛子)です。

kochu

韓国のコチュは、赤い物もありますが、普段は、緑色の物を見かけることが多いです。

そして、実は、この緑色のコチュが超クセ者なのです。

理由は辛くないものの中に、時々、超辛いものが混ざっているから・・・

私も、以前、超辛いコチュを食べてしまい、胃袋を撃ち抜かれた苦い経験があるので、それ以来、コチュを見ても食べないようにしています。

そう、緑色のコチュは、ロシアンルーレットならぬコリアンルーレットなのです。

緑色のコチュは、辛くないものが多いので、他の人が、「おいしいね」と言いながら、食べているのを見て、「あっ、そうなんだ」と言って、口にしたそのコチュが、辛いコチュだったりすると、そこから悲劇のストーリーが展開されてしまいます。

普段は辛いものが大丈夫な人も、コチュの辛さには、絶句することが多いです。

ちなみに我が家の長男も、水を飲みまくった後、今度は、トイレに行きまくっていました。

前もって注意しておけば良かったかな(・_・;)


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

2 Responses to “ロシアンルーレットならぬコリアンルーレット”

  1. Linen より:

    時々、ブログお邪魔させていただいています。
    韓流好きアラフォー主婦です、
    お子さんを育てながらの異国での生活、ご苦労も多いかと思いますが、頑張ってください!
    余計なお世話ですが、帰国子女の友人によると現地校だと言葉はどんどん覚えるけれど、日本語を学ばせる、特に漢字を書かせるのがとても大変だったそうです。友人は日本語で日記を書かせていたと聞きました、ご参考になれば…
    これからもブログ楽しみにしています、

  2. ケン より:

    Linen様
    コメントありがとうございました!
    そうですね。我が家の子供達も、日本語は幸い
    まだ、忘れてはいないのですが、レベルアップ
    していないことは確かなので、これから、
    公文(韓国にも公文があります)で、日本語の
    コースを受講しようかと思案中です。
    やっぱり、子供達が、日本語を忘れてしまうと
    日本人の親としては、寂しいですので^^;
    暖かいコメントを頂き、とても励みになります^^
    これからもよろしくお願いいたします。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

このページの先頭へ