松屋の牛丼の韓国上陸とコンビニ店員さんの不思議な反応

スポンサードリンク

韓国のミニストップで2017年11月23日から、松屋の牛丼の発売が開始されました。

在韓日本人にとっては、

「遂にこの日がやってきた!」

という感じです。

実は、韓国では20年近く前に吉野家が進出したけれども、うまくいかなくて撤退したという歴史があったそうです

その頃、韓国では一人で食事をするなんて考えられない時代だったので、吉野家のスタイルは受け入れられなかったのだと思います。

しかし、韓国でも時代は確実に変わりつつあります

一人で食事をする韓国人が増え、

コンビニの弁当コーナーが充実するようになり、

そして日本のものが韓国にたくさん入ってくるようになり、

私としては、

「来るか、来るか、牛丼くるかあ・・・」

と思っていたら、やっと来てくれました。

松屋さん、韓国の時代の流れ、分かっているじゃないですかあ(*´▽`*)

韓国の牛丼探しが難航

実は、今まで、私は、自分が住んでいるソウルのヨンシンネにはミニストップがないと思い込んでいました。

でも、地図で探してみると近所にミニストップが3件ほどあることが判明

そこでさっそく期待に胸を躍らせながら、牛丼を買いに行ってみました。

一軒目のコンビニへ行ってみると、確かに牛丼の宣伝チラシが貼ってあります。

「日本3大牛丼のおいしいお店 松屋が監修した牛丼」

というキャッチフレーズが書いてあって、値段は一個3,800ウォン(約380円)となっていました。

やったーと思って、店内に入ってみたのですが・・・

まさかの売切れ(T-T)

次に、2軒目のミニストップに行ったら、

「ウチはお店が小さいから置いていないんですよね~」

と言われ、3軒目のミニストップに行ったら、またもや売切れ(T-T)

牛丼って韓国で、そんなに人気があるのでしょうか!?

遂に牛丼をゲット

しかし、そんな私の牛丼を食べたいという願望を妻が聞いてくれて、別の日に買って来てくれたのです

遂に韓国で牛丼ゲットしました(*´▽`*)

さっそく、食べてみると・・・

日本の松屋の牛丼の味を忠実に再現していたので、日本人の私にとっては、かなりおいしかったです。

ただ、その時は、電子レンジで暖めておらず、結構、冷たかったので、ちょっと失敗したなと思いました。

というか、こんなに冷え切った牛丼は、生まれた初めて食べました^^;

しかし、それを差し引いても、おいしく頂けたので、個人的にはすごく満足しています。

コンビニ店員の不思議な反応

ところで、松屋の牛丼は韓国でどれくらい人気が出ているのでしょうか?

この点に関しては、今回、妻が松屋の牛丼を購入する際、店員さんに聞いてくれていました。

しかし、その話が結構、微妙でして・・・

妻が店員さんに牛丼の人気はどうかと聞いてみたところ、

「結構、人気がありますよ~」

という返事が返ってきたそうです。

しかし・・・

「一日何個仕入れるんですか?」

と妻が店員さんに聞いてみたところ、

「担当の店員さんによっても注文数は違うんですけど、今日は3個です。」

とのこと。

あれっ、本当に人気あるのかなあ^^;

ちなみに、その時は2個牛丼が残っていたので、妻が2個とも買おうとレジまで持って行くと、

「1個しか売れません。」

と店員さんから断られてしまったそうです。

妻が、2個必要なんだと主張したのですが、

「1個は賞味期限が迫っているので、私がお昼に食べるんです。だから売れません。」

とのこと。。。

賞味期限がギリギリに迫ってしまうまで、牛丼が売れなかったのか、

(そもそも、そんな牛丼を販売棚に置いておくなんて^^;)

それとも、実は、店員さんが、ただ単に牛丼を食べたかっただけなのか、

正直、店員さんの反応は、かなり理解不能だったので、牛丼が本当に人気があるかはよく分かりませんでした。

ちなみに、妻は「日本人からしたら、牛丼は懐かしいとおいしく感じるかもしれないけど、韓国人にはどうかなあ・・・」とちょっと微妙な反応をしていました。

韓国の牛丼は成功するか?

確かに、牛丼の味は、辛い物好きの韓国人にとっては物足りなさを感じるかもしれません。

でも、韓国から日本へ旅行する観光客の数は2016年は500万人を超えています

そして、日本へ行った際に、牛丼を食べている韓国人もたくさんいるはずです。

そこで旅の楽しい思い出と共に、牛丼の味に慣れ親しんで暮れれば、韓国の時代の変化の波にも乗って、結構、成功できるんじゃないかと思っています。

松屋さん!

韓国の食文化は確実に変わって来ていますから、粘り強くがんばって下さいね。

そして、庶民派グルメの街であるソウルのヨンシンネにも韓国の松屋が出来る日を心待ちしていいます。

(ヨンシンネは、庶民的な飲食店を展開して成功しているペクチョンウォン先生が最もたくさんお店を出している街なんです)

私、通いますから~(*´▽`*)


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

14 Responses to “松屋の牛丼の韓国上陸とコンビニ店員さんの不思議な反応”

  1. 田中 利博 より:

    吉野家の韓国再進出、良い感じになると思いますね。

    ココイチも定着しているし、ウケると思いますね。

    • ケン より:

      田中 利博さん

      コメントありがとうございます。
      そうなってくれると本当にいいですよね~
      我が家の近所でも最近は、日本のラーメン屋が出来たり、以前にはほとんど見られなかった券売機システムの食堂も出て来たので、牛丼屋が定着する素地は確実に出来つつあると思います^^

  2. cda より:

    肉料理の味付けが韓国料理のそれとは違うので、あまり韓国人には受けないと思っていました。

    冷えた牛丼なら需要は少ないのでしょう。コンビニエンスストア事情は分かりませんが、電子レンジで温めて貰えるサービスが在ればOKなのでは。ケンさんの奥さんが仰った事も大きい気がします。

    もし牛丼が受け入れられたら、次は親子丼も良かったりするかもしれませんね。

    • ケン より:

      cdaさん

      コメントありがとうございます。
      韓国のコンビニには、もちろん電子レンジはあるのですが・・・
      忘れました^^;
      確かに牛丼が成功したら、親子丼もいけそうですね!
      がんばれ牛丼!って感じです^^

  3. quazm より:

    ミニストップで松屋監修の牛丼を買われましたか。(^^)
    これは冷えたものを食べるのではなく、温めないと美味しくないですよ。
    ミニストップの店舗によって入荷数は違うみたいで、盆唐の板橋テクノバレーだと7~8個とか置いてありました。
    韓国で牛丼自体は、日式のお店で最近ときどき見かけますね。美味しいところは美味しいのですが。
    ただ、韓国だと紅ショウガがないのが、一番悲しいところです。(;_;)

    • ケン より:

      quazmさん

      コメントありがとうございます。
      温めるの見事に忘れちゃいました^^;
      今度、温めて再チャレンジですね!
      紅ショウガの件はそう言われてみると、なんか生姜みたいなものが付いていました。
      ただ、かなりシワシワになっていて、美味しそうには感じなかったので、食べなかったですけど・・・
      ちなみに我が家の近くの日本式ラーメン屋でも牛丼を売っていて結構おいしいです。
      日本だとラーメンと牛丼は別々のお店で売っていますが、韓国だとどちらも需要はまだ少ないので、タッグを組んでいるという感じですね^^

  4. パク より:

    こんばんは。
    韓国のコンビにでも牛丼を買えるようになりましたか。近所にはほぼCUなので、知りませんでした。
    確かに吉野家があったのは聞いたことがありますが、多分その当時はあまり慣れていない味だったので、失敗したのではないでしょうか。
    しかし、最近は日本旅行で味わった人が増えてましたし、丼を専門とした食堂も流行っています。
    それと、独り飯というのが容認されるようになった今が、ちょうど良いタイミングかもしれません。
    僕も牛丼屋には結構お世話になりましたので、たまには食べたくなりますね。今度機会があれば、食べてみたいと思います。

    • ケン より:

      パクさん

      コメントありがとうございます。
      韓国も一人でご飯を食べる人が最近急に増えて来ましたよね。
      韓国は変わる時は一気に変わるので、その変化のスピードに驚くことが多いです。
      牛丼、機会があれば是非、食べてみてください!
      あと、その時に電子レンジで温めることをお忘れなく^^

  5. takabone より:

    こんにちは。とうとう食べられたんですね(^^)
    韓国のどんぶりチェーン店にも牛丼は置いてありますが、正直なところ物足りないのが本音でして。
    日本の牛丼チェーン店が進出したらいいのに・・・といつも思っている私としては、今回を足掛かりとして実店舗へと広がっていければいいなと思っています!

    • ケン より:

      takaboneさん

      コメントありがとうございます。
      今回の松屋の牛丼販売は、将来、牛丼チェーン店を韓国で展開していくか判断する上での試金石なんでしょうね^^
      松屋のチャレンジが大きな実りに繋がっていけばいいなって思います!

  6. 駐在おやじ より:

    mini stopの牛丼 quazmさんのブログで見て知ってたんですが まだ食べてないんです ><
    うちも周りに店が無くて・・・・・
    牛丼流行ると思いますよ。 日本に旅行した会社のメンバーに聞いても牛丼旨いって 聞きますし
    美味しい日本料理が たくさん入ってくることを願ってます ^^

      駐在おやじ

    • ケン より:

      駐在おやじさんn

      コメントありがとうございます。
      牛丼ウマイと言っている韓国の方も結構いらっしゃるんですね^^
      牛丼が成功したら、天一も韓国へ進出してくれるとうれしいです!

  7. うまうま より:

    吉野家の失敗は、1人での食事率の低さもそうだけど、韓国料理のように付け合わせが全然ないのも良くなかったみたいですよ。
    ふつうにご飯食べに行くとキムチやナムルが出てくるのが当たり前なのに、牛丼だけだったようで。

    まあ、個人的には牛丼食べないんだけどね。

    • ケン より:

      うまうまさん

      コメントありがとうございます。
      へ~、そんな事情があったんですか。
      確かに、そのシステムに慣れない頃は「なんで頼んでもいないのにこんなに出て来るんだ」と思いますけど、慣れてしまうと、付け合わせが出てこないことに物足りなさを感じてしまうものだと思います。
      ただ、一度、裏側の事情を知ってしまうと・・・
      個人的に付け合わせ食べないんですけどね^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ