こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

先日、我が家の実家でキムジャン(一年分のキムチを一気に作るため、11月下旬に行なわれる一大イベント)が行なわれたこともあり、大量のキムチが送られて来ました。

この時期になると、必ず考えてしまうのが、キムチ冷蔵庫はやっぱり必要かなあということです。

キムチの保存方法で悩む日々

大量のキムチが届くと悩んでしまうのは、やはり保存方法です。

一応、キムチは常温でもある程度、保存できるので、ベランダに置く時もあるのですが、やっぱり食べきれず、腐らせてしまうことが本当に多いんです(T-T)

じゃあ、冷蔵庫で保存したらいいのではと思う方もいらっしゃると思うのですが、2つの問題があります。

まず、キムジャンでキムチを大量に作ると、冷蔵庫に入りきらなくなります

>>韓国の冷蔵庫がやたら大きいワケ

さらに、冷蔵庫でキムチを保存していると、常温保存より保存期間は長くなりますが、それでも1ヶ月以内には、酸っぱくなってきます

そして、2つの問題を一気に解決してくれるのが、キムチ冷蔵庫という訳なのです。

キムチ冷蔵庫の保存方法とは?

キムチ冷蔵庫があれば、キムジャンで作った大量のキムチでも楽々保存することが出来ます。

ある意味、キムジャンがあるからこそ、韓国の一般家庭では、キムチ冷蔵庫が必須のアイテムとなる訳なんですね。

しかも、キムチ冷蔵庫は、キムチが酸っぱくならないよう、最適な温度(6.5℃)で保存してくれます。

ちなみにキムチだけでなく、じゃがいも、にんじんなどの野菜も長く保存が出来るとのこと!

キムチ冷蔵庫って、実はかなり便利なんですね~

おいしいキムチをおすそ分けしたい

一応、これでも今回頂いたキムチの量は最低限に留めたので、保存容器ごと何とか冷蔵庫に入れることが出来ました。

(かなり強引に押し込みました^^;)

ただ、このままでは、どんどんキムチが酸っぱくなってしまうので、早く食べないといけない、でも、そこまでガンガン食べることは出来ないし・・・

というジレンマに陥っています^^;

ちなみに、今年、我が家の実家のキムジャンで作ったキムチは最高においしいです(*´▽`*)

日本で市販されているキムチのように調味料をほとんど使っていないので、白菜の瑞々しい味が十分に生かされています。

歯ごたえもシャキシャキとしていて、ご飯のお供にも、キムチチゲにもぴったりです!

ただ、かなり辛めではあるので、辛い物が苦手な私はたくさん食べられないのですが・・・

とういことで、ヨンシンネの近くにお住まいの方や旅行でヨンシンネまで来て頂ける方がいらっしゃれば、こちらのキムチをおすそ分けいたします。

先着3名様ぐらいであれば大丈夫です!

韓国の本場のキムチを食べてみたい方は、気軽にご連絡ください^^

合わせて読みたい記事