こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国の代表的な料理の一つとしてチヂミがありますよね。

チヂミは、日本では韓国風のお好み焼きとして紹介されることもあります。

ただ、チヂミにはジョン、プッチンゲ、パジョンなどなどいろいろな呼び方がありまして・・・

その違いが自分の中でも曖昧だったので、分かりやすく整理してみました。

チヂミなどは韓国語ではどう書く?

まず、チヂミと似たような呼び方は韓国語でどう書くのかお伝えしていきますね。

  • チヂミ:지짐이
  • ジョン:전
  • プッチンゲ:부침개
  • パジョン:파전

では、次に、これらの呼び方をどうやって使い分けていくのかお伝えしていきます。

チヂミは韓国語の方言

チヂミとは様々な食材を小麦粉と混ぜて油で平たく焼いた料理です。

日本ではチヂミという呼び名が有名ですが、韓国語でチヂミ(지짐이、지짐)とは元々方言で、標準語ではチョン(またはジョン(전))やプッチンゲ(부침개)と呼ばれています。

ただ、チヂミは方言といっても、韓国ではこの呼び方を使う人は多いです。

また日本では、チジミではなくチヂミと書くのが一般的になっているそうですが、言葉って本当にややこしいですね^^;

チョン(ジョン)とプッチンゲの違い

次にチョン(ジョン)とプッチンゲの使い分けについてですが、まず語源の違いがあります。

チョン(ジョン)は元々漢字(煎)から来ている言葉で、プッチンゲはオリジナルのハングルです。

また、語源以外にもチョン(ジョン)とプッチンゲの違いには諸説があるそうで、

例えば、

  • チョン(ジョン):食材に衣をつけて焼いたもの
  • プッチンゲ:食材と粉を練り混ぜて焼いたもの

という違いがあると指摘する人もいます。

また、韓国人の妻の話に聞くと、ニュアンス的には、チョン(ジョン)という呼び名の方がより高級感があるとのことです。

具体的に言うと、チョン(ジョン)は韓国でもお祝いの日に出されるイメージがあり、プッチンゲは屋台などで安く売っているイメージがあるという感じです。

プッチンゲの方が混ぜ混ぜしているから、より庶民的な雰囲気になりやすいのかもしれませんね。

パジョンはチヂミの一種

また、パジョン(파전)は、ネギ(파)のジョン(전)という意味で、チヂミの一種ということになります。

ちなみに、チョン(ジョン)は単独で使うことは少なく、どちらかと言えば、食材の名称と組み合わせで呼ばれることが多いです。

他にも、

  • キムチジョン:キムチのチヂミ
  • センソンジョン:白身魚のチヂミ
  • プチュジョン:ニラのチヂミ
  • カムジャジョン:ジャガイモのチヂミ

などがあります。

違いなんてどーでもいい!?

ただ、実際に、韓国人である妻にこれらの違いについて聞いてみたところ、

「そんな細かいところまで考えなかったわ。。。 」

と話していました。

私自身、この記事を書く時は、曖昧な部分を出来るだけなくしたかったので、いろいろしつこく聞いていたら、

「うーん、そこまで考えると何か面倒くさい!」

と最後は怒られてしまいました^^;

日本人でも外国の人から、

  • 「開く」と「開ける」の違いはなあに?
  • 「が」と「は」はどうやって使い分けるの?

と聞かれたら、一瞬、戸惑うじゃないですか。

韓国人にとって、チヂミ・ジョン・プチンゲの違いを聞かれるのは、そんな感覚があるんだと思います。

チヂミの記事を書こうと思った理由

実は、今回、チヂミについて記事を書こうと思った理由は、先日、ブログで知り合ったお友達と、チヂミが美味しいソウルのお店へ行って来たからのですが・・・

チヂミの呼称の違いについて書いていたら、それだけで長くなってしまったので、お店についてはこちらの記事でご紹介しています。

>>チヂミが美味しいソウルの店~チョンジュジョンチプ

実際、おいしいチヂミを食べることが出来れば、チヂミの呼び名の違いなんて、どーでもいいと感じちゃうかもしれないですよね^^

合わせて読みたい記事