韓国のスイカは楕円形&あの特別な品種を遂にお試し!

スポンサードリンク

韓国でも日本でも夏になると食べたくなるのは、やっぱりスイカではないでしょうか。

私は果物(or野菜!?)の中で最も好きなのがスイカなので、夏は冷蔵庫にスイカがあると何となく気持ちが落ち着きます^^

ただ、韓国のスイカは基本的に楕円形のものが多かったりと、日本のスイカとは違うところも多いです。

さらに、先日、韓国である特別なスイカを食べたので、その感想もご紹介していきます。

韓国のスイカは楕円形

韓国のスイカの特徴は、何といっても形が楕円形というところです。

小さいスイカはまだ球形のものも多いのですが、大きくなればなるほど、楕円形になっていきます。

私も韓国で住む期間が長くなってきたので、頭の中で「スイカは楕円形」というイメージが定着してきました^^;

ただ、だからといってスイカの味や食べ方が変わるという訳ではありません。

でも、一つ気を付けないといけないのは、韓国ではスイカをちゃんと選ばないと、時々、かなり美味しくないスイカに巡り会ってしまうことがあるということです。

妻曰く、

「スイカは道端とかで買うよりも、ロッテスーパーとか有名スーパーで買った方が味に責任を持っているからおいしいのよ。」

とのこと。

確かに私自身、道端で安さにつられて果物を買って、何度、痛い目に遭ってきたことが(T-T)

実際、妻は、叩いたり、ツルやお尻の部分、そして縞模様をチェックしたりと、スイカ選びにはかなり精通しています。

ということでで、スイカを買う時は、妻が選び役、私が運び役と役割分担が明確に決まっています。

スポンサード リンク

韓国の特別なスイカを遂にゲット

実は、韓国に住みながら、前からずっと気になっていたスイカがありました。

それが深緑でほぼ黒に近いスイカです。

韓国 スイカ

ただ、お値段が韓国の一般的なスイカと比べて1~2割高いので、ちょっと敬遠していました。

しかし、先日、妻が気を利かせて、黒いスイカを買って来てくれたのです。

韓国 スイカ

このスイカは、韓国では무등산수박(無等山スイカ)と呼ばれているそうで、昔は君主に捧げるために使われていたほど価値のある品種なのだそうです。

また、栽培できる地域が限定されているため、生産量は多くなくて希少価値も高いとのこと。

さて、そんなスイカがどんな感じなのか、切ってみると・・・

鮮やかな赤色の果肉で、見るだけでもすごく美味しそうです。

実際に食べてみても、甘味がしっかりあって、ほどよい感じで熟していてすごく美味しかったです(^O^)

韓国のスイカは日本とかなり違うけれども・・・

韓国に旅行に来られた方は、スイカの形が日本と違ったり、日本では見ないような品種のスイカも見かけたりして、戸惑うこともあるかもしれません。

しかし、韓国にもおいしいスイカはたくさんあるので、是非、気軽に食べてみて下さい。

ただ、最近の韓国のスイカは値段が20,000ウォン(2,000円)ぐらいすることが多いので、そこら辺が結構ネックではあるんですけどね^^;


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

7 Responses to “韓国のスイカは楕円形&あの特別な品種を遂にお試し!”

  1. たく より:

    日本でもスイカの品種は多様ですよ。
    大きさも色々あります。
    でもまあるいのが多いですね。
    俵型もあります。
    最近ではさいころのような、四角いスイカも見かけます。
    これは、アクリルの板で強制的に四角くしているだけですが。
    日本には室町時代に伝わったようですが、
    韓国を経由して伝わったんでしょうね。
    日本人の好みとして、まあるいものを選抜していったんだと思います。
    韓国はあまり品種改良とか得意じゃない、好きじゃない?
    のような感じがしますので、楕円形のスイカはある意味
    原種に近いのかもしれません。

    • ケン より:

      たくさん

      コメントありがとうございます。
      四角いスイカは日本にいた時、テレビで見たことあります!
      ただ、ものすごく高いのでびっくりしちゃいましたけど・・・
      個人的にスイカは見栄えとかどうでも良くておいしければいいと思っています^^

  2. cda より:

    スイカの形は韓国のが本来のものと思います。

    メロンやウリの産地で有名な新疆ウイグル自治区のものも、楕円形だったり面長な形のが多いですし。

    韓国では日本でいうマクワウリもポピュラーだと聞いて、何とも懐かしく感じました。

    • ケン より:

      cdaさん

      コメントありがとうございます。
      スイカもいろいろな形のものがあるんですね~
      マクワウリは、韓国ではチャメと呼ばれていますが、小さいメロンみたいな感覚があって我が家の子供達も大好きです^^

  3. たく より:

    チャメは日本の銀泉マクワウリに似ていますね。
    菊メロンと黄マクワの雑種から育成されたとあります。
    種まで食べるのがポイント。
    日本では、プリンスメロンが開発、発売されて
    一気にマクワウリの人気は下がりました。
    日本では、種を食べないので
    チャメの果肉だけ食べてあまり美味しくないという人がいます。
    自分も最初そうでした^^
    でも日本で売られているチャメは高くて・・・

  4. たく より:

    http://www.sj.go.kr/S0001/page.jsp?site_id=S0001&mnu_uid=1262&&_sm_au_=iVVrNjNpHJ4s6ps6
    これを読むと、今日本ではタキイ種苗で発売されている「銀泉」が1950年半ばに日本から導入され、普及しとありますね。
    チャメは日本の品種由来のようですね。
    在来種は
    成歓マクワウリ(別名カエルマクワウリ)
    西マクワウリ
    ヨルゴルマクワウリ
    柿マクワウリ
    などがあるようですね。
    あまり出回らないでしょうが。

    • ケン より:

      たくさん

      すごーい!
      いろいろ調べて頂いてありがとうございます(^O^)
      ちなみに我が家ではチャメは種ごと食べていますね。
      消化にはあまり良くないですけど^^;

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

このページの先頭へ