キムパの作り方~旨味をアップするための秘訣は○○!

スポンサードリンク

今回は、韓国の人気レシピの一つであるキムパ(김밥)の作り方をご紹介していきます。

私が韓国料理の作り方をブログで書くなんて、本当に珍しいです^^;

ただ、少し前に妻が、たまたま韓国でキムパなどを販売しているお店で働く機会があり、その時、

「本当においしいキムパの作り方のコツが分かった!」

と言っていたので、そのコツを中心として、ざっくり書いていきます!

キムパの中に入れるもの?

キムパを作る際、中にどういったものを入れるか考えるところですよね。

我が家の場合は、こんな感じで入れているのでご参考にして下さい。

(もしかしたら、韓国でしか買えないものがあるかもしれないので、その時はゴメンナサイm(__)m)

  • チーズ
  • ニラ
  • にんじん
  • ハムを細長く切ったもの
  • ごぼう
  • カニカマ
  • 卵焼きを薄く焼いたもの
  • さつま揚げ(韓国風のうすいもの)
  • たくあん

※写真にはベーコンが入ってしまっていますけど、それは無視して下さいm(__)m

キムパをきれいに作るためのコツ

材料が揃ったら、いよいよキムパを作り込んでいきます。

巻き簾(まきす)の上に、海苔を一枚ひいて、その上にご飯を乗せます。

ご飯の分量は200gです。

そして後でキムパプが崩れないようにするには、端の部分のご飯をしっかり固めるのがコツです。

それから具をどんどん乗せていきます。

全部具を乗せたら、巻き込んでギュッギュッとしっかり固めていきます。

あとは、均等に切って完成です!

スポンサード リンク

キムパをおいしくするための秘訣

ここで、キムパをおいしく作るための秘訣を一つお伝えすると・・・

それはご飯に塩やゴマ油だけでなく、マーガリン(またはバター)を少し入れるということです。

マーガリンを入れることによって、旨味がグッとアップします。

もちろん、好みもあるかもしれませんが、私はこの隠し味のお陰で、キムパへの印象が大分良くなりました。

ですから、お試しの価値はあるかと思います^^

キムパ天国よりおいしいキムパのチェーン店は?

ちなみに、妻がおいしいキムパ作りのコツを身に付けたのは、ワンスニ チュモクパ キムパ(왕순이 주먹밥 김밥)キムパというチェーン店です。

キムパのお店というと、キムパ天国が有名でそのお店を韓国旅行で見かけた方は多いと思います。

でも、韓国では最近、キムパ天国より、ワンスニ チュモクパ キムパの方がおいしいと評判なんです^^

また、チュモクパプ(韓国風のおにぎり)も、日本のおにぎりとはまた違ったおいしさを味わえます。

あと、ここのチーズとんかつもなかなかうまいです^^

ですから、今度、韓国で、ワンスニ チュモクパ キムパを見かけたら、是非、一度、お試し下さい!


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

12 Responses to “キムパの作り方~旨味をアップするための秘訣は○○!”

  1. tokkanusa より:

    はじめまして、 

    最近、このサイトを知り読ませて頂いています。
    バターライス・・ 好きな人はとても好きですよね。 でも、김밥のごはんの隠し味にとは、知りませんでした。  野菜のニンジンやニラ、ゴボウは味付けはしないのですか?  ナムルにするのかなぁ~ と思っていました。  それから、ごま油の味、香りがする김밥が多いと思うのですが・・・  こちらでも、韓国マーケットにより、味が違います。 でも、3年ほど前に、釜山で食べた、김밥すごく美味しかったです。  そこはチェーン店ではなかったよな‥ でも、又いつか韓国へ行って、本場の김밥食べたいです!

    • ケン より:

      tokkanusaさん

      コメントありがとうございます!
      すみません。ゴマ油について書くの忘れたので、追記をさせて頂きましたm(__)m
      あと、妻に聞いたら野菜は味付けはしなくて大丈夫とのことです。
      確かに김밥って、食べる場所などによって、味がいろいろ違いますよね~
      私もこれを機においしい김밥を求めていこうと思います!

  2. タケ より:

    ソウルではキンパのやり方が変わってますね。

    僕の妻の姉は済州島でキンパ天国の経営をしていますが、人参、牛蒡は茹でてホウレン草を入れますね。おでんは入れません。マーガリンは、初めて聞きました!普通はごま油です。チーズを入れるとチーズキンパになり値段も1000wUPです。基本のキンパにトッピングする感じです。

    妻は、コブンミンキンパで働いていましたが、釜山では、キンパ天国よりコブンミンの方が流行っているようです。韓国は色々なキンパの店があり、それぞれのやり方があり、値段もそれぞれ、1000w~5000wまで。

    個人的には、キンパの店よりもコンビニが主流になってきて日本化していますので、三角キンパ(おにぎり)が子供たちのおやつがわりになりつつあるようです。

    • ケン より:

      タケさん

      コメントありがとうございます。
      失礼しました。正確にはゴマ油+マーガリンですね。
      ちなみに私と子供達は、チーズキムパが大好きです!
      ただ、お店で買う時は、チーズをちょっと入れるだけで1,000ウォンもアップするので、何だかもったいない気がして、元祖キムパを買うことが多いかも^^;
      あと、韓国の子供達は間食をよく取りますよね~
      おにぎり、ラーメン、トッポッキ。
      だから日本の子供たちよりも体が大きくなりやすいのかもしれません。

  3. 在韓10年以上 より:

    一般的にはほうれん草ですが、ニラを入れるんですか!
    (写真ではほうれん草に見えるんですが…)
    ケンさんのところのオリジナルかな?

    • ケン より:

      在韓10年以上さん

      ほうれん草は冬であれば良いのですが暑くなってくると腐りやすくなるので、代わりにニラを入れる人も多いです。
      特にニラは春が旬で栄養価が高いので、今回はニラという形でご紹介いたしました。

  4. おばあさん より:

    キンパの紹介ありがとうございます。日本の海苔巻きとは違うんですね。すし飯かと思ってました。この間行ったときそれでどうなのか買って食べようと思ってましたが、食べる機会が無くて。今度作ってみます。

    • ケン より:

      おばあさん様

      コメントありがとうございます。
      確かに韓国のキムパはすし飯は使わないですね^^
      あとは、かんぴょうとかも入れないですし、中の具も結構違うので、味も結構違うと思います。
      また機会がありましたら是非お試しください!

  5. 在韓10年以上 より:

    ニラ入りは初めて聞いたので、なるほどそうですか。
    考えてみるとほうれん草よりは扱いやすいかも。
    こちらのニラは日本より1束あたりの量が多いので、湯がいたものは今回のように具でなくて、ナムル(和え物)にしてもよさそうですね。
    生のニラを3cmぐらいに切って和え物にしたのが出る食堂もあります。食べ付けてない人には刺激が強すぎて、多く食べるとお腹の調子が…ということも。

  6. スホママ より:

    おはようございます。同じく韓国在住の主婦です。九里市の近くに住んでおります。4月1日の記事を読みました。我が家も長男の国籍の件で悩んでいて もしよろしければアメリカ留学の件も含めて アドバイスお願いできないでしょうか

  7. 香菜子KANAKOREALOVE より:

    先日韓国で食べたカリフォルニアロールの美味しさが忘れられません。私はアボガドラブなので、カリフォルニアロールがもともと好きだったのですが、韓国で食べたカリフォルニアロールは人生最高の味でした。何が違うのかなあ???と不思議に思ってるんです。

    • ケン より:

      香菜子KANAKOREALOVEさん

      コメントありがとうございます。
      そうだったんですね!
      実は、私も妻もアボガドラブなのですが、韓国ってアボガドが1個、2,000~3,000ウォン(約200~300円)ぐらいしてムチャクチャ高いんですよね。
      日本と韓国のカリフォルニアロールの違いは私もよく分からないのですが、少なくてもアボガドの値段だけは不思議なくらい全然違います(T-T)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

このページの先頭へ