今回は、韓国の人気レシピの一つであるキムパ(김밥)の作り方をご紹介していきます。

私が韓国料理の作り方をブログで書くなんて、本当に珍しいです^^;

ただ、少し前に妻が、たまたま韓国でキムパなどを販売しているお店で働く機会があり、その時、

「本当においしいキムパの作り方のコツが分かった!」

と言っていたので、そのコツを中心として、ざっくり書いていきます!

キムパの中に入れるもの?

キムパを作る際、中にどういったものを入れるか考えるところですよね。

我が家の場合は、こんな感じで入れているのでご参考にして下さい。

(もしかしたら、韓国でしか買えないものがあるかもしれないので、その時はゴメンナサイm(__)m)

  • チーズ
  • ニラ
  • にんじん
  • ハムを細長く切ったもの
  • ごぼう
  • カニカマ
  • 卵焼きを薄く焼いたもの
  • さつま揚げ(韓国風のうすいもの)
  • たくあん

※写真にはベーコンが入ってしまっていますけど、それは無視して下さいm(__)m

キムパをきれいに作るためのコツ

材料が揃ったら、いよいよキムパを作り込んでいきます。

巻き簾(まきす)の上に、海苔を一枚ひいて、その上にご飯を乗せます。

ご飯の分量は200gです。

そして後でキムパプが崩れないようにするには、端の部分のご飯をしっかり固めるのがコツです。

それから具をどんどん乗せていきます。

全部具を乗せたら、巻き込んでギュッギュッとしっかり固めていきます。

あとは、均等に切って完成です!

キムパをおいしくするための秘訣

ここで、キムパをおいしく作るための秘訣を一つお伝えすると・・・

それはご飯に塩やゴマ油だけでなく、マーガリン(またはバター)を少し入れるということです。

マーガリンを入れることによって、旨味がグッとアップします。

もちろん、好みもあるかもしれませんが、私はこの隠し味のお陰で、キムパへの印象が大分良くなりました。

ですから、お試しの価値はあるかと思います^^

キムパ天国よりおいしいキムパのチェーン店は?

ちなみに、妻がおいしいキムパ作りのコツを身に付けたのは、ワンスニ チュモクパ キムパ(왕순이 주먹밥 김밥)キムパというチェーン店です。

キムパのお店というと、キムパ天国が有名でそのお店を韓国旅行で見かけた方は多いと思います。

でも、韓国では最近、キムパ天国より、ワンスニ チュモクパ キムパの方がおいしいと評判なんです^^

また、チュモクパプ(韓国風のおにぎり)も、日本のおにぎりとはまた違ったおいしさを味わえます。

あと、ここのチーズとんかつもなかなかうまいです^^

ですから、今度、韓国で、ワンスニ チュモクパ キムパを見かけたら、是非、一度、お試し下さい!

合わせて読みたい記事