韓国のかぼちゃ粥の簡単な作り方のレシピ!巨大かぼちゃで挑戦


韓国 かぼちゃ粥

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

寒くなってくると、体が温まる食べ物が恋しくなってきますよね。

そんな方にお勧めしたいのが、韓国のかぼちゃ粥です。

韓国語で“호박죽(ホバクチュク)”と言います。

今回は、韓国のかぼちゃ粥の作り方のレシピや、気になる効能やカロリーについても解説をしていきます!

あと、韓国でよく見かける巨大かぼちゃについてもご紹介していきますので、是非、ご参考にして下さい。

韓国のかぼちゃ粥の作り方

まず、かぼちゃ粥の作り方について、簡単に説明していきます。

かぼちゃ粥は、いろいろな味付けをしたり、道具を使ったりする方法がいろいろあります。

ただ、今回は、出来るだけシンプルに、そして簡単に作れる方法をご紹介していきますね。

材料を準備

かぼちゃ粥を作る際に、最低限、必要なものは以下の4種類です。

  • かぼちゃ:400~450g
  • 米粉または小麦粉:大さじ2杯
  • 砂糖

誰でも気軽に作れるよう、出来るだけ絞ってみました。

かぼちゃを切って煮込む

まず、かぼちゃを3~4cmぐらいの大きさに切ります

その際、かぼちゃの皮もちゃんと剥いておくこともお忘れなく。

そして、切ったかぼちゃを鍋に入れて煮込みます。

水の量は、400~500ccぐらいで、ちょうどかぼちゃが水に浸るぐらいの量があればOKです。

そして、かぼちゃが柔らかくなるまでひたすらグツグツ煮込み続けます。

かぼちゃをつぶす

かぼちゃがある程度、柔らかくなってきたら、しゃもじなどを使って、かぼちゃをつぶしていきます

しっかり、煮込んでいけば、そんなに力を入れなくても、どんどんつぶれていきます。

米粉または小麦粉で仕上げる

最後に、米粉や小麦粉を水に溶かしてから、かぼちゃの中に流し込みます。

本来であれば、米粉の方が良いのですが、我が家では、今回、小麦粉を使いました。

砂糖と塩で味付け

最後に砂糖と塩で味付けをします。

かぼちゃ粥の甘い味を出すために、砂糖は少し多めに入れて、塩で少し締めるというイメージです。

そして、しっかりかき混ぜたら、完成です!

かぼちゃ粥は、こんな感じで、簡単に作れるので、よろしかったら是非、チャレンジしてみて下さい。

かぼちゃ粥を韓国語で

ここで、少し、かぼちゃ粥の韓国語での表現についてお伝えしておくと、かぼちゃ粥は、韓国語で、“호박죽(ホバクチュク)”と書きます。

“호박(ホバク)”とは、韓国語で「かぼちゃ」を意味します

そして、最後の“죽(チュク)” はお粥という意味です。

日本でかぼちゃというと、緑色の皮に包まれたかぼちゃが種類ですが、韓国の場合は、大きく2種類に分かれます。

一つは日本と同じような種類のかぼちゃです。

そして、もう一つは、オレンジ色の皮のもので、緑色の皮のかぼちゃの2~3倍ぐらいの大きさです

秋になると、特大級のかぼちゃが、お店に並ぶようになります。

普通のかぼちゃがとても小さく見えます^^;

また、参考までの1,000ウォン札と比べたら、これぐらいの違いがあります。

まさに、ハロウィンで出て来るようなかぼちゃですね^^

このかぼちゃを切ってみると、中身はこんな感じです。

煮込む前から、オレンジ色が強い感じです。

今回のかぼちゃ粥は、このハロウィン級のかぼちゃから作りましたが、これ一つを全部、かぼちゃ粥にしたら、ムチャクチャたくさん作れそうですよね^^;

ちなみに、我が家では、余ったかぼちゃで、“호박전(ホバクジョン)”というかぼちゃのチジミを作りました。

巨大かぼちゃがあると、食卓がかぼちゃ料理三昧になる可能性大です^^;

エホバクはかぼちゃの仲間

韓国 エホバク

あと、韓国には、“애호박(エホバク)”と言って、「韓国かぼちゃ」とも呼ばれる野菜があります。

ズッキーニと訳されることもありますが、実際はズッキーニとは別のものなんだそうです。

エホバク自体は、かぼちゃの仲間ではありますが、かぼちゃではありません

ちなみに、私は、エホバクの天ぷらがムチャクチャ大好物なので、ご紹介いたしました^^

かぼちゃ粥のお味は?

気になるかぼちゃ粥の味ですが・・・

かぼちゃ粥は、かぼちゃ本来の甘味にさらに砂糖を加えているので、かなり甘く感じます

韓国料理と言えば、辛いというイメージが強いですが、かぼちゃ粥は、とことん甘いという感じです。

そして、お粥なので、とろりとして、滑らかな味わいです。

ただ、もしかしたら、かぼちゃ粥の甘さは、好き嫌いが分かれるかもしれませんね

我が家だと妻は好きだけれども、子供達は苦手という感じです^^;

ただ、我が家のかぼちゃ粥が特別に甘い訳ではなく、外でかぼちゃ粥を注文しても、やはり甘いです。

ですから、甘すぎるのが苦手という方は、少し塩の量を増やすと良いかもしれません

かぼちゃ粥の効能は?

韓国のかぼちゃ粥は、甘みのある味を楽しむのも良いですが、その効能も注目すべき点があります。

かぼちゃ粥は、繊維質が豊富で、腸の運動を促進してくれるので、便秘の予防に効果的です

また、体内の老廃物を輩出するデトックス効果も見込めます。

さらに、ビタミンAが豊富なので、目の疲労回復にも効果があると言われているんですね。

韓国のかぼちゃ粥のカロリーは?

韓国のかぼちゃ粥のカロリーですが、200gで230カロリー程度になると言われています。

ちなみに、韓国には、かぼちゃ粥と並んで、“팥죽(パッチュク)” と呼ばれるあずき粥も人気ですが、あずき粥だと200gで270カロリー程度です。

また、参考までに韓国のカルグクスは、一人分で420カロリー程度となっています。

こうやって比べてみると、ヘルシーな食べ物だと言えますよね^^

まとめ

かぼちゃ粥は、かぼちゃ意外に、米粉(小麦粉)、砂糖、塩があれば、簡単に作れる料理です。

栄養価も高くヘルシーなので、健康志向の方にもおすすめです。

秋が深まれば、かぼちゃ粥が美味しい季節になってきますので、よろしかったら、是非、試してみて下さい。

また、秋に韓国へ来られる機会があれば、是非、スーパーで、巨大かぼちゃを見つけてみて下さい。

マジでデカいですから^^

↓いつも応援して頂き、本当にありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

合わせて読みたい記事





次の記事: »

前の記事:«

2 Responses to “韓国のかぼちゃ粥の簡単な作り方のレシピ!巨大かぼちゃで挑戦”

  1. たく より:

    エホバクってズッキーニみたいですね。

    昨日はハングル能力検定試験でした。
    準2級は、聞き取りはまぁまぁだったのですが、筆記で点が取れず。
    60点であと10点足らず。
    でも今までで一番点が取れた。
    来春には合格したいです。

    • ケン より:

      たくさん

      エホバクの天ぷらはマジで美味しいので機会があれば、是非、お試しください^^

      たくさんがコツコツと韓国語を学んでいかれる姿勢は本当に素晴らしいと思います!
      私も、韓国語の記事を書く時ぐらいしか、韓国語をしっかり勉強していないので、
      がんばりますm(__)m

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ