こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

実は先日、事情があって韓国の高校2年生の長男と日本へ一時帰国していました。

長男にとっては4年半ぶりに日本となった訳ですが、私自身、韓国の生活にすっかり慣れた長男のリアクションが気になっていました。

実際、息子は日本の街並みなどを韓国と比較して、私の予想以上にびっくりしていたので、その内容をお伝えしていきます。

韓国と比較した日本の街並みの美しさに感動

まず、ホテルまでの道のりを一緒に歩いていると、高校生の長男はそれだけで感動していました。

「すごい!道にゴミが全然ないじゃん~」

韓国にずっといた立場から日本を見ると、日本の街並みは、ものすごく美しく見えるようです。

「韓国の街並みでは、皆すぐ道にゴミを捨てるし、生ごみが散乱しているところも多いし、本当に汚いよね・・・」

まあ、否定はしません^^;

そして、長男が、

「この風景って、美術作品だよね~」

と言いながら、日本の町並みを大絶賛していたのですが、その風景がこちら

日本ではありきたりの街並みの風景かしれません。

しかし、韓国人が見たらものすごく感動するそうです

そして、長男は日本のあるシステムを大絶賛していました。

そのシステムとは・・・

ゴミステーションです。

韓国では決められた電柱の回りなどにゴミを置くのが一般的なスタイルなので、どうしても見栄えが悪くなってしまいます。

でも、日本はゴミステーションを設置して、ゴミと道の境界線をしっかり作っているので、その分、街がキレイになっているのだと思います。

ちなみに韓国の街並みはこんな感じでかなり汚いです。

なぜ、韓国の街並みがこうなってしまうかは、ゴミ事情に原因があるのですが詳しくはこちらの記事で紹介しています。

>>韓国のゴミ事情~分別方法から粗大ゴミエピソードまで

何でスプーンがないの?

その一方で、長男は日本のあることにすごく不便さを感じていました。

昼に松屋へ牛丼を食べに行った時のことです。

そこで大盛牛丼をガツガツ食べていた長男が一言

「あれっ、スプーンないの?」

でも松屋にはスプーンがなくて、使えるのは箸だけです。

そこで私もあることに気が付きました。

日本ではご飯が少なくなってきたら、お椀を手に持ってかきこむ人も多いかと思います。

でも、韓国では食事中にお椀を手に持つことは行儀が悪いと見なされてしまいます

その代わり、スプーンが必ず用意されているので、スプーンを使って最後までキレイに食べるのが結構一般的になっているように思います。

一応そのことも長男に説明したのですが、それでも長男は最後まで

「なんか、うまく食べられない・・・」

とボヤいていました^^;

韓国から見た日本はスゴかった

高校生の長男は、最近、「食べ物が辛くないと何かおいしくないんだよね~」と言いながら、辛いインスタントラーメンに更に唐辛子を切って入れるなど、ますます韓国化しています。

そんな長男にとって、今回の日本訪問は、かなり刺激的で楽しい旅になったようです。

それにしても、韓国から見た日本はやっぱりスゴイと思います。

あとは、交通費さえ安くなってくれれば最高なんですけどね~^^;

合わせて読みたい記事