韓国のラーメンと日本のラーメンとの違い

スポンサードリンク

週末、日本のラーメン通の先輩と渋谷で人気のラーメン店へ一緒に行って来ました。

IMG_5191

久し振りのハチ公は、何だかとても新鮮です^^

先輩が紹介してくれたラーメン店はさすが人気店とだけあってお客さんがズラッと並んでいました。

IMG_5199

ただ、そうやって行列で待ちながらラーメンを食べることが自体が、外国からやってきた人には新鮮なんだと改めて実感しました。

待つこと約50分、遂にラーメンを頂ける時がやってきました!

IMG_5196

麺もうまかったですが、スープが無茶苦茶美味かったです!

体にはあまり良くないと思いつつも、ついついスープをグイグイ飲んでしまいます。

ラーメン通の先輩は、「うーん、これは飽きが来ないし、家庭では出せないけれども、家庭的で幸せな気持ちになれるラーメンだなあ」と独特の解説をされていました。

そういったラーメン通の方のお話を聞きながらラーメンを食べると益々おいしく感じます^^

スポンサード リンク

日本のラーメンに対する情熱はすごい!

久し振りに日本へやってくると、日本のラーメン文化は、すざましいと実感します。

気持ちの込め方が、全然違うというか、はっきりいって命掛けていますよね~

韓国では、ラーメン=インスタントラーメンなので、私も以前、韓国人の妻に「昼食はラーメンだった」という話をすると、
「なんでそんな栄養のないものを食べるの」と時々怒られていました^^;

でも、日本のラーメン屋のラーメンはこだわりと真剣さが前々違いますから!

海外で有名な日本の料理と言えば、やはり寿司が有名ですが、これからラーメン文化ももっともっと評価されていけばいいなあと思っている次第です!


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

4 Responses to “韓国のラーメンと日本のラーメンとの違い”

  1. リュウ より:

    ケンさんこんにちわ!
    スープが入っていない袋ラーメンをご存知ですか、麺だけのやつ。
    それを鍋の〆に入れたり、自家製キムチラーメンを作ったり、皆さんけっこうラーメン好きですよね。
    以前に日本でラーメン修行をされてきたという方が、ソウルで家系ラーメンを模して頑張っているお店の番組を見ました。
    お客さんの入りも良くてなかなかの盛況ぶりでしたが、漬け卵で苦労しているようでした。
    そして韓国でも1人食のニーズが増えてきているように感じます。そこから見るとラーメンカテゴリーもこれから来るような気もしますが、いかんせんラーメンのイメージが低いというか、奥さまのおっしゃられた通りのイメージなんですよね。
    ケンさんに美味しそうな写真を見せられてしまったので、当地で唯一の博多ラーメンっぽいお店(あのお店です)にこれから行ってきますよ笑

  2. ケン より:

    リュウさん
    コメントありがとうございます!
    是非、韓国でもおいしいラーメン屋を開拓していって下さい^^
    リュウさんのおっしゃる通り、1人食のニーズが増えているという話は私も聞いています。
    昔は、カウンター席を設けたら、そのお店は潰れると言われていたそうですが、最近は、時代が変わって来ているみたいですね~
    吉野家、松家、すき家、そしてラーメン屋、韓国にドンと来いです(´・ω・`)

  3. リュウ より:

    ケンさんこんばんわ!
    たびたびすみません!
    どうやら、新しいラーメン店を開拓しろとのご指示をいただいた(ような気がします笑)ので、さっそく見つけました。
    その名も、すずらん!
    朱安駅のちかくにあって、インターネットで見るかぎり日本語でラーメンの登りや鈴蘭と書いたのれんなど、行ってみる価値ありそうなので、近日中に行ってきます!
    ちなみにキャメルクラッチマッサージ店の近くのようです笑
    以前の画像ですが、ラーメン雄太郎の画像を添付させていただきます。
    https://imgur.com/a/f2z9d

  4. ケン より:

    リュウさん
    コメントありがとうございます。
    なかなかおいしそうなラーメンですね!
    ちなみに私は、日本滞在中に、しょうゆラーメン、塩ラーメン、豚骨ラーメン、つけめんとすべて制覇しました。
    この勢いで、韓国ラーメンに挑戦しちゃうかもです^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

このページの先頭へ