韓国の柿は、どーろどろ

スポンサードリンク

今の季節、日本でもそうだと思いますが、韓国でも柿がすごくおいしいです。

日本だと、ちょっと固めの柿が、主流という感じですが、韓国では少し感じが違います。

韓国のスーパーでよく見かけるのが、대봉감(テボンガム)という柿です。

IMG_1978

日本の柿と、どのように違うかというと、この柿は、中味がどろどろしています。

日本の感覚で言えば、腐りかける直前というか・・・

実は、私、このタイプの柿が大好きなのです。

このタイプの柿は、冷蔵庫に入れておいて、手で皮を向き、スプーンですくって食べます。

IMG_1936

このトロトロとした甘みが、実に美味いんですよね。

やわらかくなる前の柿を食べると・・・

実は、私の妻の実家でも、テボンガムを栽培しており、先日、たくさんその柿をもらって来ました。

そして、柿がだんだん柔らかくなってきたものから、順番に食べていたのです。

しかし熟すのを待ちきれなくなってしまった私は、多少柔らかくなっているのではという柿を見つけて、食べてみました。

すると・・・

「シブ・・・」

驚くほどの渋柿ぶりにびっくりしてしまいました。

そうなんです。この柿は、熟さないとおいしくならないのです。

ちゃんと熟しているかどうかは、妻が、柿を手で包み込んで、軽く回りから、押してみて、その感覚で、食べても良いか判断します。

でも、私には、その感覚がよく分かりません。

妻曰く、

「私は、田舎出身だから、よく分かるのよ」

とのこと^^;

もし、韓国に来られる機会があったら、是非、日本ではあまり味わえない、このどーろどろの柿を味わってみてください。

まあ、好みにもよると思いますが、ハマる人はかなりハマると思いますよ^^


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

このページの先頭へ