韓国の柿はホンシがおすすめ!どろどろした感じが美味しい!


こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

今の季節、日本でもそうだと思いますが、韓国でも柿がすごくおいしいです。

日本だと、ちょっと固めの柿が、主流という感じですが、韓国ではホンシという熟した柿が人気です。

今回は、そんな韓国で人気の柿についてお伝えしていきます。

韓国の柿はホンシが多い

韓国のスーパーでよく見かけるのが、ホンシ(홍시)という柿です。

韓国 柿

ホンシ(홍시)とは、漢字では紅柿と書きますが、いわゆる熟した柿を意味します

ですから、この柿は、中味がどろどろしています。

日本の感覚で言えば、腐りかける直前というか・・・

実は、私、このタイプの柿が大好きなのです。

韓国のホンシの食べ方

このタイプの柿は、冷蔵庫に入れておいて、手で皮を向き、スプーンですくって食べます。

韓国 柿

普通に皮をむいて切ろうとしても、すぐ形が崩れてしまいますから^^;

それでも、ある程度、固さが残っていれば、皮をむいた後、ガブって食べちゃいます。

とにかく、このトロトロとした甘みが、実に美味いんですよね

ホンシになる前の柿を食べると・・・

実は、私の妻の実家でも、柿を栽培しており、先日、たくさんその柿をもらって来ました。

そして、柿がだんだん柔らかくなってきたものから、順番に食べていたのです。

しかし熟すのを待ちきれなくなってしまった私は、多少柔らかくなっているのではという柿を見つけて、食べてみました。

すると・・・

「シブ・・・」

驚くほどの渋柿ぶりにびっくりしてしまいました。

実は、ホンシにしている柿は、元々、대봉감(テボンガム)という種類の柿なのですが、この柿は、熟さないとおいしくならないのです

ちゃんと熟しているかどうかは、妻が、柿を手で包み込んで、軽く回りから、押してみて、その感覚で、食べても良いか判断します。

でも、私には、その感覚がよく分かりません。

妻曰く、

「私は、田舎出身だから、よく分かるのよ」

とのこと^^;

もし、韓国に来られる機会があったら、是非、日本ではあまり味わえない、このどーろどろの柿を味わってみてください。

まあ、好みにもよると思いますが、ハマる人はかなりハマると思いますよ^^





次の記事: »

前の記事:«

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ