韓国のじゃがいも料理ってどんなものがある?

スポンサードリンク

先日、妻の実家から大量のじゃがいもが送られて来ました。

その数、なんと段ボール2箱分

もう、本当に感謝、感謝、感謝(*´▽`*)

という気持ちと同時に、

「さて、このじゃがいものを腐らせないで、全部、食べきるにはどうすれば良いか・・・」

という責任感も湧きあがって来ました。

実は、以前も、田舎から大量のじゃがいもが送られて来たことがあったのですが、結局、最後まで食べきれないまま、一部のじゃがいもが、ふにゃふなになって芽を出して来てしまった苦い体験があったからです。

もちろん、ご近所の方にもおすそ分けをしましたが、それでも、まだたくさんのじゃがいもが残っています。

そこで、妻のじゃがいも料理大作戦が始まりました。

韓国で作れるじゃがいも料理一覧

日本でも、いろいろなじゃがいも料理がありますよね。

私の妻も日本に10年住んでいたので、日本のじゃがいも料理を作ってくれることはよくあります。

ただ、韓国で料理をすると、材料の関係からちょっと事情が違ったりもするので、その点も含めてご紹介していきます。

ポテトサラダの味は微妙!?

まず、妻が作ってくれたのは、私の大好物であるポテトサラダです。

ただ、韓国でポテトサラダを作る場合、一つ問題点があります。

それは、韓国のマヨネーズは味がイマイチだということ。

なので、ポテトサラダを作っても、少し味気なくなってしまいます。

ちなみに、韓国にもポテトサラダはありますが、マヨネーズの味を活かすというよりは、リンゴ、キュウリ、ピーナッツなど、いろいろなものを混ぜて、そちらで味をアピールしていくような感じになっています。

韓国でも再現できる肉じゃが

材料の問題で、日本では再現が難しい料理もあるのですが、肉じゃがは、韓国でもしっかり再現することが出来ます。

韓国でもおいしい肉じゃがが食べられることは、本当にありがたいことです。

タットリタン

タットリタンは鶏肉とじゃがいもをメインとした韓国料理です。

ちなみにタットリタンを作ると、我が家の子供たちは、肉ばかり先に食べるので、いつも、じゃがいもばかりが最後に残ってしまいます・・・

また、我が家の場合、私が娘が辛い物が苦手なので、辛くないバージョンのものも作ってくれます。

妻よ、ありがとうm(__)m

高速道路のサービスエリアでもお馴染みのトンカンジャ

韓国の高速道路のサービスエリアに行くと、よく売っているじゃがいも料理があります。

それがトンカンジャといって、ジャガイモを塩茹でした後、揚げたものだと一般的に言われています。

私は、このトンカンジャも大好きなのですが、そんな私のニーズに妻が応えてくれました。

トンカンジャの作り方はこちらの動画でも紹介されていますが、てんぷらみたいに揚げるのではなく、バターを溶かしながら、ほくほくにしていくという感じです。

家族みんなが大好きなカムジャジョン

トンカンジャは私だけが好きなのですが、子供たちも大好きなじゃがいも料理があります。

それが、カムジャジョンです。

カムジャジョンは、じゃがいもを大根おろしみたいに、おろして、あとはフライパンで焼くだけです。

おろした後に、いろいろな具材と混ぜる人もいますが、我が家のカムジャジョンは、一番、単純なパターンです。

また、途中から、飽きが来ないように、妻は、チーズも乗せ始めたのですが、そうすると、かなりおいしくなります^^

香ばしいカムジャポックム

カムジャポックムも韓国の代表的なじゃがいも料理で、じゃがいもを細切りにして、ニンニクと一緒にコチュカルで炒める料理です。

もちろん、こちらも塩コショウや醤油で味付けた辛くないバージョンを作ってもらいます。

妻は、いつも辛くないバージョンを作らないといけないので、本当に大変です。

カムジャクク

こちらは、じゃがいものスープですね。

娘自作のポテトチップ

お菓子好きの娘は、自分でポテトチップを作っていました。

こんな感じで、最近の我が家の食卓は、じゃがいも三昧です。

さすがに、子供達は、じゃがいも料理のオンパレードに微妙な反応を始めているのですが、お陰様で、最近は、食費を節約できて、大助かりです。

あと、妻が田舎から送られて来たじゃがいもから、面白いじゃがいもを見つけました。

ミッキーマウスじゃがいもと、雪だるまじゃがいも

こういったスーパーでは、絶対、売っていないようなじゃがいもを楽しめるのも、田舎から送られて来たじゃがいもの醍醐味なのかもしれません^^


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

6 Responses to “韓国のじゃがいも料理ってどんなものがある?”

  1. cda より:

    産地直送のジャガイモだから中身が安心ですね。
    韓国でジャガイモは何という品種がメジャーなのでしょうか?

    • ケン より:

      cdaさん

      コメントありがとうございます。
      あっ、品種のことはまったく考えていませんでした^^;
      妻に聞いたら、江原道じゃがいも(カンウォンドカムジャ)が有名とのことです。
      いわゆる北の方のじゃがいもの方がおいしいとのことで、ここら辺は北海道のじゃがいもが美味しいということと同じ論理ですね!

  2. たく より:

    マヨネーズがいまいちなのですか?
    日本製のマヨネーズも売っているような気もしますが。
    いっそのこと、マヨネーズは手作りにするとか。
    意外と簡単にマヨネーズは作れるみたいですよ。
    カレーは作らないのですね。
    あとコロッケとか。
    見た感じは男爵系というか、メークイーンとは違うようですね。
    いろいろと楽しめそうですね。

    • ケン より:

      たくさん

      コメントありがとうございます。
      韓国のマヨネーズは、日本のマヨネーズに比べると、何か抜けたような味なんですよね~
      韓国でも日本のマヨネーズが売っているお店はあるのですが、結構、限られています。
      カレーは、私は大好きなのですが、なぜか子供たちは韓国へ来てカレーが大嫌いになりまして・・・
      (その理由は現在研究中です)
      あと、コロッケを忘れていましたね。
      我が家では、コロッケをまとめて作って冷凍庫で保存しておいたりするのですが、作るのがかなり大変なので、妻も作るのは少し勇気が必要みたいです^^;

  3. Meg より:

    韓国のじゃが芋、写真では皮も中身も日本より色白に見えますが、味は違いますか?
    カムジャジョン大好きで作りますが、カルディにカムジャジョン粉が売っていて、ついついそちらを買ってしまいます。
    トンカムジャ美味しそうですね!今度作ってみます。
    それにしても奥様、辛いのと辛くないの2パターンつくられてるなんて優しい方ですね!!

    • ケン より:

      Megさん

      コメントありがとうございます。
      じゃがいもが白く見えるのは写真写りのせいかもしれません^^;
      味的には、あまり変わらないかなって思います。(あくまでも個人の感想ですけど)
      妻からは「あなたが韓国人だったら、毎日感動するような韓国料理を作って上げられるのに」とよく皮肉を言われます。
      国際カップルあるあるですね(笑)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ