これから 韓国語

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国で「これから」という時、3つぐらいの表現があります。

一見、似たような表現にも見えますが、実は、いろいろ違いがありまして。

そこで、今回は、それぞれの表現と違いについて、例文も交えて分かりやすく解説をしていきます。

「これから」という意味の韓国語

앞으로(アップロ)


“앞으로(アップロ)”は、これからの将来に対して話す時によく使います。

例えば、初対面の時や、自己紹介をする時に、

ハングル 앞으로 잘 부탁합니다.
カタカナ アップロ チャル プッタカムニダ
日本語訳 これから、よろしくお願いします。

という感じで、“앞으로(アップロ)”を使ったりします。

また、以前とは違うことを決心したり、覚悟したりするなど、自分の意志をしっかり示す時にも、使います。

ハングル 앞으로 똑바로 살아.
カタカナ アップロ トッパロ サラ。
日本語訳 これから、ちゃんとやりなさい。

誰かにはっぱをかけたり、命令するように言ったりする時は、“앞으로(アップロ)”を使った方が、意味がよく伝わります。

ハングル 앞으로 열심히 하겠습니다.
カタカナ アップロ ヨルシミ ハゲッスムニダ
日本語訳 これから、一生懸命がんばります。
ケン

このように、意志を強く表したい時は、“앞으로(アップロ)”を使うと便利です。

지금부터(チグムプト)


“지금부터(チグムプト)”は、何らかの行動や状況が始まる時、或いは何かを始める時に使います。

“지금(チグム)”は、「今」という意味もあるので、“지금부터(チグムプト)”は、「これから」とも訳せますが、より正確に訳すとすれば「今から」と言った方が近いかもしれません。

或いは、他の「これから」と訳せる表現との違いをもっとハッキリさせるのであれば「今、この瞬間から」と言っても良いでしょう。

ハングル 지금부터 시험을 시작하겠습니다.
カタカナ チグムプット シホムル シジャクカゲッスムニダ
日本語訳 今から、試験を始めます。

例えば、学校での試験をする時は、開始時間が、はっきり決まっているので、この時は、“지금부터(チグムプト)”を使います。

ハングル 지금부터 청소를 할테니까 좀 도와줘
カタカナ チグムプット チョンソルル ハルテニカ チョム トワジョ
日本語訳 これから、掃除をするから、ちょっと手伝って。

私自身、週末に「ブログ頑張って書くぞ~」というタイミングで、こう言われて、後ろ髪を、引かれる思いになる時は、よくあります^^;

ハングル A: 언제 와요?
B: 지금부터 갑니다.
カタカナ A: オンジェ ワヨ?
B: チグムプット カムニダ
日本語訳 A:いつ来るの?
B: 今から行きます。
ケン

こんな感じで、「今」という瞬間を強調したい時は、“지금부터(チグムプト)”を使うのが良いですね。

이제부터(イジェプト)


“이제부터(イジェプト)”も「これから」と訳せますが、少し時間的な幅を持たせたい時に使います

“이제부터(イジェプト)”の“이제(イジェ)”も“지금부터(チグムプト)”の“지금(チグム)”も、「今」と訳せる韓国語です。

ただ、この二つの単語を比較すると、

  • 지금(チグム):文字通りの“今”
  • 이제(イジェ):もう少し範囲が広い意味での“今”

という違いがあります。

ハングル 이제부터 외국에서 사는 사람들이 많아질 거예요.
カタカナ イジェプト ウェグゲソ サヌン サラムドゥリ マナジル コエヨ
日本語訳 これから、外国で暮らす人達が増えるでしょう。

こちらの例文で、「これから」と言った場合、必ずしも、今この瞬間ではないですよね。

このように開始のタイミングの期間に幅を持たせたい時は、“이제부터(イジェプト)” を使います。

ハングル 이제부터 일이 바빠질거야.
カタカナ イジェプト イリ パッパジルコヤ
日本語訳 今から、仕事が忙しくなるよ。

もし、「今、この瞬間から」という意味合いで使いたければ、“지금부터(チグムプト)”の方が良いでしょう。

ただ、「今の時期から」と、少し幅を持たせたい時は、“이제부터(イジェプト)”を使うのが良いと言えます。

まとめ

韓国語で「これから」という表現を使う場合、大きく分けて以下の3つの表現がありますが、以下のような違いがあります。

  • 앞으로(アップロ):これからの将来について話す時や意思を示す時
  • 지금부터(チグムプト):開始の時間がはっきり決まっている時
  • 이제부터(イジェプト):始まりの起点に時間的な幅を持たせたい時
ケン

基本的には似たような意味ですが、厳密に見ると、いろいろな違いが出て来るので、ご参考にして下さい。

↓いつも応援して頂き、本当にありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

合わせて読みたい記事