韓国語のパリパリの意味&パリパリ文化(精神)のあるあるパターン


韓国 パリパリ

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国にいると、「パリパリ」という韓国語を使ったり、聞いたりすることはとても多いです。

かくいう私も、家で子供達がのろのろしていると「パリパリ」とついつい言ってしまうのですが^^;

そこで、今回は「パリパリ」の意味やパリパリ文化のあるあるパターンについてお伝えしていきます。

パリパリの意味

「パリパリ」は韓国語で、“빨리 빨리”と書く副詞です。

日本語の意味は、「早く早く」です。

もちろん、「パリ(빨리)」と一回だけ使っても大丈夫ですが、本当に急いで欲しい時は、「パリパリ」と2回続けて言います

韓国人は基本的にせっかちで、「パリパリ」と言う時が多いので、韓国は「パリパリ文化(빨리 빨리 문화)」の国だと言われています

※韓国ではパリパリ精神(빨리 빨리 정신)という言葉はありません。

パリパリは発音に注意

ここで気を付けないといけないのは「パリパリ」の発音です

韓国語の“빨리 빨리”は、濃音とパッチムという日本語では普段使わない発音方法が2つも入っているからです。

まず、「パ」の部分は韓国語で“빠”に該当しますが、これは濃音と呼ばれ、息をほとんど出さずに発音します。

ちなみに、私は以前、韓国語の先生から、ティッシュペーパーを口の前に垂らして、紙が揺れないように発音して下さいと言われました^^

あと、「リ」の部分は、韓国語で“ㄹ리”に該当しますが、正確には、「rリ」と小さなrの発音が入ります。

パリパリの例文

パリパリは、生活のシーンでもよく使います。

  • 빨리 빨리 먹어.(パリパリ モゴ):早く食べなさい。
  • 빨리 빨리 목욕해.(パリパリ モギョクヘ):早くお風呂に入りなさい。
  • 빨리 빨리 오세요.(パリパリ オセヨ):早く来て下さい。
  • 빨리 빨리 해주세요.(パリパリ ヘジュセヨ):早くして下さい。

※直訳すると、「早く早く」なのですが、直訳のままだと、少し変な日本語になるので「早く」と訳しました。

我が家でも、朝、とてもスローな子供たちに対して、「パリパリ」という親の声が響き渡っています(笑)

韓国語で「急いで」という表現する時は?

韓国語で「急いで」と表現する時は、「パリパリ」以外にもいくつかあります。

オソ(어서)

オソオセヨ(어서오세요)(いらっしゃいませ)でも使われるオソ(어서)には、「さあ」、「どうぞ」、以外に「早く」という意味もあります。

我が家では、子供がなかなか行動しない時に、「オソ(어서)!」と語気を強めて言ったりしています(>_<)

イルチク(일찍)

イルチク(일찍)は、日時や予定について早くするよう促す時に使う言葉です。

오늘은 일찍 집에 와요. (オヌルン イルチク チベ ワヨ)
今日は早く家に帰ってね。

という感じで使ったりします。

オルン(얼른)

オルン(얼른)も、パリ(빨리)と同様、行動を早く促す時に使う言葉です。

얼른 집에 와. (オルン チベ ワ)
早く家に来なさい。

と使ったりします。

基本的には、パリ(빨리)を使って、バリエーションを付けたい時は、オルン(얼른)を使ったりすると良いでしょう。

韓国のパリパリ文化ベスト10

韓国のパリパリ文化について、外国人が選んだ「韓国人のパリパリ」ベスト10という面白い記事を見つけたので、日本語訳をお伝えしておきますね。

  • 10位:コンビニで飲み物を飲んだ後にレジで計算する。
  • 9位: 3秒以上で開かないウェブサイトは閉じてしまう。
  • 8位:用を足す時に歯磨きをする。
  • 7位:映画館でエンドロールが現れる前に出る。
  • 6位 :カップラーメンで3分経つ前に蓋を開けて食べてしまう。
  • 5位:エレベーターのドアが閉まるまで、“閉じる” ボタンを押す。
  • 4位:サムギョプサルが焼き上がる前に食べる。
  • 3位:トイレに入る前にチャックを下ろす。
  • 2位:バス停でバスを追いかける。
  • 1位:自動販売機で缶が出る所に手を入れて待つ。

韓国人の妻は、「あるある」と言いながら爆笑していました(笑)

>>韓国人の性格ってせっかち!?でもこれはちょっとね

個人的に感じるパリパリ文化

私が感じるパリパリ文化は宅配便です。

韓国で宅配便で配送を依頼すると、特にお願いしていないのに、当日に到着する時があります。

というか、宅配便の人は、預かった荷物を、パリパリ届けないと気が済まないみたいです

たまたま不在だった時は、宅配便のおじさんがドアの前に荷物を置いて、その写真を「荷物置いておきましたよ~」というメッセージと共に送って来ます。

また、家にいる時でも、「ピンポーン」と鳴って、ドアを開けた時には、既に荷物はドアの前に置かれており、宅配便の人は走り去っていることが多いです。

そのせいで、私は最近、結構、荷物を受け取っているのですが、宅配便のおじさんの顔を見ていません^^;

>>宅配業者の再配達問題は海外(韓国)では起こりえない?

まとめ

韓国語で「パリパリ」は「早く早く」という意味ですが、正確に発音しようと思ったら、「パ」では息を吐かないようにして、「パ」と「リ」の後に、rの発音を入れるようにしてみて下さい。

また、「早く」という意味の韓国語には、「パリ」以外にも、オソ(어서)、イルチク(일찍)、オルン(얼른)という表現があるので、バリエーションを増やしたい方は、是非、使ってみて下さい。

あとは、韓国旅行へ来られた時は、韓国のパリパリ文化を探してみたら、面白いと思いますよ~(笑)


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

2 Responses to “韓国語のパリパリの意味&パリパリ文化(精神)のあるあるパターン”

  1. たく より:

    再配達問題は深刻です。
    一人住まいなので余計。
    宅配BOXの設置も検討しましたが、まだしていません。
    置くスペースがあるので作らなくちゃ。
    置いておいてもらっても、取られないと思うけれど。
    治安が良いから、責任問題を言われると
    対面手渡しになっちゃうんでしょうね。
    最近は、コンビニ受け取りも可能になったので
    少しは改善されましたが。

    • ケン より:

      たくさん

      コメントありがとうございます。
      やっぱり日本だとそうなってしまいますよね~
      韓国は良い意味で本当にいい加減です^^;

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ