海外 宅配事情

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

日本では今、宅配の再配達問題が大きな問題なっていますが、そういった状況を海外から見ていると、やっぱりこれは日本独自の問題なのかなあと感じてしまいます。

海外といっても、私の場合は韓国に住んでいるので、そこからの視点なんですけどね^^;

もし、韓国のやり方を導入すれば、日本の宅配の再配達問題は解消されるかもしれません。

もちろん、日本の宅配業者が聞いたら「そんなのありえなーい」と絶句する内容がほとんどだと思うので、あくまでも参考程度に読んでみて下さい。

韓国の宅配業者は事前連絡OK

日本の宅配業者は代引きや着払いの場合を除いて、事前連絡をすることはお客さんのプライバシーを考慮して、控えるようになっているようです。

でも、韓国の宅配業者はホームショッピングやネットで購入をした場合は、必ず事前連絡が来ます

事前連絡はショートメッセージで来る時もあれば、電話で来る時もあります。

何度か電話に出れられなかった後、電話に出ると、「何で、電話を取ってくれないんですかあ」と宅配業者に怒られることも・・・

ただ、こうやって配達日の当日に事前確認をしてから行くので、再配達になってしまうリスクは当然減ってきます。

何があっても荷物を置いていく

一方、普通の荷物が届く場合は、事前連絡はないので、受取人が不在になってしまうケースも多くなります。

しかし、韓国の宅配業者はありとあらゆる手を使って再配達になるのを防ごうとします

受取人に電話をして

「ドアの前に置いておきますからあ」

とか、

「隣の家の人に預けておきますので~」

と告げて、荷物を置いていくケースはよくあります。

ただ、オートロックのマンションだと、まずはマンションの中に入る必要がありますよね。

そんな時は、別の部屋の人の番号を押して「●●号室の人に荷物を届けたいんでドアを開けて下さい」と宅配業者の人がお願いをするケースはよくあります。

時々、困ってしまうのは、夜の11時過ぎでも、受取人がいないと、別の部屋の人をピンポーンと呼び出して、「ドアを開けて下さ~い」とお願いをする宅配業者がいることです。

>>夜中にインターホンを鳴らし続ける意外な人物とは?

そんなことをしたら日本では大問題に発展してしまうと思いますが、韓国ではケンチャナヨ~です^^;

韓国の宅配業者はサインが不要

ただ、宅配業者が受取人不在の場合、ドアの前に荷物を置いていくという話を聞いて、

「あれっ、サインはどうするの?」

と疑問に思う人がいるかもしれません。

実は、韓国の宅配業者はEMSやDHLなど特別な業者を除いて、受取サインはしないシステムになっています。

だから、ドアの前に荷物を置いていくという荒業も可能になってくるワケです。

もちろん、時々、誤配になることもありますが・・・

その時は、とにかく何とかします^^;

それに、サインが不要になるので、その分、宅配業者は時間を短縮することが出来ます

韓国の宅配業者もすごく忙しいところがあり、荷物を渡すその瞬間には、体の半分は反対の方向を向いて、次の家に行く体勢を整えている人も多いです。

また、最初にマンションに入るドアを開けて上げて、家のドアを開けるのが遅れると、既に荷物を置いて走り去ったりする宅配業者の人もいます。

ちなみに、夜11時過ぎに宅配業者が来ると、女性はとても不安に感じるかもしれません

でも、韓国の宅配業者はサインをもらわなくても大丈夫ですし、宅配業者の人も変な疑いを女性から掛けられたくないので、目を合わせなかったり、ドアの前に荷物を置いて逃げるように去っていくケースも多いです。

日本の宅配業者のサービスは海外ではあり得ない

こういった韓国の宅配業者のサービスは日本に住んでいる人にとってはあり得ない話に聞こえるかもしれません。

ただ、韓国に長く住んでいると、段々慣れてきます^^;

逆にそういった海外に住んでいる立場から日本の宅配業者のサービスを見てみると、逆の意味で、あり得ないというか、ムチャクチャ感動します。

(以前、日本に一時帰国した時、そう感じました!)

日本の宅配業者もいろいろ大変だと思いますが、日本の良さを活かしつつ、うまく状況が改善されることを願っています!

合わせて読みたい記事