韓国の薬は強いってこういうことだったのか(ちょっと怖い体験)

スポンサードリンク

「あれっ、パソコンってこんな音出ていたっけ?」」

普段、パソコンを起動する時に出る音が、いつもより低く聞こえるのです。

「ウインドウズが新しくバージョンアップしたのかなあ」

妻にも聞いてみたのですが、

「えっ、別に変わっていないけど」

とのこと

うーん、そうなのかなあ・・・

でも、音が低く聞こえるのはそれだけではありませんでした。

朝、ジョギングをしながら聞いている音楽も、低く聞こえてくるではありません。

「体の調子がおかしくなっちゃったのかなあ?」

ちょと、不安になってネット調べてみたところ、テグレトールとかフラベリックという、薬を飲んだ時に、そういう副作用が起こると書いてありました。

「薬かあ・・・、あっ」

実は、私、咳がなかなか止まらなくて、先日、薬局で薬を買ったんです。

改めて、薬の箱を見てみると、えーっと、薬の中の成分は、벤프로페린(ベンプロペリン)

IMG_2665

リン酸ベンプロペリン=フラベリックって・・・

やっぱりこれが原因だったかあ。

ちなにみ薬の箱をよく見てみると、「副作用」という言葉が、目に飛び込んで来ました。

IMG_2663-2

副作用
1)精神神経系:時々、眠気、めまい、疲労、不快感などがでることがあります。

実は、私、薬を飲んでいる時、精神的に最悪でした・・・

今までも日本で咳止めの薬は飲んだことがありましたけど、音が低く聞こえるという体験は
初めてだったので、正直びっくりしました^^;

しかも、別に病院で処方されたお薬じゃなくて、ただ、普通の薬局で買っただけの薬でしたからね。

(しかも250円ぐらいで買えましたし)

韓国の薬は強いって聞いてましたけど、ここまで強いとは・・・(アセアセ)

幸い、薬を飲み終えてしばらくたったら音も普通に聞こえるようになってきたので、今は、少しホッとしているところです。

これから、韓国で薬を買うときは、箱の裏面をしっかり読んだりしながら、あとは、ちょっと覚悟して(!?)服用しようと思います^^;

いやあ、それにしてもべっくらこいた・・・


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

2 Responses to “韓国の薬は強いってこういうことだったのか(ちょっと怖い体験)”

  1. さちこ より:

    こんにちは
    同じくソウルの西部で暮らしています。
    ふだんから韓国の薬は日本より強くて日本からの友達が買っていきます。
    風邪薬 便秘薬イチジクカンチョウも日本より安くて効くそうです。
    また私は美容整形関係で仕事していますが
    日本人には韓国人を含めて ほかの外国人より全身麻酔薬が少量で済むそうです。
    骨組、体重、体質などで違いが出るそうです。
    韓国人は薬大好きで抗生物質を投薬しずぎるというのが 定期的にニュースに出ます。
    街中の薬局によっては効く強い薬をくれる所があるので お子さんの場合は解熱剤以外は 処方箋を飲ませたほうがいいと思います。
     

  2. ケン より:

    さちこ様
    コメントありがとうございました!
    確かに韓国薬は、安い&効く(強い)ですね^^;
    さちこんさんのおっしゃる通り、
    大人は、まだしも、子供に薬を飲ませる場合は、本当に気を付けないといけないなあと感じました。
    貴重な情報ありがとうございます!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

このページの先頭へ