韓国の頭痛薬はコンビニで買える!その効き目は?


韓国 頭痛薬 コンビニ
こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

実を言いますと、私、頭痛癖がありまして、韓国に住んでいても、頭痛薬のお世話になることが多いんです。

最初は、日本で買ったバファリンばかりにお世話になっていました。

でも、しばらくしてから、コンビニでも頭痛薬が買えることが分かったのでんですね。

ただ、やっぱり大切なのは、その効き目ということで、今回は、韓国の頭痛薬について解説をしていきます。

韓国の頭痛薬はコンビニで買える


韓国で薬を買う場合は、基本的に薬局へ行く必要があります。

ただ、その場合は、店員さんと韓国語で話す必要があるので、旅行をする人が購入するとなると、ハードルが上がってしまいますよね。

そんな時にお勧めなのが、韓国のコンビニで頭痛薬を買うという方法です。

韓国のコンビニでは、種類は少ないですが、最低限の薬を販売しています。

その中で頭痛薬として販売しているのが、타이레놀(タイレノール)です。

タイレノールは、500mg、160mg、80mgといくつか種類がありますが、大人であれば、500mgを買えばOKです。

値段は、3,000ウォン(約300円)で、8錠入っています。

1錠当たりだと、375ウォン(約37.5円)なので、ちょっと割高かもしれません。

また、箱の裏には、いろいろ書いてあるのですが・・・

韓国語で、しかも字が小さくて、到底読む気がしない方のために簡単に訳してみました。

有効成分 アセトアミノフェン 500mg
効能・効果 風邪による発熱および痛み、頭痛・神経痛・筋肉痛・生理痛・歯痛・関節痛・リウマチ性の痛み
用法・用量 満12歳以上 小児および成人:1回 1~2錠、1日3~4回(4-6時間おき) 必要時服用 最大4グラム(8錠)超過して服用しないこと

1回1~2錠というところが、少し曖昧な表現かもしれませんが^^;

そして、タイレノールの箱を空けてみると、中身はこんな感じになっています。

韓国のタイレノールは、裏のパッケージの紙が意外に厚く、中身を取り出すには、周りの紙をはがさないといけないのが、ちょっと面倒かもしれません。

日本のバファリンと比べてみると

韓国の頭痛薬で有名なのが、タイレールだとすれば、日本で有名な頭痛薬は、やっぱりバファリンですよね。

日本のバファリンAの成分や用法・用量を公式HPで確認してみると、以下のようになっています。

有効成分 アスピリン(アセチルサリチル酸)660mg 合成ヒドロタルサイト (ダイバッファーHT)200mg
効能・効果 (1)頭痛・月経痛(生理痛)・関節痛・神経痛・腰痛・筋肉痛・肩こり痛・咽喉痛・歯痛・抜歯後の疼痛・打撲痛・ねんざ痛・骨折痛・外傷痛・耳痛の鎮痛
(2)悪寒・発熱時の解熱
用法・用量 成人(15才以上) 1回2錠、1日服用回数:2回を限度とする
15才未満:服用しないこと

こうやって見てみると、バファリンの服用の条件の方が、少し厳しいように見えます。

実際、私自身も頭が痛い時、交互に飲んでみたりしたのですが、個人的には、バファリンの方が効きました。

韓国の薬は強いと言われたりしていますが、コンビニで販売している頭痛薬に関しては、むしろ日本よりは弱めなのかもしれません

その一方で、韓国のコンビニで売っている風邪薬のパンコールは、結構、効き目があるので、私もいざという時はお世話になっています。

>>韓国のコンビニで風邪薬を買うならパンコールがオススメ!

韓国の薬局で頭痛薬を買う方法

ただ、中には、韓国のコンビニでなく薬局で頭痛薬を買いたいという方もいらっしゃるかと思います。

そういった方に、薬局で頭痛薬を買う時に使える韓国語をお伝えしておきます。

頭痛は、韓国語で“두통(トゥトン)”というので、基本的には、

두통약 있어요? (トゥトンヤク イッソヨ?)
頭痛薬はありますか?

で大丈夫です。

或いは、もっと丁寧に言いたい場合は、

머리가 좀 아파서요. 두통약 있어요? (モリガ チョム アッパソヨ トゥトンヤク イッソヨ?)
頭が少し痛いんですよね。頭痛薬はありますか?

と症状を簡単に説明してから、お願いしても良いでしょう。

常備薬は日本から持って行くのが良いけれど

私自身、韓国の薬局で頭痛薬を買う時は、その都度、違う薬が出て来るので、本当に効くかどうか分からず、心配になることもあるかと思います。

ですから、旅行へ行く際は、やはり、自分が普段、よく服用している薬を持っていくのが無難なのかなって思います。

ただ、薬を持って来ていなくて、かつ旅行先で週末に頭が痛くなると、韓国の薬局は、基本的に週末がお休みなので、困ってしまうケースがあります。

そういった時は、韓国のコンビニでタイレールを購入するのがおすすめです。

今は、韓国旅行が出来るのが、ちょっと遠い話になってしまいそうですが、「備えあれば憂いなし」とも言いますので・・・

将来のいざ!という時のために、今回の情報がお役に立ちますと幸いですm(__)m

↓いつも応援して頂き、本当にありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

合わせて読みたい記事





次の記事: »

前の記事:«

6 Responses to “韓国の頭痛薬はコンビニで買える!その効き目は?”

  1. たく より:

    300円ならお手軽という感じを受けますが。
    成分が違うじゃないですか。
    タイレールはアセトアミノフェンで解熱鎮痛剤
    発熱がある場合に有効と思います。
    発熱がなく、頭痛の場合は、やはり
    アセチルサリチル酸の消炎鎮痛剤ですよね。
    バファリンは、効き目がきつくて、自分は
    バイエルのアスピリンを飲みます」
    同じアセチルサリチル酸でも結晶構造が違うらしいです。

    • ケン より:

      たくさん

      確かに成分はかなり違いますね^^;
      私もバファリン依存症にならないよう気を付けています。

  2. 田中 利博 より:

    ケンさんと初めてお会いした夏の訪韓で、夏風邪で、喉が痛くて、江南駅の薬局で、薬を処方してもらいました。安くて、効き目が凄かったです。^^

    • ケン より:

      田中利博さん

      薬局の薬は、コンビニに比べるとやっぱり強いのかもしれませんね。
      私も、以前、薬局で買った薬を飲んだら、すべての音がワントーン低く聞こえる症状にしばらく悩まされたことがありました^^;

  3. おばあさん より:

    ケンさんお久しぶりです、こんにちは
    私も頭痛もちでバッファリン愛用者です。
    あまり飲むのを控えていましたが、ネットで頭痛は脳血管の炎症でほっておくとがんになりやすいと読んだので(真実かわかりませんが)飲むことにしています。それに放っておくとひどい時は嘔吐になりやすいので。
    お互いに気を付けましょうね、お大事に。

    • ケン より:

      おばあさんさん

      ご無沙汰しています!
      久しぶりにコメント頂けてすごくうれしいです(*´▽`*)
      頭痛って、原因が分かりづらいところがあって、いろいろ心配ですよね。
      私も、いざという時は、バファリンに頼りますが、それでも、あまり飲み過ぎると良くないので、
      頭が痛くなりそうな時は、簡単に湯船につかって後頭部を暖めたり、頭をスッとさせてくれるアロマを後頭部に塗ったりして対応しています^^
      おばあさんさんもご自愛ください。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ