韓国語で「せーの」とか「さんはい」の掛け声は何ていうの?



こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国語で「せーの」とか「さんはい」って何て言うと思いますか?

いわゆる掛け声ってやつですよね。

ただ、ネットで見ると、間違って理解されている方もいらっしゃるので、ここでは韓国で生活している立場からお伝えしていきます。

韓国語でよく使う掛け声

日本語の「せーの」や「さんはい」に対して、韓国語で完全に一致する言葉はないのですが・・・

韓国では、掛け語を掛ける時には以下の2つのパターンのいずれかを使います。

  • 하나둘셋(ハナ、ドゥル、セッ)
  • 시작(シージャッ)

では、それぞれがどういった意味なのか、詳しく解説していきますね。

하나둘셋(ハナ、ドゥル、セッ)は1,2,3

韓国語で「せーの」という時は、하나둘셋(ハナ、ドゥル、セッ)と使う時がよくあります。

하나둘셋(ハナ、ドゥル、セッ)は、直訳したら、「一つ、二つ、三つ」という意味になります。

分解すると、

  • 하나(ハナ):一つ
  • 둘(ドゥル):二つ
  • 셋(セッ):三つ

となりますね。

韓国のアイドルが、「はーどぅーせ!」と言っているように聞こえる方もいらっしゃるかと思いますが、「はなどぅるせっ」が正しい発音になります

それを早く言うと、「あーどぅーせ」とか「はなとぅーせ」と短く聞こえるようです^^

また、韓国語を学んでいる人は、日本語で、掛け声をかける時、「1,2,3」という時が多いので、韓国語でも、同じように「일이삼(イル、イ、サム)」と言うのではないかと思うかもしれません。

ネットで見ると、「일이삼(イル、イ、サム)」という時もあるという意見も見かけるのですが、韓国で掛け声をかける時は、こちらの表現は使わないのでご注意下さい。

例えば、重たい荷物を二人で一緒に持つ時は、하나둘셋(ハナ、ドゥル、セッ)と言いながらタイミングを合わせます。

あと、韓国のアイドルグループが皆で、一斉に挨拶する時も、하나둘셋(ハナ、ドゥル、セッ)と誰かが言った後、

「안녕하세요~ 〇〇입니다~(アンニョンハセヨ~ 〇〇イムニダ~」

と言ったりしますよね^^

시작(シージャッ)は開始という意味

一方、시작(シージャッ)を「せーの」という意味で使う時もあります。

시작(シージャッ)は、漢字で書くと「始作」となりますが、韓国語で「開始、始まり」という意味です

また、後ろに하다(ハダ)を付けると시작하다(シジャッカダ)で始めるという意味になります。

例えば、腕相撲をする時、手を合わせた後、시작(シージャッ)と言ったら、勝負開始です。

また、かけっこをする時は、「준비 시작(ジュンビ シージャッ)」と言いますが、これは日本語に直訳すると、「準備、スタート」という感じですね。

ちなみに、少し余談になりますが、韓国には、시작이 반이다(シージャギ パニダ)ということわざがあります

直訳したら、「開始は半分だ」となります。

これは、「何かを始めたら、半分達成したようなものだ」という意味です。

何事もまずはやってみることの大切について説いているので、個人的にはすごく好きなことわざです^^

まとめ

「せーの」とか「さんはい」と掛け声をかける時は、韓国語だと、하나둘셋(ハナ、ドゥル、セッ)か시작(シージャッ)という表現を使います。

あとは、

  • ただ、タイミングを合わせる時は、하나둘셋(ハナ、ドゥル、セッ)
  • 何かを始めるぜ~という時は、시작(シージャッ)

という感じで使い分けたらいいと思いますよ!


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ