韓国語でオットケ(どうしよう)!韓国人も混乱する似た言葉とは?



こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国に住んでいると、いろいろなハプニングなどに見舞われることがあります。

そんな時によく使う言葉が、「オットケ」(どうしよう)です。

ただ、このオットケには、似たような発音の言葉がありますので、その違いも含めて解説していきます。

「どうしよう」という意味の어떡해(オットケ)

韓国ドラマを見ていると、困ったことが起こった時に「オットケ」と言うシーンを見た方は多いのではないでしょうか?

ここでのオットケは韓国語で「どうしよう」という意味で「어떡해」と書きます

「어떡해」の原形は「어떡하다」(オットッカダ)で、「いかにする」、「どういうふうにする」という意味です。

ちなみに、カタカナで書くと「オットケ」ですが、実際に使う時は、「オットッケ~」という感じで、トを強調したり、語尾を伸ばすことが多いです。

語尾を伸ばすと、困ったニュアンスがより伝わるようになるからです。

어떡해(オットケ)の使い方・例文

次に、어떡해(オットケ)の使い方や例文をお伝えしていきます。

어떡해(オットケ)は、相手に対して言う時もあれば、独り言でつぶやく時もあります。

ちなみに、以下の例文は、実際に私が韓国生活で遭遇したシーンも含まれています^^;

내일 비가 온데요・・・(ネイル ピガ オンデヨ)「明日、雨が降るんだって。」
어떡해・・・(オットケ・・・)「どうしよう・・・」

先日、妻と登山に行こうと約束していたのですが、天気予報は雨だったので・・・(T-T)

지난달 수도요금이 엄청 나왔어.(チナンダル スドヨグム オムチョン ナワッソ)「先月の水道代ムチャクチャ高いよ。」
어떡해.(オットケ)「どうしよう」

最近、思春期の息子と娘がシャワーでムチャクチャ水を使うようになり、本当にオットケです(T-T)

지갑 잊어버렸다. (チガブ イジョボリョッタ)「財布忘れた!」
어떡해.(オットケ)「どうしよう」

韓国で財布(지갑)を落とすと、戻って来る確率は低いので注意が必要ですm(__)m

보일러가 고장나서 따뜻한 물이 안나와.(ボイラガ コジャンナソ ムリ アンナワ)「ボイラーが壊れて暖かいお湯が出ないよ。」
어떡해.(オットケ)「どうしよう」

先日、なぜか家のボイラー(보일러)が突然壊れ、部屋も冷え込んで、お湯(따뜻한 물)も出なくなり、非常に困りました^^;

인터폰이 고장나서 집에 못 들어가. (インタポニ コジャンナソ チベ モットゥロガ)「インターホンが壊れて家に入れなくなったんだ。」
어떡해.(オットケ)「どうしよう」

インターホン(인터폰)はオートロックのことなのですが、先日、突然壊れて、家に入れなくなり、マジで「オットッケ~」でした(ToT)

「どうやって」という意味の어떻게(オットケ)

ところで、「オットケ」というと韓国語にもう一つ어떻게(オットケ)という表現があります。

어떡해(オットケ)と似ていますが、“ト”の部分で、ㄱを使っているか、ㅎを使っているかという違いがあります

어떻게(オットケ)は、「どうやって」という意味です

似た言葉としては、

  • 이렇게(イロッケ):このように
  • 그렇게(クロッケ):そのように
  • 저렇게(チョロッケ):あのように

という表現があります。

어떻게(オットケ)の原形は、어떻다(オットッタ)という形容詞で、「どうだ」、「どのようだ」という意味になります。

また、어떻다(オットッタ)は、어떠하다(オットハダ)を短くした言葉でもああるんですね。

어떻게(オットケ)の使い方・例文

어떻게(オットケ)の使い方や例文は以下のようなものがありますが、年齢や名前を丁寧に聞く時など、幅広く使われることが多いです

어떻게 할까?(オットケ ハルカ?)
「どうしようか?」
어떻게 오셨어요?(オットケ オショッソヨ?)
「どうやって来られたんですか?」(どういった目的で来られたんですか?)
성함이 어떻게 되세요? (ソンハミ オットケ テセヨ?)
「お名前はどうなっていますか?」(お名前は何とおっしゃいますか?)
연세가 어떻게 되세요?(ヨンセガ オットケ テセヨ?)
「年齢はどうなっていますか?」(何歳でいらっしゃいますか?)
어떻게 지내세요?(オットケ チネセヨ?)
「どのようにお過ごしですか?」(いかがお過ごしですか?)

어떡해(オットケ)と어떻게(オットケ)の違い

ここまで読んで、段々、頭がこんがらがって来た方もいらっしゃるかもしれません。

それもそのはず、

어떡해(オットケ)と어떻게(オットケ)は、韓国人も混同しやすい言葉ですから

まず、意味の違いとしては

  • 어떡해(オットケ):どうしよう
  • 어떻게(オットケ):どうやって

となり、어떡해(オットケ)には「する」という意味まで含まれていますが、어떻게(オットケ)には含まれていません

その理由は、어떡해(オットケ)の原形である「어떡하다」(オットッカダ)は、어떠하게 하다(オットカゲ ハダ・どうやってする)を短縮した言葉だからです。

そして、어떠하게(オットカゲ)を短縮した言葉が、어떻게(オットケ)となります。

つまり、

  • 「どのように」までなら어떻게(オットケ)
  • 「どうようにする?(どうしよう)」と「する」という意味も含むのであれば、어떡해(オットケ)

を使うということになります。

ちなみに、発音に関しては、어떡해(オットケ)も어떻게(オットケ)も同じですが、アクセントが違います。

어떡해(オットケ)は感情を込めて使う時が多いので、「オットッケ~」とよく伸ばしたりしますが、어떻게(オットケ)は、基本的に後ろに動詞が来るので、抑揚をつけずに話す時が多いです。

何とな~く、お分かり頂けたでしょうか( ̄∇ ̄)

まとめ

「どうしよう」という意味での어떡해(オットケ)は、韓国に住んでいると、独り言も含めて、本当によく使う言葉です。

私自身、日本にいた時は、「どうしよう」と言ったことは、ほとんどなかったと思うのですが・・・

それだけ、韓国生活は、刺激的で楽しい証拠なのかもしれませんね^-^;


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

5 Responses to “韓国語でオットケ(どうしよう)!韓国人も混乱する似た言葉とは?”

  1. みかん より:

    2つは違う単語なんですね!
    今日まで同じだと思って使ってましたよ…
    どちらも韓国語初級で習う単語だしにちじょうでも

  2. みかん より:

    すみません、また途中で送ってしまいました(泣)
    どちらも日常ですごくよく使いますよね。
    ケンさん教えてくださってありがとうございます(^^)/

    • ケン より:

      みかんさん

      コメント頂き、ありがとうございます。
      実は、私もいざ記事を書こうと思った時に気が付き・・・
      妻にも確認しながら、整理したところです^^;
      それにしても、「オットケ」は本当によく使いますよね~

  3. 匿名 より:

    ここしか見てないのですが…
    연세가 어떻게 되세요?(ヨンセヌン オットケ テセヨ?)
    「年齢はどうなっていますか?」(何歳でいらっしゃいますか?)

    ヨンセヌンではなく、ヨンセガでは無いでしょうか?

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ