韓国語 モラゴ

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国ドラマを観ていると「モラゴ?」と何か聞き返すような表現を聞いたことはありませんか?

「モラゴ」は、ニュアンスを変えたりすることによって、様々なシーンで使われます。

ちなみに、個人的には「モラゴ」と聞いたら、ある芸人さんのギャグを思い出してしまうのですが・・・

ということで、今回は「モラゴ」の意味や使い方について、解説をしていきます!

「モラゴ」を韓国語で書くと?

「モラゴ」は韓国語で、“뭐라고” と書きます。

ハングル カタカナ 意味
뭐라고 モラゴ 何?、何だって?、何だと?

“뭐” は「何」、“라고” は「~と」という意味なので、直訳したら「何と」となりますね

また、「モラゴ」は、「モラゴ?」というように疑問形で使うことが多いです。

ですから、その場合は、「何?」、「何だって?」、「何だと?」と訳すことが出来ます。

「モラゴ?」「ムォラゴ?」「ボラゴ?」

뭐라고(モラゴ)の発音は以下のようになります。

厳密に言ってしまうと、カタカナで書くと「ムォラゴ」の方が発音的には、より近いです。

ただ、一般的には「モラゴ」という表記がよく使われているようなので、こちらを使っています。

あと、「ボラゴ」と聞こえている方もいらっしゃいますし、 カタカナで書くのは、難しいと思うことも多いのですが、実際の発音を聞きながら、確認をしていただけますとありがたいです!

「モラゴ」の使い方

「モラゴ」は、会話の中で、相手に聞き返す時に使うことが多いですが、ニュアンスは状況によって、いろいろ変わって来ます。

単純に聞き返す時

例えば、相手が小さな声で話していたりして、聞きづらかった時、“뭐라고?(モラゴ?)”と聞き返します。

また、個人的には、「モラゴ」と聞くと、志村けんさんの有名なコントを思い出してしまいます。

ハングル A: 당신은 하나님이세요?
B: 뭐라고? 별말씀을요. 나는 하나님이에요.
カタカナ A: タンシヌン ハナニミセヨ?
B: モラゴ? ピョルマルスムルヨ。ナヌン ハナニミエヨ。
日本語訳 A: あなたは神様ですか?
B: 何だって?とんでもない。あたしゃ神様だよ。

多分、韓国語の教材に、こんな例文は絶対出て来ないでしょう(笑)

あと、このギャグの意味がよく分からなかった人は、こちらの動画をご覧ください。

驚いた時


あるいは、ドラマで何か事件が起こったりして「何だって?」と驚いた様子を見せる時にも「モラゴ」を使います。

ハングル A: 〇〇가 탈출했습니다.
B: 뭐라고?
カタカナ A: 〇〇ガ タルチュル ヘッスムニダ。
B: モラゴ?
日本語訳 A: 〇〇が脱出しました。
B: 何だと?

サスペンス系のドラマにはよく出て来るんじゃないかと・・・

怒った時

誰かに何か言われて、腹が立った時にも「モラゴ」を使います。

ハングル 뭐라고? 다시 한번 말해봐.
カタカナ モラゴ? タシ ハンボン マレバ。
日本語訳 何だと?もう一回言ってみろ。

怒った口調で、「モラゴ?」と言われたら、ちょっと怖いです(´・ω・`)

文の途中で


「モラゴ」は文の途中でも使います。

ハングル 남동생의 부인은 뭐라고 부르면 되요.
カタカナ ナムドンセンエ ブイヌン モラゴ プルミョン テヨ?
日本語訳 弟の奥さんは、何て呼んだらいいの?

ここでの「モラゴ」は「何と」とか「何て」という意味です。

韓国では、家族や親戚の呼び方が立場によって全然違って来るからやっかいですよね(;^_^A

丁寧に言いたい時のバリエーション

「モラゴ」を単独で使う場合、相手が目下の人や親しい人であれば大丈夫です。

しかし、赤の他人や目上の人に対して使うと、ちょっと失礼というか喧嘩を売っているような感じになってしまいます。

ですから、少し丁寧に言う場合は、

ハングル カタカナ 意味
뭐라고요? モラゴヨ? 何ですか?

という感じで、“요(ヨ)”を付けます

ただ、相手が目上の人だと、「モラゴヨ」でも、まだ失礼に聞こえてしまうことが多いです。

ですから、そういった時は、

ハングル 뭐라고 하셨어요?
カタカナ モラゴ ハショッソヨ?
日本語訳 何とおっしゃいましたか?
ハングル 뭐라고 말씀하셨어요?
カタカナ モラゴ マルスム ハショッソヨ?
日本語訳 何とおっしゃいましたか?

と表現したりすると良いでしょう。

まとめ

「モラゴ」は、相手に対して、聞き返す時に使うことが多い表現です。

ただ、「モラゴ」だけだと、特に親しくない人や目上の人に対しては失礼な表現になってしまうので、「モラゴヨ」と「ヨ」を付けたりします。

また、「モラゴ」は、何を言われたか分からない時だけでなく、驚いた時にも、よく使われます。

韓国人がよく使うリアクションの一つでもあるので、ドラマの中で出で来ないか、是非、チェックしてみて下さいね!

P.S. 今回の記事のタイトルは、少しトリッキーにしてみたのですが、お気づきになられましたでしょうか^^

合わせて読みたい記事