韓国語で「頑張れ」はファイティンでOK?他の言葉とも使い分けよう


韓国語 ファイティン

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国語で“頑張れ”という時、一般的には、“화이팅(ファイティン)”とか“힘내요(ヒムネヨ)”という言葉を使います。

特に、韓国ドラマで、ファイティンという言葉を聞いた方も多いのではないでしょうか?

もちろん、私も、韓国に住みながら、“頑張れ”という機会は多いのですが、どのように使い分けているか、それぞれの表現の意味を具体的にお伝えしていきます。

“ファイティン”の意味

“ファイティン”は韓国語で“화이팅”と書きますが、元々は、fighting という英語表現から来ています

日本では、“ファイト!”ですが、韓国語では、ファイティングなのです。

ですから、ファイティンの意味は、“頑張れ”、“頑張って”、“頑張ろう”と状況によってニュアンスは変わりますが、基本的にはファイトと同じ意味だと、ご理解頂いて大丈夫です。

ちなみに、韓国語では、“f”を、“p”のように発音することも多いので、“ファイティン”を“パイティン(파이팅)”と発音する時もあります

使う頻度としては半々かなという感じなので、どちらでもOKです!

(個人的には、韓国語風に発音したくて、パイティンとよく言っています^^)

“ファイティン”の使い方

“ファイティン”は、韓国生活で使う頻度がとても高い言葉です

例えば、我が家のケースだと、

  • 子供が学校でテストがある時
  • 夫や妻が仕事に行く時

などに、ニコっと笑ったり、軽くガッツポーズしたりしつつ、少し愛嬌を交えながらファイティンと言っています。

その外にも、

  • 子供がデートに行く時
  • スポーツで応援する時
  • 知っている人が大会などに参加する時

などなど、いろいろいろいろなケースで使います。

また、目上の人に対しては、「ファイティンハセヨ~」とより丁寧に言う時もありますが、親しくなってくれば、そのまま、“ファイティン”でも大丈夫です

힘내요(ヒムネヨ)の使い方

韓国語で“頑張れ”と言う時、“ファイティン”と同じぐらい使うのが、힘내요(ヒムネヨ)という表現です

“ヒムネヨ”は、“ファイティン”に比べると、もっと真面目な表現で、元気がない人や落ち込んでいる人を励ます時に使うケースが多いです。

また、“ヒムネヨ”は友達や同僚に使うような丁寧な表現ですが、

  • 目上の人に対しては、힘내세요(ヒムネセヨ)
  • 目下の人や親しい人に対しては、힘내라(ヒムネラ)とか힘내(ヒムネ)

という感じで使い分けます。

ちなみに、힘(ヒム)は“力”、내다(ネダ)は“出す”という意味なので、直訳したら、“力を出して下さい”という意味になります。

(時々、日本語の出来る韓国人が「力を出して下さい」というのはこのためです)

そのため、泣いている人に対して、「元気出しなよ」と慰める時も、“ヒムネヨ”と言ったりします。

つまり、韓国語の“ヒムネヨ”は、頑張れという意味だけでなく、“元気出せ”という意味も含まれている訳ですね。

韓国語で“頑張れ”に似た言葉

韓国語では、“頑張れ”という時に“ファイティン”や“ヒムネヨ”という言葉を使いますが、人を励ましたり、慰めたりする言葉には以下のような表現もあるので、ご参考にして下さい。

  • 응원하고 있을게(ウンウォンハゴインスルケ・応援してるからね)
  • 넌 할수있어!(ノンハルスイッソ・あなたならできる!)
  • 아마 괜찮을거야 (アマ ケンチャヌルコヤ・多分大丈夫だよ)

こういった表現は、我が家の息子や娘が友達とのやり取りでよく使っています。

韓国に住んでいても、日本にいても、いろいろ苦労があって、大変な時は、多いですよね。

そういった時にこそ、前向きな言葉を使って、頑張って生きていけたらいいなって思います。

ということで、オヌルド ファイティン(오늘도 파이팅)(*´▽`*)

(↑「今日もがんばりましょう」という意味です。)

お礼の言葉

先日、“ちょっと大切なお知らせ”と少し紛らわしいタイトルを付けてしまったため、いろいろと驚かせてしまったみたいで、すみませんでしたm(__)m

その一方で、たくさんのコメントを頂き、本当にうれしかったですし、勇気が湧いて来ました

孤独な韓国生活に皆さんの暖かい言葉がジーンと胸に染み入りました(T-T)

今後は、従来通りの韓国生活記事も時々、織り交ぜながら、さらに楽しい記事を書いていけるようがんばりますので、どうぞよろしくお願いいたします!





次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

10 Responses to “韓国語で「頑張れ」はファイティンでOK?他の言葉とも使い分けよう”

  1. quazm より:

    ファイティンの使える状況ですが、スポーツの場合は目上の方に使っても大丈夫なことがほとんどですよ。
    私は韓国ででもテニスをしていますが、会社のテニス部とかで韓国の方々ともよくテニスをしています。
    そのときに、他の方々でも目上の方々に対してもよく使ってますので。(^^)

  2. Meg より:

    わー娘ちゃんのイラスト&文字可愛い(#^.^#)
    プロになれそうですね!
    ハングル文字にもこんな可愛い字体があるって勉強になります。
    日本人ならではの目線の韓国語講座も役に立ちます。
    頑張ってね!って頻繁に使う言葉ですが、どういった状況で使い分けるのか知りたかったので勉強になりました。
    これからも解説宜しくお願いします。
    ケンパパ&娘ちゃん화이팅(=゚ω゚)ノ

    • ケン より:

      Megさん

      暖かいコメントありがとうございます*(^^)*
      娘にもMegさんのコメントを伝えたところ、とても喜んでいました^^
      今、娘は妻の厳しい(!?)指導を受けていて、これからイラストはもっとレベルアップしていくのでご期待ください!
      韓国語の解説も、もっと分かりやすくお伝え出来るようがんばりますので、どうぞよろしくお願いいたします^^

  3. ふふふん より:

    お嬢さんの、イラスト
    ナイスです!上手ですね〜
    かわいいです^ ^
    blogに花を添えてますね
    次も楽しみにしてますね

    • ケン より:

      ふふふんさん

      コメントありがとうございます!
      ブログの記事よりも、イラストを誉めてもらった方が私としてはやっぱりうれしいです(*´▽`*)
      娘の応援もどうぞよろしくお願いいたします*(^^)*

  4. りんどう より:

    ケンさん

    愛する奥様の母国にご家族でお住まいでも
    時折孤独を感じるお気持ちよくわかります
    日本から응원하고 있을게(ウンウォンハゴインスルケ)してますよ
    ファイティンよく韓流ドラマで耳にします
    ヒムネヨその言葉は知りませんでした
    早速メモメモで帳面に書き込みましたよ
    帳面ってなんだ~ってお若い方にいわれましたが
    今はなんでも横文字で表現するって年増の私には
    抵抗があります
    その国その国にあった言葉を大事にしたいと
    思っているんですが?時代遅れになりますかね

    こちらは朝からよいお天気で、雪山のアルプスがとっても
    美しいです。そちらはPM2.5の影響はありませんか

    • ケン より:

      りんどうさん

      暖かい応援コメント本当にありがとうございます!
      言葉って、時代と共にどんどん変化していくので、戸惑う時ってありますよね。
      私も、良い意味での“やばい”という表現や、“全然大丈夫”という表現とかは、最初かなり抵抗感を覚えましたが、最近は、平気で使ったりしています。
      言葉として、何を残していくかって判断が難しいところがありますよね^^;
      PM2.5は、韓国では、ミセモンジというのですが、今年はかなりひどいので、その影響で、韓国でもマスクをする人はかなり増えて来ました。
      昔は、「韓国は花粉症がないからいいですよ~」と言っていましたが、最近は、そんな呑気なことも言ってられなくなってきた感じです(T-T)

  5. たく より:

    慶州桜マラソンでハーフを走ったのですが、
    その時は、「ファイティン」と応援掛けられました。
    一瞬???となったのですが、
    英語のファイティングだなとすぐに理解しました。
    済州国際マラソンでは、応援者がほとんどいなかったので
    ファイティンが聞けず、ちょっと残念でした。

    • ケン より:

      たくさん

      コメントありがとうございます。
      私も最初、ファイティンと聞いた時に、何で「ファイトじゃなくて、ファイティングなんだろう?」
      と一瞬戸惑いました。
      それにしても、韓国のマラソンにいろいろ参加されているなんてすごいなあって思います!
      これからも、マラソン、ファンティンして下さいね^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ