似合ってる 韓国語

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

褒め言葉の一つに「似合ってる」という表現がありますよね。

今回は、友達や家族、そして韓国の芸能人などへ「似合っている」という場合の韓国語での表現について、解説をしていきます。

似合うは어울리다(オウリダ)

「似合う」とか「似合ってる」という場合は韓国語で、“어울리다”を使います。

ハングル カタカナ 意味
어울리다 オウリダ 似合う、似合ってる

また、話す相手に対して、“어울리다(オウリダ)”は、以下のように語尾が変化します。

形式 ハングル(カタカナ) 意味
かしこまった表現 어울립니다(オウリムニダ) 似合います、似合っています
丁寧な表現(ヘヨ体) 어울려요(オウリョヨ) 似合います、似合っています
ぞんざいな表現(パンマル) 어울려(オウリョ) 似合う、似合ってる
共感、感嘆 어울리네(オウリネ) 似合うね、似合ってるね
推測 어울릴것 같다(オウリルコ カッタ) 似合いそう
ケン

“어울리다(オウリダ)”は発音が少し難しいですし、かつ、語尾の変化も変則的なので、覚えにくいかもしれませんが、がんばって下さいね。

「よく似合ってる」という場合は?

「似合ってる」という場合、冒頭に「よく」を付けて、「よく似合ってる」と言いますよね。

そういう時、韓国語では、“잘(チャル)”などを付けます。

ハングル カタカナ 意味
잘 어울리다 チャル オウリダ よく似合う、よく似合ってる

“잘(チャル)”の他にも、“정말(チョンマル)”や“진짜(チンチャ)”を付けたりすることがありますが、“어울리다(オウリダ) ”の場合は、やはり“잘(チャル)”かなあと思います。

ちなみに、「よく似合う」と強調する場合は、“잘(チャル)”を付けますが、普通に「似合うよ」という場合に“잘(チャル)”を付けても大丈夫です

つまり、“잘(チャル)”は、無理に日本語に訳さなくても良いことが多い表現なんですね。

「似合わない」という場合は?

逆に、「似合わない」という場合は、頭に否定の意味の“안(アン)”を付けるか、語尾に“~지 않다(ジ アンタ)”を付けます

ハングル カタカナ 意味
안어울리다 アノウルリダ 似合わない、似合っていない
어울리지 않다 オウリジ アンタ 似合わない、似合っていない

「似合ってる」の応用編

では、実際に「似合ってる」という場合の応用表現についてお伝えしていきます。

髪型似合ってる


「その髪型合ってるね」という場合は、

ハングル 그 머리스타일 잘 어울리네요.
カタカナ ク モリスタイル チャル オリネ。
日本語訳 その髪型に合ってるね。

と言ったりします。

ちなみに、韓国の芸能人に「黒髪が似合ってますね」という場合は、

ハングル 흑발이 잘 어울리네요.
カタカナ フッパリ チャル オルリネヨ。
日本語訳 黒髪が似合いますね。

と表現したら良いでしょう。

そして、「金髪が似合ってますよね」という場合は、

ハングル 금발이 잘 어울리네요.
カタカナ クムバリ チャル オルリネヨ。
日本語訳 金髪が似合いますね。

と表現することが多いです。

メガネ似合ってる


韓国には、メガネをしている人達が本当に多いです。

だから、「メガネ似合ってるね」という表現を覚えておくと、使う頻度は高いかもしれません^^

韓国語では、

ハングル 안경 잘 어울리네.
カタカナ アンギョン チャル オルリネ。
日本語訳 メガネ似合ってるね。

ということが出来ます。

我が家の子供達が通う学校では、クラスの約8~9割の子達がメガネをかけています

勉強のし過ぎなのか、スマホの見過ぎなのかは分かりませんが・・・

服似合ってるよ

「似合ってる」という表現をよく使うシーとして、やはり相手の服を褒める時がありますよね。

そういった時は、

ハングル 그 옷이 잘 어울리네.
カタカナ ク オシ チャル オウリネ。
日本語訳 その服、似合うね。

と言ってみると良いでしょう。

なんでも似合う

ちょっと、お世辞っぽくなってしまいますが、「なんでも似合う」という場合は、

ハングル 어떤 것도 어울려요.
カタカナ オットン ゴット オウリョヨ。
日本語訳 なんでも似合うよ。

と言います。

直訳したら「どんなものも似合う」です。

或いは、「何でも」という意味の“아무거나(アムゴナ)”を使って、

ハングル 아무거나 어울려요.
カタカナ アムゴナ オウリョヨ。
日本語訳 何でも似合うよ。

と言っても良いです。

私も、娘が服を選ぶ時に、“아무거나 어울려요(アムゴナ オウリョヨ)”と言っていたら、「パパは、何着てもいいとしか言わないから・・・」と逆に信用を失ってしまいました(T-T)

どっちが似合う


友達や家族と服を買いに行って、「どっちが似合う?」と聞く時は、

ハングル 어느 쪽이 어울려?
カタカナ オヌ チョギ オウリョ?
日本語訳 どっちが似合う?

と表現します。

或いは、こういった時は、もっとシンプルに、

ハングル 어느 쪽이 좋아?
カタカナ オヌ チョギ チョア?
日本語訳 どっちがいい?

と聞いても良いでしょう。

二人はお似合いです

仲の良いカップルを見かけた時にも、“어울리다(オウリダ)”を使うことが出来ます。

その人達に、「二人はお似合いですよ」と声を掛ける場合は、

ハングル 두분은 잘 어울리네요.
カタカナ トゥブヌン チャル オウリネヨ。
日本語訳 お二人は、お似合いですよ。

という表現を使ったりします。

まとめ

「似合ってる」は韓国語で、“어울리다(オウリダ)”と言います。

円滑なコミュニケーションをする時には、やはり相手を褒めることが有効だったりしますよね。

“어울리다(オウリダ)”は、そういった時に、便利な表現なので、是非、これを機に使い方をマスターして下さい!

↓いつも応援して頂き、本当にありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

合わせて読みたい記事