韓国語のノムノムやマニマニの意味~意外に使えます!



こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

K-POPを聞いたりしていると、韓国語でノムノムやマニマニという言葉が歌詞の中にいっぱい出て来る時ってありますよね。

韓国では、自分の感情や気持ちをより強く表現したいと時に、こういった連続表現を使います。

実際、どんな感じで使われるのか、例文も交えながらお伝えしていきますね。

韓国語でノムノム

ノムノムの意味

ノムノムは、韓国語で、너무너무と書きます。

ノム(너무)は、とても、ずいぶん、あまりに、という意味です。

基本的には、「とても」と訳して良いかと思いますが、日本語の「とても」よりも、もっと強調するニュアンスが高まります

そして、ノムノム(너무너무)は、ノム(너무)の強調表現なので、溢れんばかりの気持ちを伝えたい時にはぴったりの言葉だと言えるんですね。

ノムノムの例文

ノムノムは日常生活の中では、こんな感じで使います。

너무 너무 좋아요 (ノムノムチョアヨ)
本当に好きだ。
너무 너무 잠이 안와(ノムノム チャミアナ)
全然眠れない。

※冒頭のイラストの意味です。
ノムノムは否定形でも使えます。
娘に、「ノムノムのイラスト書いてよ」とお願いしたら、「普通のじゃ、面白くない」と言いながら、なぜかこの絵を描きました(´・ω・`)
너무 너무 감사합니다(ノムノムカムサハムニダ)
本当にありがとうございます。
너무 너무 고마워(ノムノムコマウォ)
本当にありがとう。

日常生活の中で、感情を表現する時、「普通の言葉じゃ言い表せないなあ」と感じる時ってありますよね。

そんな時に、ノムノム(너무너무)を使うと、かなりカバー出来るので、便利です^^

ちなみに、ノム(너무)を強調したい時は、他にも「ノ~~~~ムチョアヨ」みないにノを伸ばす表現もあります。

ノム(너무)は連発しても、伸ばしてもどちらでも大丈夫です

歌詞の中でのノムノム

韓国には、너무 너무 너무 という歌がありますよね。

너무너무너무너무너무너무너무 좋아하면 그때 말해줘
ノムノムノムノムノムノムノム チョアハミョン クテ マレジョ
あまりに好きなら、その時、言ってよ。

という歌詞になっています。

どれだけ、好きになったらいいんじゃいという感じですけどね^^;

韓国語でマニマニ

マニマニの意味

マニマニ(많이 많이)は、ノムノム(너무너무)とは、また違った意味で使う強調表現です。

マニ(많이)は「たくさん」という意味で、많다(多い)という形容詞の副詞形です。

ですから、とにかくたくさん欲しい時に、マニマニ(많이 많이)という表現を使います。

マニマニの例文

次に、韓国語のマニマニを使った例文をご紹介していきます。

많이 많이 주세요(マニマニ ジュセヨ)
たくさん下さい。
많이 많이 사랑해 주세요(マニマニ サランへジュセヨ)
たくさん愛して下さい。
많이 많이 사랑해요(マニマニ サランヘヨ)
本当に愛しています。

「愛しています」に「たくさん」という表現を付けるのは、日本語の観点から見ると、ちょっと不自然に感じるかもしれませんが、韓国語的には結構自然です

■韓国語の「サランヘヨ」は日本の「愛している」について

日本語で「愛している」というのは、結構、特別な時に使うイメージがあるのですが、韓国語で「サランヘヨ(사랑해요)」は、気軽に使えるイメージがあります。

私も妻に対して、「サランヘヨ(사랑해요)」とは気軽に言えますが、日本語で「愛しているよ」とは、なかなか恥ずかしくて言えません( *・ω・*)

ウォネマニマニ

BTSの피 땀 눈물(血汗涙)という歌の中に、ウォネマニマニ(원해 많이 많이)という表現が出て来ます。

ウォネマニマニ(원해 많이 많이)という意味は、直訳したら「求めろ、たくさん」となります

他のサイトだと、「欲しい、たくさん」と自分が欲しいみたいな表現になっているところが多いのですが・・・

歌詞の全体の流れを見ると、「血汗涙などを全部持っていけ~」という歌なので、「欲しがれ」という意味の方が正しいと思うんですよね。

まとめ

韓国語のノムノムやマニマニは、K-popの歌詞だけでなく、日常生活でもよく使います。

韓国語は、感情表現が豊かな言葉だと思いますが、ノムノムやマニマニも、その典型的な例ですよね。

韓国の友達や芸能人に溢れんばかりの想いを伝えたい時は、是非、こういった表現を使ってみてはいかがでしょうか?


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ