韓国語で「了解しました」って何て言う?微妙な違いまで徹底解説!


韓国語 了解
こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国語で「了解しました!」とか「分かりました!」と返事をする時、どんな言葉を使ったら良いと思いますか?

ここでは、そんなシーンで使える韓国語をいろいろご紹介していきます。

また、少し、違いが分かりにくい部分もありますし、使い方を間違えると変な誤解を与えてしまう可能性もあります。

ですから、その点も含めて詳しく解説をしていきますね。

韓国語で「了解しました」は何という?

韓国語で「了解しました」と言う時は、「알겠습니다(アルゲッスムニダ)」と使う時が多いです。

特に相手が目上の人であった場合など、少しかしこまった表現をした方が良い時は、「알겠습니다(アルゲッスムニダ)」を使うのが良いでしょう。

「알겠습니다(アルゲッスムニダ)」の原形は、「알다(分かる)」で、겠(ゲッ)は推測、意志、未来を表す接尾辞ですが、ここでは、「意志」を意味していますね。

そして、습니다(スムニダ)は、「~ます。」「~です」となります。

直訳したら、「分かります」と変な意味になりますが、「了解しました」と訳して大丈夫です^^

アルゲッスムニダとアラッスムニダの違い

알겠습니다(アルゲッスムニダ)とよく似た表現で、알았습니다(アラッスムニダ)という表現があります。

実は、「알았습니다(アラッスムニダ)」にも、「了解しました」という意味があるんですね。

「알았습니다(アラッスムニダ)」は、「알다(分かる)」の過去形表現で、直訳したら「分かりました」となります。

ですから、こちらの方が、日本語的に考えるとしっくり来やすいかもしれません。

実際、「알겠습니다(アルゲッスムニダ)」と「알았습니다(アラッスムニダ)」の違いは分かりづらいところがあるかと思います。

上司が部下に仕事を依頼をした時は?

例えば、上司が部下に対して仕事を依頼した時、部下が使うのは、「알겠습니다(アルゲッスムニダ)」でしょうか、それとも、「알았습니다(アラッスムニダ)」でしょうか?

他のサイトを見ていると、こういった時は「알았습니다(アラッスムニダ)」の方が良いと言っている人もいるのですが、韓国人の妻に聞くと、

「いや、こういう時は、알겠습니다(アルゲッスムニダ)を使う方がいいよ。」

と言います。

また、韓国人の友達に聞くと、「うーん、9割の時は、알겠습니다(アルゲッスムニダ)を使うかなあ」と話していました。

「알았습니다(アラッスムニダ)」だと、話し方によっても伝わり方は変わりますが、丁寧さに欠けるというんですね。

ちなみに、親が子供に対して、「ちゃんと部屋の掃除しないとダメでしょう」と言った時、子供はよく「알았어 알았어 (アラッソ、アラッソ)」と答える時がよくあります。

日本語で言うと「はい、はい、分かった、分かった」というちょっと生意気なニュアンスになるのですが、「알았습니다(アラッスムニダ)」は、その延長で捉えられてしまうリスクがあるというのです。

どちからというと、「알았습니다(アラッスムニダ)」は、親しい人に対して使った方が良い表現です

先ほど、上司から部下に対して指示があった時は、알겠습니다(アルゲッスムニダ)の方が良いと書きましたが、上司と部下がとても親しい関係であれば、「알았습니다(アラッスムニダ)」でも大丈夫です。

ただ、相手が社長であったり、あまり親しくない上司であれば、「알겠습니다(アルゲッスムニダ)」と答えておく方が無難です。

もっと分かりやすくいうと、

  • 알겠습니다(アルゲッスムニダ):(少し堅苦しい感じで)かしこまりました。
  • 알았습니다(アラッスムニダ):(少しくだけた感じで)分かりました。

という感じで使い分けると良いでしょう。

意志を伴う알겠습니다(アルゲッスムニダ)

あと、もう一つ、「알겠습니다(アルゲッスムニダ)」は意志を伴うという考え方があります。

겠(ゲッ)は意志を伴う表現だからです。

上司から指示をされた時も、「알겠습니다(アルゲッスムニダ)」と答えれば、指示された内容を理解しただけでなく、それをこれから行いますという意思が伝わります。

ただ、その一方で、学校で先生が授業をしていて、알았어요?(アラッソヨ?)「わかりましたか」と聞いた時は、

理解したことを伝えるために、「알았습니다(アラッスムニダ)」と答える方が良いということになります。

状況に応じて使い分けよう

「알겠습니다(アルゲッスムニダ)」も「알았습니다(アラッスムニダ)」も、습니다を使った表現ですが、状況によって以下のように変化させて使うことも出来ます。

  • 알았어요(アラッソヨ):「分かりました」
  • 알았어(アラッソ):「了解」「分かった」
  • 알겠어요(アルゲッソヨ):(なにか指示をされた時に)「分かりました」
  • 알겠어(アルゲッソ):(なにか指示をされた時に)「分かった」

やっぱり、家族同士や親しい者同士だと、습니다(スムニダ)を使わない時が圧倒的に多いです^^

まとめ

韓国語で「了解しました」という時は、

  • 알겠습니다(アルゲッスムニダ):少しかしこまって返事をする時、言われたことをやるという意思を伝える時
  • 알았습니다(アラッスムニダ):親しい間柄で使う時、言われたことを理解したことだけを伝える時

という感じで使い分けると良いでしょう。

あとは、状況に応じて、語尾を変えながら、使ってみて下さいね!


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

2 Responses to “韓国語で「了解しました」って何て言う?微妙な違いまで徹底解説!”

  1. たく より:

    わかりやすい解説
    とてもためになります。
    今、韓国語を習っている先生には
    アルゲッスムニダしか使っていません。
    アラッソとか言ってみたいけれど
    言っても怒られないとは思うが
    使ったことはないですね。

    • ケン より:

      たくさん

      コメントありがとうございます。
      教室だと、どうしても、最も正式な表現を教えることが多くなりがちですよね。
      機会があれば、アラッソヨとかも使ってみて下さい^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ