韓国語 了解
こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国語で「了解しました!」とか「分かりました!」、或いは「了解!」と返事をする時、アルゲッスムニダとかアラッスムニダという表現を使います。

ここでは、それぞれの表現の意味の違いや使い方について詳しくお伝えしていきます。

韓国語で「了解しました」は何という?

韓国語で「了解しました」と言う時は、大きく分けて、2つの言い方があります。

알겠습니다(アルゲッスムニダ)

相手が目上の人であった場合など、少しかしこまった表現をした方が良い時は、“알겠습니다”を使うのが良いでしょう。

ハングル カタカナ 意味
알겠습니다 アルゲッスムニダ 了解しました、了解

“알겠습니다(アルゲッスムニダ)”の原形は、“알다(分かる)”で、“겠(ゲッ)”は推測、意志、未来を表す接尾辞ですが、ここでは、「意志」を意味していますね。

そして、습니다(スムニダ)は、「~ます。」「~です」となります。

直訳したら、「分かります」と変な意味になりますが、「了解しました」と訳して大丈夫です。

また、この表現は、少しかしこまった表現なので「了解」と言いたい場合は、“알겠습니다(アルゲッスムニダ)”を使うのが良いでしょう

알았습니다(アラッスムニダ)

「了解しました」と訳することが出来るもう一つの表現は、“알았습니다”です。

ハングル カタカナ 意味
알았습니다 アラッスムニダ 了解しました、分かりました

「알았습니다(アラッスムニダ)」は、「알다(分かる)」の過去形表現で、直訳したら「分かりました」となります。

ですから、こちらの方が、日本語的に考えるとしっくり来やすいかもしれません。

アルゲッスムニダとアラッスムニダの違い

実際、“알겠습니다(アルゲッスムニダ)”と“알았습니다(アラッスムニダ)”の違いを簡単に説明すると、

  • 알겠습니다(アルゲッスムニダ):少しかしこまって返事をする時、言われたことをやるという意思を伝える時
  • 알았습니다(アラッスムニダ):親しい間柄で使う時、言われたことを理解したことだけを伝える時

という感じになります。

ただ、ここでは、もう少し掘り下げて、2つの表現の違いについて解説をしていきます。

上司が部下に仕事を依頼をした時は?


例えば、上司が部下に対して仕事を依頼した時、部下が使うのは、“알겠습니다(アルゲッスムニダ)”でしょうか、それとも、“알았습니다(アラッスムニダ)”でしょうか?

他のサイトを見ていると、こういった時は、“알았습니다(アラッスムニダ)”の方が良いと言っている人もいるのですが、韓国人の妻に聞くと、

「いや、こういう時は、알겠습니다(アルゲッスムニダ)を使う方がいいよ。」

と言います。

また、韓国人の友達に聞くと、

「うーん、9割の時は、알겠습니다(アルゲッスムニダ)を使うかなあ」

と話していました。

“알았습니다(アラッスムニダ)”だと、話し方によっても伝わり方は変わりますが、丁寧さに欠けるというのですね。

ちなみに、親が子供に対して、「ちゃんと部屋の掃除しないとダメでしょう」と言った時、子供はよく“알았어 알았어 (アラッソ、アラッソ)”と答える時がよくあります。

日本語で言うと「はい、はい、分かった、分かった」というちょっと生意気なニュアンスになるのですが、“알았습니다(アラッスムニダ)”は、その延長で捉えられてしまうリスクがあるというのです。

どちからというと、“알았습니다(アラッスムニダ)”は、親しい人に対して使った方が良い表現です

先ほど、上司から部下に対して指示があった時は、“알겠습니다(アルゲッスムニダ)”の方が良いと書きました。

しかし、上司と部下がとても親しい関係であれば、“알았습니다(アラッスムニダ)”でも大丈夫です。

ただ、相手が社長であったり、あまり親しくない上司であれば、“알겠습니다(アルゲッスムニダ)”と答えておく方が無難です。

意志を伴う알겠습니다(アルゲッスムニダ)


あと、もう一つ、“알겠습니다(アルゲッスムニダ)”は意志を伴うという考え方もあります。

겠(ゲッ)は意志を伴う表現だからです。

上司から指示をされた時も、“알겠습니다(アルゲッスムニダ)”と答えれば、指示された内容を理解しただけでなく、それをこれから行いますという意思が伝わります。

理解したことを伝える場合は알았습니다(アラッスムニダ)


ただ、その一方で、学校で先生が授業をしていて、알았어요?(アラッソヨ?)「わかりましたか」と聞いた時は、

理解したことを伝えるために、“알았습니다(アラッスムニダ)”と答える方が良いということになります。

状況に応じて使い分けよう

“알겠습니다(アルゲッスムニダ”)も“알았습니다(アラッスムニダ)”も、“습니다”を使った表現ですが、状況によって以下のように変化させて使うことも出来ます。

  • 알았어요(アラッソヨ):「分かりました」
  • 알았어(アラッソ):「了解」「分かった」
  • 알겠어요(アルゲッソヨ):(なにか指示をされた時に)「分かりました」
  • 알겠어(アルゲッソ):(なにか指示をされた時に)「分かった」

やっぱり、家族同士や親しい者同士だと、“습니다(スムニダ)”を使わない時が圧倒的に多いです。

まとめ

韓国語で「了解しました」という時は、“알겠습니다(アルゲッスムニダ)”と“알았습니다(アラッスムニダ)”のいずれかの表現を使います。

部下が上司に対して、少しかしこまった気持ちで返事をする時、或いは、指示されたことをやるという意思をしっかり伝える時は、“알겠습니다(アルゲッスムニダ)”を使うのが良いでしょう。

その一方で、親しい関係同士で使う場合、また相手が言ったことを理解したという意味で使う場合は、“알았습니다(アラッスムニダ)”を使います。

あとは、状況に応じて、語尾を変えながら、使ってみて下さいね!

合わせて読みたい記事