韓国でパスポート更新

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

先日、初めて韓国でパスポートを更新してきました!

パスポートは日本で更新したいなあとずっと思っていたのですが、そんな簡単に日本へは行ける訳でもないのでしょうがありません。

ということで、今回は、韓国でパスポートを更新する際に必要な書類や、後で必ずやるべき厄介な手続きについてお伝えしていきます。

韓国の日本大使館の場所

韓国でパスポート更新が出来るのは日本大使館です。

日本大使館は、地下鉄3号線の安国駅6番出口から歩いて10分で行けるところにあります。

日本領事館は、日本大使館の裏側にありますが、なんとかの像があって物々しい雰囲気の日本大使館と違って、日本領事館はツインタワーで、非常に洗練されています。

韓国でパスポート更新をする際に必要な書類

韓国でパスポート更新をする際に必要な書類は以下の通りです。

  1. 現在のパスポート
  2. パスポート写真(4.5cm x 3.5cm)※6ヶ月以内に撮影されたもの
  3. 申請書(領事館で記載すればOK)
  4. 手数料(受領時に現金で支払います。今回10年用は145,000ウォンでした)

※戸籍地が変わっていれば戸籍謄本も必要となります。

ちなみに写真はフォトスタジオへ行って20,000ウォンで撮影してもらいました。

もちろん、韓国ではフォトショップで勝手に若々しく修正してくれます!

申請に行くと、受領証をもらって、基本的には1週間後にパスポートを取りにいけばOKです。

韓国でパスポートを更新した後にやるべきこと

と、ここまでは簡単なのですが、韓国でパスポートを更新すると、実はもう一つやっかいな手続きがあります。

それは、パスポート情報が更新されたことを14日以内に韓国の出入国管理局に報告しなければいけないということです。

これを忘れると罰金刑に処せられます

(私も以前、引っ越しををしたことを届出しなくて思いっきり引っ掛かったことがありました。
その時は、最初ということで、何とか罰金は免除してもらえましたが・・・)

出入国管理局への提出書類と厄介な手続き

具体的には以下の書類を取り寄せて、FAXで出入国管理局へ送るようになります。

  • 統合申請書
  • 新しいパスポートのコピー
  • 外国人登録証のコピー

一見簡単そうに見える手続きなのですが、実は諸事情で困難を極めました。

まず、統合申請書は、出入国管理局が提供しているサービスのHP(http://www.hikorea.go.kr/)から取り寄せることが出来るのですが、自宅にあった日本のパソコンでアクセスしようとしたら怪しいメッセージが・・・

カンタンに説明すると、セキュリティが厳しすぎて日本のパソコンからだとアクセス出来ないんですよね・・・

しょうがないので、自宅にあったオンボロの韓国パソコンからアクセスしたのですが、そのパソコンにはプリンタがなかったので、ファイルを日本のパソコンに転送しました。

ところが・・・

ファイルはアレアハングルで出来ているじゃないですか(T-T)

アレアハングルとは、MSワードに似た韓国でしか使われていない文書ソフトです。

最近は一般の会社ではあまり使っていないそうですが、公的機関では根強く使われています。

ちなみに我が家のプリンタ付きの日本のパソコンではアレアハングルが見られませんでした。

(昔は、ビューアーというプログラムがあったのですが、今はなくなっているようです)

そこでアレアハングルのビューアーが入っている別の日本のパソコンに転送して、そこでPDFに変換して、それをまたプリンタ付きの日本のパソコンに転送してやっとプリントアウト!

ややこしや~ ややこしや~

ちなみに韓国ではコンビニだとFAXを送ってくれるサービスがないので、FAXがない我が家では、洞事務所へ行って送信をしてきました。

いろいろすったもんだしましたが、取り敢えず韓国でのパスポート更新が無事に終わり、ホッとしております。

合わせて読みたい記事