こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

先日、自分が持っているビザの有効期限が近づいてきたので、ソウルの出入国管理局へ延長手続きに行ってきました。

ところが、そこで、予想外の展開が待っていたんですね。

ここでは、あなたが、私のような恐ろしい体験をしないようにするため、その時の様子をお伝えしていきます。

韓国のF6ビザの延長手続きに必要な書類

ちなみに私のビザはF-6(結婚移民)なのですが、ビザの延長手続きには以下の書類が必要とのこと。

  1. パスポート
  2. 外国人登録証
  3. 結婚関係証明書
  4. 住民登録謄本

(3と4は、最寄りの洞事務所(トンサムソ)で取り寄せました)

書類がそろったので、ソウル出入国管理事務所(世宗路出張所)まで行き、書類を提出したのですが・・・・

そこで。予想外の展開が待っていたのです。

出入国管理局でのトラブル

書類を窓口で提出をしたのですが、8月に引っ越しをしていた私は、何気なく

「あっ、この間、引っ越しをしました」

と伝えたんです。

すると窓口の職員の方から、少し驚いた様子で、

「えっ、そうなんですか?じゃあ、ここは2階ですけど、3階へ行って下さい」

と言われました。

3階へ行くと、いくつかのコーナーがあり、最初は、ビザのコーナーへ行ったのですが、そこの窓口の人からは、

「こっちじゃなくてあっちですね」

と言われました。

言われたところへすぐ行ったのですが、そこの看板には、なんと”司法”と書かれているではありませんか。

えっ、もしかしてまずいことになっちゃったかも・・・

ドキドキしながら、窓口へ行くと、このように言われました。

「引っ越しをしたら、14日以内に出入国管理局か最寄りの区庁へ報告をしないと、罰金になります。」

えっ、罰金((((;゚Д゚)))

かなりビビっている私・・・

結局、最後はどうなった?

窓口の人は、ゆっくり話し続けます。

「本当は、1日でも遅れてしまうと最低10万ウォン(1万円)の罰金なのですが、今回は初めてなので、罰金はなしで大丈夫です

あーよかったーε=( ̄。 ̄;)

ただ、危うく罰金は免れたものの私の申請書には、”出入国管理法違反”というハンコが押されてしまいました(T-T)

引っ越ししたら出入国管理局へ報告を

後で、妻にその話をすると、「誰もそんなことを教えてくれなかったわよ~」

と少し怒っていましたけど、確かに、これって気が付かないですよね(T-T)

引っ越しの届け出をしなかっただけで、罰金騒動になってしまうとは、改めて、自分は外国人なんだなあと実感してしまった次第です。

韓国に住んでいて、この入国法を知らない方は、私のような失敗をしないようにして下さいね*(^^)*

合わせて読みたい記事