こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国に住んでいると、韓国では、日本ではほとんど無名の湿布が何故か大人気であることに気が付きます。

それが何かというと・・・

ロイヒつぼ膏(ろいひつぼこう)という丸い湿布です。

韓国の人が日本へ行くと、お土産として買ってくる人気ベスト3に入っているという話もあるのだとか・・・

そこで、今回は、韓国でのロイヒつぼ膏の人気の度合いやその秘密についてお伝えしていきます。

韓国で大人気のロイヒつぼ膏

ロイヒつぼ膏は、韓国人のお土産としても人気ですが、韓国内でもいろいろなところで、買うことは可能です。

私が住んでいるソウル・ヨンシンネにもロイヒつぼ膏(ろいひつぼこう)を売っているお店があります。

いわゆる海外からの輸入雑貨を扱っているお店であれば、ロイヒつぼ膏は基本的に置いてあるという感じです^^

なんでロイヒつぼ膏は韓国人に人気なのか?

しかし、今でもまだ分からないのは、なぜロイヒつぼ膏がそんなに人気なのかということです。

ネットで調べてみてもその理由が全然出て来ません。

韓国人の妻に韓国語のインターネットでもかなりじっくりと調べてもらいましたが、それでもこれと言った情報は出て来ませんでした

妻は、

「中にいっぱい入っていて、お得感があるからじゃないの?」

「韓国にはこういった小さい丸い湿布がないから新鮮なんじゃないの?」

とか韓国人の立場からいろいろ意見を言ってくれるのですが・・・

ここら辺はまた情報が分かり次第、ご連絡いたします!

ロイヒつぼ膏は効果ない!?

今回は、試しに、156枚入りのセットを一つ10,000ウォン(約1,000円)で買ってみました。

ちょうど、妻が肩が痛いと言っていたので、韓国で買って来た湿布と一緒に並べて貼って上げたのですが、妻曰く

「日本のやつ、全然効果ないわよ」

えっ(´・ω・`)

私も、試しに首にペタペタ貼ってもらいました。

私の場合、少しジワーッと来ましたが、そこまで驚くほど効果があるとは、感じませんでした

実際、私は日本にいる頃、ロイヒつぼ膏は見たこともなければ聞いたこともありませんでした。

妻は、話を続けます。

「そういえば日本のあの湿布は、すごく良かったわ。

塗るタイプのもので、えっーと」

「もしかしてバンテリン!?」

妻「そうそう、それそれ~」

10年間日本に住んでいた妻に言わせれば、ロイヒつぼ膏よりもバンテリンの方がずっと効果があるというのです。

そう言われてみれば確かにそうかも^^

ということで、次は韓国でバンテリンブームが来ることを密かに期待しています!

韓国でオススメの湿布

ちなみに湿布は、韓国では、파스(パス)と言います。

薬局で買う時に、私は、”센것 주세요”'(センゴ ジュセヨ)
(強いの下さい)というと、しっかり効くやつを出してくれます。

ちなみに我が家の家族が愛用しているのは、こちらのインドプラスという湿布です。

値段は、6枚入って3,000ウォンです。

韓国の湿布も結構、効果あると思うんですけどね~^^;

合わせて読みたい記事