こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国人は登山が大好きです。

私が住んでいるソウルのヨンシンネには北漢山という有名な山があるのですが、ソウルで登山をするなら、絶対、北漢山がオススメです!

実は、先日、北漢山から絶景を見ることが出来る登山ルートを見つけたのでご紹介していきます!

北漢山へ行き方はいろいろある

北漢山は標高836mの大きな山なので、登山ルートへの行き方もいろいろあります。

ソウルを走る地下鉄3号線の駅からだと、クパバル駅、ヨンシンエ駅、プルガン駅といずれかからも行けるルートがあります

クパバル駅から行った時のルートはこちらです。

>>北漢山の登山体験!一番楽なルートはどれ?

私が妻とヨンシンネ駅から歩いて登山に行く時の様子はこちらの記事でご紹介しています。

>>韓国の登山事情~登山人口や山登りをする人たちの特徴

そして今回は、韓国人の友達と一緒にプルガン駅から少しバスに乗っていくコースを利用したののですが、今までの登山ルートで一番満足度が高かったです!

北漢山のオススメ登山ルート

今回の登山ルートを簡単にご紹介すると以下のようになります。

まず、私たちは、プルガン駅の2番出口で待ち合わせをしました。

次に、불광역 불광동주민센터(プルガン駅 プルガン洞住民センター)のバス停から北漢山方面に向かいます。

何番のバスに乗っても大丈夫です。

バスは10分ぐらい乗りますが、トンネルを通過した直後に、구기동현대빌라(クギ洞ヒョンデマンション前)というバス停で降ります。

バスを降りたら、이북오도청(北朝鮮五都庁)の方向へ向かって歩いてきます。

ちなみに登山道に入っていく途中の道は、自然が豊かなのに、田舎っぽい感じが全然しません

ソウル 登山

ここのエリアは芸能人などお金持ちの人がたくさん住んでいるんだそうです。

本当は、ここにも地下鉄の駅を作ろうという話があったそうですが、そんなことをしたら、街が汚くなると住民からの反対があり、却下されたんだとか

確かに、私が住んでいる庶民の町、ヨンシンネとは格が違う感じがします。

街並みはとても静かで美しく、まだ山に入っていないのに心が洗われるような気持になります。

そして、북한산 탐방로(北漢山探訪所)という登山道の入り口から北漢山に入り、승가사(スンガ寺)を目指して登っていきます。

ソウル 登山

登山ルートを地図にするとこんな感じです。

北漢山の登山道は美しい自然に囲まれいてマイナスイオンたっぷりです。

ソウル 登山

そして、승가사(スンガ寺)の手前で사모바위(サモ岩)の方へ15分ほど登ると頂上に着きます。

サモ岩を遠くから見るとこんな感じです。

北漢山 登山

一瞬、サモ岩のテッペンまで登るのかと思ってドキッとしました。

韓国の登山では最後、絶壁の岩山を登ることがよくあるので・・・

でも、そこまではしなくて良いとのこと^^;

そして、サモ岩があるところに着くと・・・

そこには360°パノラマの絶景が広がっていました!

ソウルの街も遠くに見えます。

北漢山 登山

反対側の山の景色も本当に素晴らしいです。

北漢山 登山

山を登る時は、普段の運動不足がたたって、ぜーぜー言っていましたが、頂上へ着くと、そんな疲れは一気に吹き飛びました!

そして頂上の目印であるサモ岩

一応、登ろうと思えば登れるそうですが、降りるのが本当に大変なんだそうです。

うん、良い子はマネしないようにしよう・・・

実は青瓦台襲撃未遂事件の舞台となった場所

ところで話は一転するのですが、このサモ岩の付近には、歴史的な洞窟があるというのです。

実は、この場所は、1968年に起こった青瓦台襲撃未遂事件で北朝鮮の31名の特殊工作員が当時の朴正煕(パク・チョンヒ)大統領の暗殺という目的を遂行するため身を潜めていた場所なんだそうで・・・

北漢山 登山

頂上付近から少し降りると、確かに洞窟があります。

北漢山 登山

その中に入ってみると、その中で、人の気配が・・・

ドキっとして見たら、北朝鮮の特殊工作員の人形でした(汗汗)

北漢山 登山

この場所から、大統領の命を虎視眈々と狙っていたとは・・・

ちなみに特殊工作員の暗殺作戦は失敗をして、29名が射殺または自決で死亡し、1名は北朝鮮に逃亡、そして1名は逮捕され、今は韓国の牧師をしているのだとか。

ソウル市内を一望できる絶景の陰に、韓国の闇歴史の跡地があるなんて、ギャップありすぎでしょう^^;

この感動とインパクトは直接ご確認下さい!

本当は北漢山の絶景の素晴らしさや歴史的な洞窟に漂う緊迫感をお伝えしたかったのですが、写真や文章だけだとなかなか難しいですね。。。

ですから、もしソウルへ来られる機会があれば、北漢山へ行ってみて、その凄さを肌身で直接、感じてみて下さい。

かくいう私も紅葉の美しい季節になったら、また北漢山を登ってみたいと思いまーす(*´▽`*)

合わせて読みたい記事