韓国は台風が少ない!いざ来てみて分かった重大な事実!

スポンサードリンク

韓国に住んでいると感じるのは、韓国は台風が本当に少ないということです。

考えてみれば、韓国は台風も少ないですし、地震もほとんどなく、日本に比べたら自然災害が本当に少ない国だなあと感じています。

でも、そんな韓国に先日、台風がやってきました。

その時の韓国の様子と、台風が来て気が付いたある重大な事実についてお伝えしていきます。

台風はなぜ韓国の手前で曲がる?

一般的に台風は、熱帯地方で発生した後、九州と朝鮮半島を目指して北上してくるケースが多いかと思います。

しかし、九州に上陸をした後、朝鮮半島に進むことは稀で、東に急旋回して、日本列島をなぞるように進んで行くことがほとんどです

台風が、韓国に来る直前で、東に大きく曲がる理由は、こちらのサイトによると、台風は太平洋高気圧の縁を回るように北上するのですが、朝鮮半島に来る直前で、大陸からの偏西風(常に西から吹く風)に流されるからなんだそうです。

仮に、台風が韓半島に近づいたとしても、被害が出やすいのは、済州島や釜山など南の方が中心なので、ソウルにいると、台風の影響を受けることはほとんどありません。

実際、韓国は台風が少ないということもあり、水不足になることも多いです。

そんな時は、台風が来ないかなあと思うのですが、いつも韓国に来る直前で見事に東へ曲がってしまいます。

台風は韓国が嫌いなのかなあと思ってしまうぐらいです^^;

韓国に台風が6年ぶりに上陸

しかし、そんな韓国にも先日遂に台風19号が上陸するというニュースが流れて来ました。

韓国に上陸するのは、何と6年ぶりなんだそうです。

韓国は台風が少ないなあと思っていたら、そんなに長い間、来ていなかったのですね。

韓国に台風がやってきて初めて気が付いたのですが、韓国では台風19号と呼ぶこともあるのですが、基本的には솔릭(ソルリク)と名前を付けてニュースで報道していました。

ちなみに台風20号は、사마론(サマロン)と呼ぶんだそうです。

ここら辺はアメリカと同じような感じです。

そして、台風が韓国に上陸すると言われていた8月24日は、全国で7800ヶ所の幼稚園や学校が休園・休校ということになりました。

もちろん、我が家の子供たちは大喜びです^^

さらに、台風が来る前日は、注意喚起を呼びかけるメッセージがスマホにガンガン来ていました。

台風いざ上陸!・・・あれっ!?

韓国は地震と同様に、台風にも慣れていないので、23日は、テレビのニュースを見ていても、かなりの緊張感に包まれていました。

台風がソウルを通過するのは、24日の明け方頃だと言われていたので、

「一体、24日の朝はどうなってしまうんだろう」

と思いながら、23日の夜は休んだのですが、24日の朝、目覚めてみると・・・

雨も降っておらず、風も吹いていませんでした。

実は、台風19号は韓国の首都圏を直撃せず、進路を東に変えて、勢力も弱まったとのことです。

正直、「あれっ」と、少し拍子抜けしたところもありましたが、それでも大きな被害にならず、良かった良かったという感じです^^

韓国に台風が近づいて気が付いたこと

韓国は地震も少ないですが、台風も少ない国です。

ですから、家の造りも地震や台風を想定した作りになっていません

韓国で地震が起こったら超ヤバイ5つの理由

実は、今回、台風で大雨が降るというニュースを聞いていて、一つ、「アッ!」と重大な事実に気が付きました。

それは、韓国には、半地下の家が多いということです。

半地下とは、文字通り、半分が地面より下に埋まっている部屋のことを言います。


↑昔の我が家ですm(__)m

もし、ソウルに大雨が降って、半地下の家に水が流れ込んだら・・・

下手をしたら、体の半分以上が水に浸かってしまうかもしれません

半地下に住んではいけない!?韓国のリアルな賃貸&住宅事情

もしかしたら、杞憂なのかもしれませんが、それでも最近は何が起きるか分からないご時世なので、気を付けた方が良いのかなと思っています。

まあ、心配したら、キリがないと言えばそうなんですけどね^^;


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

14 Responses to “韓国は台風が少ない!いざ来てみて分かった重大な事実!”

  1. いぐみ より:

    ちは!久しぶりです。
    韓国では、ゲリラ豪雨と言うのもないのですか?
    日本では10分程度で物凄い雨が降り、川の水位が上がり、都市部では晴れた後に冠水してしまう。なんてことも。
    半地下は怖いですね…。
    気候が変動したからって、すぐに建物や、都市の構成を変えられないし。
    また韓国情報を楽しみにしてます。

    • ケン より:

      いぐみさん

      コメントありがとうございます。
      韓国では、昔からソナギというにわか雨が降ることがよくありますが、日本のゲリラ豪雨ぐらいまでの感じにはさすがになりません。
      今年の夏も韓国では雨自体がほとんど降りませんでした。
      半地下の家は、いろいろな意味で不便なので、そこから2Fに引っ越した時は、天国に来たような気分になりました^^
      また、気になる韓国情報がありましたらお伝えしていきますね!

  2. カナ より:

    ドラマでも
    半地下の家が良く出てきて
    「防犯上大丈夫なのかな?」と
    思っていましたが
    確かに 豪雨になったら
    大変ですね!!

    話は変わりますが
    今ドラマ「ミスティ」を
    ハマって見ています。
    おススメしていただいて
    ホント良かった(^O^)
    ケンさんのテーマソングが
    頭の中をぐるぐる回っています(笑)

    • ケン より:

      カナさん

      コメントありがとうございますに
      一応、半地下の家は窓が鉄格子になっているので、防犯上も問題はないのですが、檻の中にいるようで気持ちは良くないですよね^^;
      ミスティは、素敵なテーマソングやチ・ジニの渋い演技を味わうだけでも見る価値がありますよね~^^

  3. matiken より:

    ケンさん こんにちは。台風何事も無くよかったですね。韓国は 台風や地震はあまりないようですね。私の住んでる県は昔から よく《台風銀座》と言われてます。室戸岬辺りは 今回も暴風雨。被害がなくてよかったです。台風の度学校が休校になるのが 嬉しかったこを思い出します。こちらは近い将来 地震津波が 必ず起こると言われてまして 勤めている幼稚園でも 地震 家事を、想定しての避難訓練を毎月実施してます。各自防災頭巾やライフジャケットを教室に備えてるんですよ。私達からすると 万が一何かが起こるとすれば 保育中でありませんようにと 願います。

    • ケン より:

      matikenさん

      コメントありがとうございます。
      室戸岬は台風が来た時、NHKのニュースでも時々様子が写されたりしていますよね。
      日本に来ていると地震や台風が韓国に来たら、大パニックになると思います。
      その分、日本は災害に対する備えのレベルは世界一だと思います。
      これからもしばらくは台風が来るかと思いますが、普段から培われた防災力で被害ゼロになることが願っております!

  4. きよきよ より:

    ケンさん、こんにちは。

    韓国(短期?1~2年ぐらい?)居住を計画中の自分です。

    このブログ記事を読んで、やっぱこりゃあ、(安価でも)地下住居はダメだわぁー。これは計画から完璧、外すことにしました。笑

    そちらは、台風が6年ぶりですかー。少ないですねー。

    自分が住む地域、今年も、台風も地震も数回ちゃんとありました。

    地震はともかく、台風に関しては、偏西風ということですが、列島が半島の防壁のような状態になってるみたいですね。

    今年、列島に乗り上げた台風は、東から西にカーブして来ました。まあ、過去にもこのルートをたどった台風はあったようですが、めずらしい経路ということらしいです。

    目下、ハングルの勉強中で頭がパンパン状態になっています。11月に2週間ほど釜山に行く予定です。ベンキョーしたハングルがどこまで通じるのか楽しみです。

    • ケン より:

      きよきよさん

      コメントありがとうございます。
      韓国に日本みたいな豪雨が降ることはあまり考えられないのですが、日本の豪雨を経験される方が見ると、どうしても気になってしまいますよね。
      今年、東から西へ流れ、そしの途中で一回転する台風の動きには私も驚きました。
      そういった異常気象の年だから、韓国にも台風が来たのかなって思います。
      韓国語がんばって勉強していらっしゃるんですね!
      ちなみに、釜山は方言のキツイ人が多く、同じ韓国人でも聞き取れないことがあるそうなので、万が一、言葉が分からなくても気にされないで、韓国での生活を思いっきり、楽しんで下さい^^

  5. Meg より:

    フィリピン人にオンラインで英会話を習っているので、ほぼ毎日彼らと話をしまが。この時期は挨拶代わりの様に台風が来ていると言う話になります。面白いのは、彼らのほとんどがその台風がその後日本にやって来ているって事を知りません。でも、私も日本を通過後の事なんて考えなかったなぁ~なんて反省したりします。
    しょっちゅう停電、洪水で街が浸かっているなんて話は普通にありますが、防災と言う意識も無いようで、あるがまま、なすがままに受け入れている彼らを見ると、先進国の日本は騒ぎすぎなのかなぁ~なんて思ったりします。自然と共存してるんだから当たり前って事を教えられているような。いつも思い知らされます。
    すみません話がそれました。
    最近異常気象で集中豪雨、洪水、地震まで日本は自然災害が多い国なんだなぁと改めて思います。そういう点では韓国が羨ましいです。だからか日本の歌謡曲は励ましの曲が多くて、韓国にはこういった曲が少ないのかな?なんて思います。

    • ケン より:

      Megさん

      コメントありがとうございます。
      フィリピンの方の感覚は、ある意味、すごいですね!
      自然との共存というのは本当に大変なんだなあと改めて感じさせられます。
      韓国は確かに自然災害は少ないですが、その代わり、いつ戦争が起きてもおかしくないという緊張感があります。
      もちろん、現在、南北は融和モードになっていますが、まだ休戦の状態は続いていますし、去年は南北関係がかなり緊迫したので、頭の中で避難シミュレーションをいろいろ考えていました。
      どこにいても、何らかの形で人々の心を悩ませる要因はあるものだと思います。
      そういった意味で、世の中はやっぱり平等に出来ているのかもしれませんね。

  6. たく より:

    19号上陸とのことで心配していました。
    台風の名前は、順番に決めていて、当てられるようですね。
    日本語ではソーリックとなっていました。
    上陸してしまえば、海水からの水分補給は途絶えますので、
    急激に勢力は弱まると思います。
    済州島とか海岸沿いの町は大変だったと思います。
    内陸はそれほどの被害はないのかなと推測していました。
    台風20号は風が強かったです。

    • ケン より:

      たくさん

      コメントありがとうございます。
      確かにそうですよね。
      そういった意味で、ソウルに本格的な台風がやってくるのは、まだ先なのかもしれません。
      韓国のテレビのニュースでも済州島の様子ばかり伝えていました。
      台風は、年々大型化しているので、困ったものですが、日本にも被害が出ないことを願っております。

  7. たく より:

    27日は関東全域で激しい19時頃から雷雨があり
    一時的に相当雨が降りました。
    おかげで今日はずいぶんと涼しいです。

    • ケン より:

      たくさん

      韓国も昨日から雨がたくさん降っていて、警報も出ています。
      ソウルも大雨ですが、忠清南道の方にある大田市はかなりヤバイことになっているみたいです・・・
      気温もグッと下がって来て、少し前までは、ムチャクチャ暑くて大変だったことが嘘のようです。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ