韓国の8月も中盤に差し掛かりましたが、気温は安定して高い状態が続いています。

今年の韓国の夏は、記録的な猛暑となり、エアコンがまだない我が家はかなりキツイ感じです^^;

そこで、今回は、8月の気温と服装についてレポートしていきます。

さらに、韓国人を悩ませてきた累進税という恐怖の電気代のシステムのある変化についてもお伝えします。

8月のソウルの気温

8月のソウルと東京の平均気温をAccuWeatherで比較してみると大体以下のような感じです。

8月のソウルの平均気温

最高気温 最低気温
8月上旬 30℃~31℃ 21℃~22℃
8月下旬 27℃~31℃ 18℃~22℃

8月の東京の平均気温

最高気温 最低気温
8月上旬 29℃~30℃ 23℃~23℃
8月下旬 28℃~30℃ 22℃~23℃

ちなみに2018年の8月に関しては、東京よりもソウルの方が気温が高かったようです。

韓国では8月1日に江原道で41.0℃という観測史上最高の気温を記録し、ソウルも39.6℃とこれも観測史上最高気温となりました。

ちなみに、ソウルの観測史上最高気温は1994年7月の38.4℃でしたが、その記録を24年ぶりに更新したことになります。

韓国の8月の服装

こういった暑い日が続いているので、服装に関しても、半袖や半ズボンの人をよく見かけます

韓国の暑さも、ある意味、日本と変わらないので、服装は日本と同じように考えて全然問題ありません。

また、男性でもサンダルを履いている人をよく見かけます。

ただ、その一方で、韓国も8月は日差しが、かなり強くなるので、日焼け止めクリームは必須です。

韓国の累進税にも変化が

先回、7月末に韓国の夏も暑いですよ~という記事を書いた時、韓国のエアコンは安くても15万円以上するので、結局、買うことが出来なかったお伝えしました。

韓国の夏も暑い!日本とは違うと思っていたけれど・・・

しかし、今から振り返ると、20万円払ってでもいいから、エアコンを買っておけば良かったとすごく後悔しています。

人は、猛烈に暑いと、ちょっとした怒りが湧いてくるところがあるみたいで、娘のカカオトークのプロフィール画面が、娘自作のこんなイラストになっていました。

娘よ、ごめん(T-T)

また、実は、韓国では、エアコンを使い過ぎると、電気代が累進税(누진세)というシステムで二次関数的に上がる仕組みになっています。

韓国人を悩ます電気代の累進税

だから、エアコンを持っている人の中にも、累進税が怖くて暑くてもエアコンをフルで使えない人が多かったんですね。

しかし、今年の猛暑の影響で、「累進税を気にしてエアコンの利用を我慢してしまうのはおかしい」という声が上がり、累進税の改善が検討されることになりました。

その結果、7月~8月の電気代は、平均して19.5%安くなったそうです。

韓国では、累進税の影響で月々の電気代が10万円を超える家庭もあったりしたので、それを考えると、それなりに改善されてきて良かったなあという感じです。

まあ、我が家にとっては、今年はあまり関係ない話ですが・・・^^;

来年こそは、20万円以上のエアコンを買って、電気代を気にせず、バンバン使いまくり、快適な夏を過ごしたいと思っているところです!

>>韓国の9月の気温・天気・服装~旅行で気を付ける点は?

合わせて読みたい記事