ソウル登山のおすすめコース!地下鉄の駅からなんと徒歩2時間で・・・


ソウル 登山

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国旅行の楽しみ方は、いろいろあると思いますが、その中の一つに登山という選択肢もあります。

実は、ソウルには、地下鉄の駅から徒歩2時間で、断崖絶壁の山頂に到達できる登山コースがあるってご存知ですか?

今回、こちらのコースに、有名ブロガー兼YouTuberの方をご招待して一緒に登って来たので、そのレポートをお伝えしていきます。

ソウルおすすめ登山コースの動画紹介

実は、今回、韓国YouTuberの加藤さんをソウルおすすめ登山コースにご招待したのですが、加藤さんが、その時の様子を動画にアップして頂きました。

加藤さんと言えば、ハングルノートという圧倒的なアクセスを集めているブログの運営者でもあり、最近は、YouTuberとしても活躍されています。

>>ハングルノートの加藤さんとお会いして感じた日韓の良き関係の築き方

今回、登山をした後に、加藤さんがアップされた動画では、ソウルの登山コースの特徴や、頂上からの絶景を見ることが出来るので、是非、ご覧になってみて下さい。

ちなみに、こちらの動画では、私から加藤さんにこの韓国ブログとのコラボ企画みたいな感じでやって欲しいということでお願いしたこともあり、私もちょっと顔出ししています^^

また、この登山コースに、関心のある方は、是非、以下の記事を読んで頂けるとうれしいです。

最後に、撮影裏話も載せておりますので!

ソウルから徒歩2時間で行ける登山コース

山登りというと、基本的には山の麓まで車で移動して、そこから登山を開始というイメージを持つ方は多いのではないでしょうか。

しかし、韓国のソウルには、地下鉄の駅から徒歩で行けてしまう登山コースがあります。

そんな便利な地下鉄の駅とは・・・

地下鉄3号線と6号線が通るヨンシンネ(연신내)駅です。

まあ、私の家の最寄り駅なんですけどね^^;

そして、登る山は、北漢山という標高836mの山です!

と言っても、北漢山に登ったら、必ず、836mの頂上を目指す訳ではなく、北漢山には、様々な峰があるので、それに応じた何種類かのコースがあります。

今回、加藤さんと登ったところは、こちらの峰です。

実は、このてっぺんまで、ソウルの地下鉄の駅から、なんと徒歩で2時間で行けてしまうのです

車やバスに乗る必要は一切ありません。

ちなみに、行きは2時間掛かりますが、帰りは、1時間で駅まで戻って来れるので、往復で3時間ですね。

朝早くソウル駅を出て、山頂で絶景を楽しみに、ヨンシンネの美味しいお店やカフェでゆっくりくつろぐのがオススメのコースです^^

登山コースの入り口まで

ソウルのヨンシンネ駅から北漢山の登山コースへ行くには、まず2番出口を出ます。

駅を出て、30mぐらい歩いてから、道の反対側へ行き、北漢山の見える方向へ真っすぐ進んでいきます。

途中で警察署があるので、その右側へ入っていきます。

すると、北漢山がどんどん目の前に迫って来ます。

こういった所に住んでいたら、景色としては最高ですよね~

すると目の前に、北漢山の登山コースの入り口があります。

横のお寺が目印です。

さあ、登っていきましょう!

ちなみに山の麓近くでは、運動器具を置いている箇所がいくつかあります。

一体、どうやって、ここまで運動器具を持って来たのか、そして、何でここまでわざわざ持って来たのか、不思議に思う気持ちはいろいろあるのですが・・・

もし、体力があり余っている人がいたら、こちらの運動器具も是非お楽しみ下さい!

ソウル登山コースの特徴

ソウルの登山コースの特徴は、岩肌のコースが多いということです。

ですから、所々に、険しいコースがあります。

手すりにつからまないと登れず、思わず、「ファイト~ いっぱーつ」とリポビタンDばりに叫びたい気持ちになるようなところもあります^^;

(ちなみに、韓国だと、バッカスDでしょうか・・・)

また、韓国の山は、基本的にで岩山で、崖になっているところも多いので、危ないところには決して近寄らないようにして下さいね。

実際、この登山コースでも、途中で「墜落注意」と書いた看板を所々に見かけます。

このコースは、まだ大丈夫だと思いますが、北漢山全体だと、10年間で85名の方が亡くなっているという話もあり・・・

そういった方は、白雲台という836mの一案高いところを目指しているケースが多いと思いますが、普通のコースでも無茶はしない方が良いと思います。

広がる素晴らしい景色

険しいポイントの多い北漢山ですが、その一方で山から見える景色は本当に素晴らしいものがあります。

岩肌が見える斜面て、なんかカッコいいですよね。

そして、北漢山はソウルに隣接した山なので、ソウル市内も一望することが出来ます。

もちろん、山の方を向けば、美しい自然の世界が広がっています。

何度でも言いますが、こういった景色は、ソウル市内から歩いて2時間も歩かずに体感することが出来るんです。

いざ、頂上へ!

そして、登山もいよいよクライマックス。

最後の岩の部分は、ちょっと危険なので、墜落注意の看板が・・・

それでも、ここまで来たら、やっぱりてっぺんを目指さないとダメですよね^^

というかみんな平気で登っていますし・・・

そびえたつ岩の間をつたいながら、登って行きます。

そして頂上に到着して、そこから見える景色は本当に最高です。

もし、天気が良ければ、漢江、南山タワー、ロッテワールドタワー、全部、見えちゃいます!

もちろん、美しい自然の景色も堪能することが出来ます。

この日は、朝9時にヨンシンネ駅を出発したのですが、昼の11時にはこの場所に到達することが出来ました。

ソウル登山の注意点

私自身、普通の韓国旅行に飽きて来た人には、是非、ソウル登山を体験して頂きたいと思ってはいます。

ただ、その一方で注意すべき点がいくつかあります。

怪我には十分な注意を

韓国の山は、岩山が多いので、場所によっては危険なところも多いです。

また、万が一、怪我をしてしまった時、通常の海外旅行保険だと免責になってしまう可能性があると思います。

ですから、保険に加入される場合は、登山での怪我が対象になるか確認をして、もし対象外だったら、そういったケースもカバーする保険に入られるのが良いかもしれません。

一応、私自身、韓国に来てから、数十回ぐらい登山をしていますが、怪我をしたことは一度もないので、危ないところを避ければ基本的には問題ないかと思います。

でも、やはり無茶は禁物ですよね。

滑りにくい靴で登ろう

服装に関しては、韓国の人達は、上から下まで登山服でバッチリ身を固めていますが、私はいつも普段着の延長で登っています^^

ただ、岩が多いので、滑りにくい靴を履いていくと良いでしょう

といっても、スニーカーで十分ですけどね。

特に、岩の上に葉っぱが覆いかぶさっていると、ずるっと滑る時があるので、ご注意下さい。

分かれ道が多い

これは、北漢山に限定した話かもしれませんが、こちらの山には、本当にたくさんの登山コースがあります

そして分かれ道もいろいろあります。

ですから道を間違えると、全然違ったところへ行ってしまう可能性もあるので、その点もご注意下さい。

一応、時間的な条件が合えば、ご案内することも可能かもしれないので、その際は、事前にご一報ください^^

YouTube撮影裏話

最後に、YouTube撮影裏話をちょっと・・・

実は、私、加藤さんが、撮影をしている時は、邪魔しちゃいけないと思って、黙っていたんです。

だから、「今は、撮影中じゃないな」と思った時、加藤さんにいろいろと話しかけていました。

でも、加藤さんのYouTube動画を見たら、その時の声が、たくさん拾われていたんですね(笑)

まさか、そこで話した内容がアップされるとは思っていなかったので、思いっ切りおじさんトークになっています^^;

ただ、もし、最初から、私の声をアップすると聞いていたら、緊張して口が回らなくなっていたか、おやじギャグを連発していたかのどちらだったと思うので、これで良かったんだと思っています^^

今回、加藤さんと一緒に登山が出来るということで、本当に楽しい時間を過ごせたのですが、その一方で、心配な点もありました。

それは、北漢山は、ものすごく険しいので、カメラが落ちて壊れてしまわないかということと、加藤さんが怪我をしないかということでした。

特に、緊張感がクライマックスになったのは、頂上でして・・・加藤さんが頂上から崖の下を撮影しているのを見て、観ている私の方が、もっとビビっておりました((((;´゚Д゚)))

その時の私の悲痛な叫びも、動画の中では、しっかり収録されておりますm(__)m

何はともあれ、加藤さんもカメラも無事で本当に良かったです^^

加藤さんとは、先月、初めてお会いしたのですが、今回も一緒に登山させて頂いて、「むちゃくちゃいい人だ」と改めて実感しました。

加藤さんのYouTube動画は、クオリティが高く、工夫もいろいろされていますし、何よりも加藤さんの人柄の良さがにじみ出ていますが、是非、チャンネル登録をして頂けるとうれしいです^^

>>加藤さんが作ったソウル登山の紹介動画はこちらから

↓いつも応援して頂き、本当にありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

合わせて読みたい記事





次の記事: »

前の記事:«

7 Responses to “ソウル登山のおすすめコース!地下鉄の駅からなんと徒歩2時間で・・・”

  1. GWINJI より:

    YouTube拝見してきました^^*
    ハイキング的な登山かと思いきや、なかなかな登山でびっくりしました。
    しかしマスク登山…トレーニングですね^^;

    • ケン より:

      GWINJIさん

      YouTubeもご覧になって頂いてありがとうございます!
      かなり急な崖を登っていくのでなかなかスリリングですよ~^^

      マスク登山はマジでヤバかったです(笑)

  2. Ky より:

    Kenさん、はじめまして。韓国在住の日本人夫婦です。
    ブログと拝見いたしました!登山をしたいと思い探していたらケンさんのブログを見つけたのでご連絡した次第です。すごくわかりやすく、登りたい意欲が湧きました ただ分かれ道が多く迷う可能性があると書かれていましたが、標識頼りでは登山は難しいでしょうか?初心者なので、よくわからず、、何か事前に準備した方が良いものとかありましたら教えていただけないでしょうか。

    • ケン より:

      Kyさん

      こんにちは!

      どういった登山コースにもよりますが、標識があるところもあれば、ないところもあります。
      道に迷わない方法として、迷いそうになったら、同じ登山客の人に聞いちゃうという手段があります。
      あとは、誰かの後を、こっそりついていくとか^^
      準備に関しては、ソウルで登山をする場合、実はほとんど準備するものはないかなと思っています。
      私は、リュックサックの中に、
      飲み物(途中で喉が渇いた時)
      お菓子(ちょっと小腹が空いた時)
      を入れるぐらいですね。
      あとは、滑りにくい靴を履いて、レッツゴーです!
      どうしても不安な場合は、一緒に行きましょう^^

      • Ky より:

        ケンさん
        お返事ありがとうございます!
        紅葉の時期で人も多いと思うので、人に聞きながら、またYouTubeを参考にしながら登ってみようと思います。
        準備するものも教えていただきありがとうございました(๑ᴖ◡ᴖ๑)

  3. たく より:

    ユーチューブみましたよ。
    ソクチョのソラクサンの向かいの、ケーブルカーがあるところの上は、同じような岩山でしたね。
    自分は登りましたが、面白みに欠けるのか、一緒に行った人は登りませんでしたね。
    韓国の山は、このような岩山が多いのが、日本とは違うところですね。

    • ケン より:

      たくさん

      YouTubeご覧になって頂いてありがとうございます!
      確かに岩山が多いのが、韓国の登山の特徴ですよね。
      登山の楽しみ方はいろいろありますが、
      個人的には、頂上に登った時、目の前に広がる絶景を味わうのが一番の楽しみです^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ