黄梅山(ファンメサン)の景色は美しい!しかし・・・


こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

先日、韓国の三連休を利用して慶尚南道の황매산(ファンメサン、黄梅山)という山を登って来ました。

黄梅山は、小さな金剛山とも言われている1,108mの山で、春に行くと、ピンク色のつつじが咲き誇る、素晴らしい景色が広がっています。

しかし、その一方で、なかなか大変なところも・・・

今回は、黄梅山に登った時の体験談をお伝えしていきます。

黄梅山のコースは険しいぞ~

山の麓までは、車で行きますが、そこには既に大勢の車と人達で賑わっていました。

さすが、登山好きの韓国の方々^ ^

韓国の山の特徴は、岩山が多いということです。

黄梅山も例外ではありません。

だから、最後は、かなり険しい山道を上がっていくことになります。

普通の人達が登るには、どう考えても、危ないんじゃないという道が結構あります。

今回、小1の娘も同行しましたが、険しい道を恐れも知らずに、果敢に登っていく娘は、周りの人達から、応援されたり、手を貸してもらったりしながら、ちょっとした山のスターになっていました^ ^

やっと、山頂に到着した後も、そこにあった険しい岩にも、娘は果敢に登って行こうとするので、山を制覇した喜びもどこへやら、ハラハラドキドキの連続でした^^;

黄梅山でアイスキャンディを楽しむ!

実は、娘ががんばっていたのは、大きな理由があります。それは・・・

山道の途中で売っていたアイスキャンディです。

価格は、1本1500ウォン(約130円)

まあ許せる範囲かな^^

帰り道、アイスキャンディを食べ終わった娘が、急激にモチベーションを失ったのは、言うまでもありません。

いろいろな人達におんぶされながら、山を下っていくのでありました。

そして、帰りの車では熟睡

(お決まりのパターンではありますが^^;)

黄梅山は、結構、ハードな山でしたが、美しい自然にも包まれ、とてもリフレッシュできた登山体験でした。





次の記事: »

前の記事:«

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ