最近、我が家の家族がハマっているドラマが、SBSドラマ「못난이주의보(おバカちゃん注意報)」です^^

alert201310

【あらすじ】
主人公のコン・ジュンスの少年時代からストーリーは始まります。

ジュンスの父は、二人の子供を持つお金持ちの女性と再婚しますが、二人の子供(弟のヒョンソクと妹のジンジュ)は、ジュンスと父を家族とは認めてくれません。

父は、再婚した妻との間に、ナリという名前の一女をもうけますが、その後、多額の借金を残して他界。妻も心臓麻痺でこの世を去ってしまいます。

お金持ちだった家族は、一気に貧乏となり、弟と妹、そして生れたばかりの幼子のナリを養っていくことになったジュンスは子供であるにも関わらず、必死になって働き続けます。

やがて子供達は、青年になっていきますが、ある日、高校生になった弟のヒョンソクが同級生と殴り合い、ジュンスが駆けつけると、既に相手が死んでいることに気が付きます。

ヒョンソクをかばうため、殺人の罪を自分になすりつけたジュンスは、その後、10年間、服役することに。

その頃、ヒョンソクは検事となり、ジンジュは美容院で働き、ナリは芸能人を目指してがんばっています。

ジュンスは、ナ・ドヒという大企業の会長の孫娘と偶然出会い、ドヒのアパレルのお店で働くことになりますが、やがてドヒとお互い惹かれあうようになりますが、ヒョンソクもドヒに想いを寄せていることを知り、ジュンスは、ドヒと一線を引くように・・・

家族を守りたい一心で、自分を犠牲にしながら、必死に生きていくジュンス。

果たして、ジュンスに、そしてジュンスの家族に幸せは訪れるのでしょうか。


【見どころ】
様々な不幸を乗り越え、家族のために、必死にがんばるジュンスの一途な気持ちが、とても熱く、応援したくなってきます。

「ジュンスに幸せになって欲しいなあ。でもジュンスのことだから、自分の幸せを犠牲にして、家族のために自分は不幸な道を選んじゃうんだろうなあ」と少しハラハラしながら、見ております^^

ちなみにドラマのテーマソングが日本の昭和ドラマみたいに、すごく熱いです!

合わせて読みたい記事