今回は、韓国ドラマ自体というよりも、有名な脚本家であるイム・ソンハンという人について書いていきます。

韓国は、とにかくドラマがたくさん放送されています。

その中で一体どのドラマが面白いのか、判断するのは難しいのですが、私は、取り敢えず、普段は仕事と家事で忙しい妻がハマッているドラマが良いドラマかな~と思っています。

つい先日、最終回を迎えたのですが、妻やドラマ好きの小6の息子は、압구정 백야(アックジョン白夜)というドラマにハマっていました。

アックジョン白夜で注目されるイム・ソンハン

実は、このドラマで注目されているのは、作品や出演者ではなく、イム・ソンハンという脚本家の方です。

イム・ソンハンは韓国で視聴率女王と呼ばれている人なのですが、この作品を最後に引退をすると言っているので、かなり話題になっているそうです。

(追記:このドラマは、日本では、白夜姫という名前で放送されて、イム・ソンハンの姫シリーズの最終章ということで話題になっていたみたいですね。)

イム・ソンハンのドラマが他の韓国ドラマと違うところ

ちなみにイム・ソンハンさんは、オーロラ姫というドラマの脚本も書いています。

韓国ドラマ史上最悪!?オーロラ姫

実際、アックジョン白夜を見ていると、オーロラ姫に出ている役者さんが、たーくさん出てきました

ここら辺が人脈社会の韓国らいしいですね。

オーロラ姫では、ホモで男性を愛していた男性と、同じ男性を愛してホモ男性と恋敵になる女性がいたのですが、アックジョン白夜では、夫婦役という不思議な展開もあったりします^^;

あと、オーロラ姫では、登場人物が次々と消えて行ったのですが・・・

私が、アックジョン白夜の登場人物をHPで見ていると、既に降板をしていて、ドラマの後半では出てこない人がたくさんいたので妻に聞くと、

「あっ、その人達みんな病気や事故で死んじゃったから」

とあっさりした返事・・・

イム・ソンハンのドラマは展開が読めない

妻に言わせると、普通の韓国ドラマは、大体展開が読めるそうなのです。

実際、妻とドラマを見ていると、「次は、こうなってああなって、実は、この人はあの人の子供で、最後はこうなるんじゃない」と妻が話して、大体そのような展開になっていきます。

しかし、イム・ソンハンさんのドラマは展開が読めないとのこと。

アックジョン白夜でも、最後の方で、超ビックリするような展開があって、普段は、ドラマを見ない私も思わず引き込まれてしまいました^^;

ということで、アックジョン白夜は韓国で話題性のあるドラマというお話でした!

ちょとどうでもいい話

あと、これは私が前々から気になっていたことで・・・

オーロラ姫でもアックジョン白夜でもペク・オクダム(백옥담)という女優さんが出て来るのですが、その人が出て来ると、私は、いつもお笑い芸人の”いとうあさこ”さんを思い出してしまいます。

こんなこと考えているのは、私だけですかねえ~(・_・)

合わせて読みたい記事