韓国の桜と花見文化は日本とこんなに違う!見頃の時期は?

スポンサードリンク

韓国にも桜はあるのですが、ソウルに移住してから数年間、あまり本格的に花見をしたことはありませんでした。

ただ、今年はこそはと思い、今週の初めに花見をしてきたのですが、かなり日本の花見文化と違ったので少しレポートさせて頂きます。

ちなみにソウルの桜の名所と言えば、汝矣島(ヨイド)や景福宮(キョンボックン)が有名なのですが・・・

今回、私が行った場所は、恩平区にある地下鉄6号線の鷹岩駅(ウンアム駅)を出た川沿いにある桜並木です。

韓国の桜の見頃の時期

2017年にソウルで桜が満開になった時期は4月上旬でした。

私が花見に行った日は4月9日だったのですが、ソウルの場合、桜の見頃の時期は、日本とほとんど変わりません。

日本の花見にあって韓国の花見にないもの

恩平区の桜の名所と呼ばれる川岸に行ってみると、目の前は、桜の木がズラッと並び、それを楽しむ人達がたくさん集まっていました。

そして、川沿いには出店が並んでいるのが見えます。

お~、どんな食べ物や飲み物を売っているのかなあ~と、ちょっとワクワクしながら近づいてみると・・・

アレッ・・・!?

  • 占いコーナー
  • フェイスペインティングコーナー
  • 子供の体験コーナー

日本の花見文化でよく見られる飲食物のお店がまったくありません

そして極めつけはコレ

飲酒ストレス・アルコール無料検診&相談

何だか訳が分からなくなってきました。。。

ちなみに、この日は、川の中にステージを設けて、イベントをやっていたのですが、その周りで飲食をしている人達は、まったくいませんでした

韓国では日本の花見のように桜の木の下で飲み食いをする文化はないことはある程度、知っていました。

しかし、改めてこうやって確認してみると、やっぱり不思議に感じます^^;

スポンサード リンク

桜の種類も結構違う?

さらに、韓国の桜の一本一本の木をよく見てみると、桜の種類も日本とは大分違うことが分かります。

韓国の桜の木は、すごく細いです。

日本の桜のように樹齢が短いのか、それとも桜の種類が根本的に違うのはよく分かりませんが、韓国の桜はとにかくスマートです。

桜はやっぱり美しい

ただ、国は違えど、桜に共通していること。

それは、桜の美しさだと思います。

視線を下に下げると、木の太さや人々の桜の楽しみ方が韓国と日本でかなり違います。

でも、視線を上に上げれば、そこには韓国でも日本でも変わらない美しい桜の光景が広がります。

また、住んでいる所は韓国でも桜の花を見ていると、懐かしい日本に想いを馳せることが出来る、それが私自身にとっての桜の魅力かなって感じています^^


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

3 Responses to “韓国の桜と花見文化は日本とこんなに違う!見頃の時期は?”

  1. cda より:

    何か韓国の花見文化の方がいい気がします。酒と弁当で優雅にするのは良いのですが、BBQで煙モクモクカラオケで騒音公害とゴミのポイ捨てが多いのが嫌です。

    • ケン より:

      cdaさん

      コメントありがとうございます。
      確かにそれは一理あるかもしれませんね。
      私も日本で花見をしていた時、下を見ると、お酒を飲み過ぎて醜態をさらしている人が時々いらっしゃるので、出来るだけ上を向いて花だけを見ていたことを思い出しました^^;

  2. 桜子 より:

    >BBQで煙モクモクカラオケで騒音公害とゴミのポイ捨てが多いのが嫌です。

    BBQなんてやる人いるんですか。これは日本文化ではない。
    多分朝鮮民族の人でしょう。日本人の美意識とは違う。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

このページの先頭へ