こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国でチュソク(秋夕)の時は、田舎に帰る人も多いですが、その一方でソウルはどうなっているのでしょうか?

実際、チュソクの時に、ソウルへ旅行に来られる方は、お店がどれくらい休んでいるか気になるところだと思います。

私自身も、最近は日本でチュソクを過ごす時が多いのですが、その時期のソウルのお店の様子についてお伝えしていきます。

チュソクでお店は4割休み!?

チュソクの時期はソウルのお店はどうなるのでしょうか?

夜に街を歩いてみると・・・

感覚としては、4割ぐらいが閉まって、6割ぐらいは営業をしているという感じです。

(写真だと暗く写るので、閉まっているお店が多く見える感じになってしまってすみませんm(__)m)

特に、個人経営のお店(食堂や小売店)は、ほとんど閉まっているという感じでした。

チュソクでも休みでないお店とは!?

その一方で、マクドナルドやスターバックス、ホームプラスなど、チェーン店系のお店はほとんど営業しています

また、化粧品を扱っているお店は、ほとんど営業していました。

妻の話では、チュソクはお土産に化粧品を購入する人も多いので、どのお店も営業しているのだとか。

チュソクのソウルの街並みは?

ちなみに、我が家の近くにあるヨンシンネの街は、普段、夜遅くまで、明かりが煌々とついているところです。

この日はメインの通りは、まだそれなりに明るかったのですが、メインの通りを一歩離れて、個人商店が多い路地に入ると、結構、暗かったです。

観光地になると、もっと営業しているお店は増えるのかもしれませんが、観光地ではない普通のソウルの街はこんな感じです。

旧暦の8月15日を切り抜ければ・・・

ただ、チュソクでお店がお休みになるのは、旧暦の8月15日、すなわち、チュソクの当日に集中しています

ですので、その日を何とか乗り切れば、営業を再開するお店も増えて来ます。

こんな感じでチュソクの時は、少し不便も感じるかと思いますが、すべてのお店が完全に閉まる訳ではないので、うまく回りながら韓国旅行を楽しんで下さいね!

>>秋夕(チュソク)に韓国旅行しても楽しめる?

合わせて読みたい記事